カボチャTシャツ、お化けロンパースなど、通販で買える「ベビーハロウィン衣装」を紹介

もうすぐハロウィンがやってきますね。10月になり肌寒さもぐっと増すなか、コツコツと準備をしてハロウィンパーティーの用意をしたり、ほかのママたちと協力して盛り上げたりと頑張っているママもいるかもしれませんね。年に一度のハロウィン、子供にかわいい衣装を着させてみませんか?今回は、ハロウィンにおすすめのベビー衣装を紹介します。兄弟やお友だちとみんなでそろえれば、ハッピーなハロウィンが過ごせるかもしれませんよ。

ハロウィンとは?

もうすぐハロウィン!本来は秋の収穫を祝い悪霊などを追い出すための、古代ケルト人の慰霊祭を起源とする行事ですが、近年は日本でもイベントやパレードなどを行うなど、各地でさまざまな催しが開催されるようになりました。

子供たちが仮装して「トリック・オア・トリート!(お菓子をくれなきゃいたずらするよ!)」と言い合う姿は、とてもかわいらしいですよね。毎年この季節になると、ハロウィン用の衣装を着て出かけたり、写真を撮ったりしているママもいるのではないでしょうか?

まだ着せたことがないママも、今年のハロウィンこそは、子供にかわいい衣装を着させたいと考えている方もいるかもしれませんね。

出典元:
  • 八木佳奈「赤ちゃん・子供のお祝いごとがわかる本」149(朝日新聞出版,2015)

ハロウィンにおすすめベビー衣装10選!

ハロウィンの衣装と言えばジャック・オー・ランタンやゴーストなど、ハロウィンにちなんだものを想像する方も多いかもしれませんが、キャラクターものやオリジナリティあるコスチュームなども多数販売されています。

オーソドックスなものから今風なハロウィンコスチュームまで、ランキング形式で紹介します!

10位.「デビルパンプキンロンパース」

デビルパンプキンロンパース

9位.「パンプキンロンパース」

パンプキンロンパース

8位.「おばけポンチョロンパース」

おばけポンチョロンパース

7位.「魔女なりきりドレスセット」

魔女なりきりドレスセット

ウィッチドレスと帽子がセットになったコスチュームです。サイズは3種類で、小学生くらいの子供が着られるサイズになっています。110cmから140cmまで展開があり、姉妹でおそろいの魔女になりきることもできそう。

ひらひらのドレスとパニエを合わせれば、さらにボリュームも出て見た目の印象がアップ!オレンジを基調としたAカラーと、レッド×グリーンの妖しげBカラーの2種類あるので、雰囲気や好みに合わせて選びたいですね。

6位.「魔女なりきりクロークセット」

魔女なりきりクロークセット

5位.「かぼちゃプルオーバー」

かぼちゃプルオーバー

4位.「時計うさぎコスチューム」

時計うさぎコスチューム

トップス、しっぽ付きショートパンツ、ウサギの耳カチューシャがセットになった時計ウサギのコスチュームセット。トップスのシャツとベストは一体化されており、うしろをファスナーとボタンで留めるようになっています。

カチューシャはワイヤー入りなので耳を折って使うことができ、ショートパンツについている丸いしっぽもキュート。女の子だけでなく男の子も着られるので、家族や友だち、兄弟でアリスの世界になりきってみたいですね。

3位.「アナと雪の女王 オラフコスチューム』

アナと雪の女王 オラフコスチューム

2位.ハチさんと一緒に「くまのプーさんコスチュームセット」

くまのプーさんコスチュームセット

1位.「ミニオンコスチュームセット」

ミニオンコスチュームセット

さあ、パーティーの始まりだ!

ハロウィン

1年に1度のお祭りに色めき立ち、限定グッズや限定フードもたくさん発売される10月。土日やハロウィン当日のパレードやパーティーに参加したり、家を飾り付けて友だちを呼びホームパーティーをしたり、楽しく過ごしたいですね。

もちろん、パーティーやパレードなど特別なことをしなくてもOK。家でコスチュームを着させてお菓子を食べるだけでも「今日は何かいつもと違うぞ」と子供も感じてくれるかもしれません。せっかくのハロウィン、仮装して気分を盛り上げてみませんか?

家にあるもので簡単!ハロウィンを楽しむおひるねアートの作り方

関連記事:

家にあるもので簡単!ハロウィンを楽しむおひるねアートの作り方

秋の収穫を祝い、悪霊を追い払うためのイベントといわれているハロウィン。…

プレミアム記事

おすすめ記事

「ハロウィン」「ベビー」「衣装」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

  • 八木佳奈「赤ちゃん・子供のお祝いごとがわかる本」149(朝日新聞出版,2015)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧