キャンプ用のマットは寝心地が大事!ぐっすり眠れるおすすめ商品10選&空気入れ2選

キャンプでの寝心地はマットで決まるといっても過言ではありません。外で行うキャンプは地面が固かったり季節に応じて温度調整が必要だったりと、当たり前ではありますが、普段の生活とは全く異なる環境です。そのような状況では、マットを持っているといないとでは、快適さが違ってきます。家族の人数や寝心地、値段なども見て、合う商品を選んでくださいね。

マットのタイプにもいろいろある!用途によって選んでみよう

キャンプ中の寝心地は子供たちの機嫌が左右するため、できるだけ快適に過ごしたいところ。夏の暑い時期は寝苦しいですが、マットがないと体が痛くなってしまうため、通気性がよくクッション性のあるものを選ぶ必要があります。また冷え込む秋・冬時期のキャンプでは暖かく過ごせるようなクッションを選ぶ必要がありますよね。

キャンプに便利なマットは種類も機能も豊富で、大まかに3種類に分かれています。マットではありませんが、キャンプに便利な「コット」についても合わせてご紹介します。

  • クローズドセルマット
  • エアマット
  • インフレーターマット

クローズセルマットとは、空気を含んだ折り畳み式やロール式のマットのこと。荷物の多いキャンプにありがたい、軽量という点がポイントです。女性も取り扱いやすいサイズのものが多く販売されており、値段も比較的お手頃です。

エアマットは、チューブ状になっている口から空気を注入し膨らませて使用するマットです。空気の注入にはポンプがあると便利です。空気を抜いた状態だと、かなりコンパクトに収納することができるため、持ち歩きしやすい点が特徴です。保温性や寝心地など見て、用途に合わせて選べるでしょう。

インフレーターマットは、バルブを開けると空気の吸引が始まり、ある程度まで自動で膨らんでくれるマットのことです。エアマットとは違い最初から最後まで空気を入れなくてもよいため、空気の注入作業に費やす時間が圧倒的に短くなります。また、内部素材にウレタンが使われていることが多く、適度な弾力性があり厚みもしっかりしています。

そのほか、マットではありませんがマット選びに迷ったり、持ち運ぶときの便利さを優先させたりしたい方にぴったりなベッドタイプの商品が「コット」。脚がついており、床から少し浮いた状態で使用するのが特徴です。コットの下を風が抜けていくため通気性がよく、椅子の代わりや荷物を置く際にも便利です。

ファミリーで使えるマットから寝心地抜群の商品まで!おすすめ8選+コット2選

キャンプ

マットやコットがあるだけで、キャンプの利便性や快適性がぐんと向上します。機能やカラーも充実した商品が多く、組み立てや片付けも簡単。キャンプだけでなく、車中泊などにも使えるため、車内に収納しておくと便利ですよ。テント内でゴロゴロと転がってくつろぎたい!という方におすすめのマットやコットを筆者のおすすめ順に紹介しています。

10位.ピジョンピークス「インフレーターマットダブル4cm」

インフレーターマットダブル4cm

9位.DABADA(ダバダ)「エアピロー付きキャンピングマット」

エアピロー付きキャンピングマット

8位.Bears Rock(ベアーズロック)「シングルサイズエアーマット」

シングルサイズエアーマット

7位.Coleman(コールマン)「コンフォートエアーマットレス/W」

コンフォートエアーマットレス/W

6位.CAMPING BUDDY(キャンピングバディー)「ワンタッチ式エアマット」

ワンタッチ式エアマット

5位.Coleman(コールマン)「フォールディングテントマット」

フォールディングテントマット

4位.THERM-A-REST(サーマレスト)「Zライト ソル スモール 」

Zライト ソル スモール

3位.Bears Rock(ベアーズロック)「キャンプマット 3cm シングルサイズ」

キャンプマット 3cm シングルサイズ

2位.FIELDOOR(フィールドア)「折り畳みコット」

折りたたみコット

1位.DOD(ディーオーディー)「ワイドキャンピングベッド」

ワイドキャンピングベッド

エアマットタイプは空気入れも必要!おすすめ2選

キャンプ

浮き輪ならパパやママが息を吹き込んで膨らませられるかもしれませんが、エアマットなど大きいものほど空気を入れるのは大変です。

そんなときにフットポンプや電動エアーポンプがあると、キャンプやアウトドアの準備が格段に時間短縮できます。大きめのアイテムを購入したら、ぜひ一緒にそろえておきたいですね。

2位.Splend(スプレンド)「空気入れ・抜き両対応 電動エアーポンプ」

空気入れ・抜き両対応 電動エアーポンプ

1位.KingCamp(キングキャンプ)「足踏みポンプ 3L」

足踏みポンプ 3L

キャンプ用マットで快適な寝心地を!

テント

旅館やホテルとは違い便利なサービスや備品もなく、持参品のみで過ごすキャンプ生活。たくさん遊んでぐっすり眠りたいからこそ、しっかりとした下準備や便利なグッズがアウトドアを楽しむ上でのキーポイントになりそうですね。

毎年キャンプに行くという方も、今年から始めてみようかと悩んでいるキャンプ初心者さんも、マットを敷いてしっかり疲れを取って、たくさん楽しめるとよいですね。

楽天で「キャンプ用マット」をもっと見る!

おすすめ記事

「キャンプ」「マット」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧