PR:花王株式会社

「マザーズセレクション大賞」受賞!カサつき肌や敏感肌にはキュレルのフェイスクリーム

産後は自分のために使える時間がなかなか確保できないもの。特にお風呂のあとは、赤ちゃんのお世話を優先させて、自分の肌ケアをなおざりにしがち。その結果、気づいたらお肌がカサカサ…なんてことも。そんなときには、いつものお手入れのあとにキュレルをプラス!敏感になりがちなママの肌に潤いを与える、「マザーズセレクション大賞」受賞のフェイスクリームをご紹介します。

自分時間がとれない産後のスキンケア…みんなどうしてる?

出産後のママは、赤ちゃん中心の生活になりがち。

冬の乾燥も手伝って、ママは自分のお手入れがついつい後回しになってしまっていませんか?

産後、化粧水と乳液つけるのに手一杯で何にもスキンケアできてません(^^;
簡単でいい感じのスキンケア用品、オススメ教えてください(^^)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
化粧水だけじゃだめですよね?
美容液、クリームなど使った方がいいものを最低限で教えてください!
パパっと出来るものがいいです(^^;
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

肌荒れ

産後のお風呂上がりは特にドタバタ。赤ちゃんの保湿や着替えを優先して、自分のお手入れは後回しになってしまいますよね。

赤ちゃん中心の生活を送るうちに、気づけばお肌がカサカサ…というママは多いようです。

忙しいママにおすすめ!キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム

医薬部外品 肌荒れを防ぐ(消炎剤配合)

敏感になりがちなママの肌。本格的な冬の乾燥対策をするには、やっぱり先輩ママの声を参考にしたいもの。

カサカサお肌のおたすけアイテムとして、ママにおすすめの保湿クリームが「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム」なんです!

「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム」ってどんなもの?

2018年「マザーズセレクション大賞」受賞

「マザーズセレクション大賞」とは、子育て中のママたちが「他のママたちにも勧めたい!」と投票したモノ・コトの中から選出するもの。

2018年は、のべ20,108通もの投票がありました。

その「マザーズセレクション大賞」を、キュレルの潤浸保湿フェイスケアシリーズが2018年初めて受賞。

乾燥性敏感肌のことを考えてつくられているからこそ、産後ママのお手入れに一役買ってくれそうですね。

肌しっとりの秘密は「セラミドケア*」にあり!

乾燥性敏感肌は、肌の必須成分「セラミド」が不足しがち。

セラミドが不足すると、外部刺激から肌を守るバリア機能が低下して、肌荒れ・カサつき等を繰り返しやすくなってしまいます。

「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム」は、うるおい成分(セラミド機能成分**、ユーカリエキス)が角層の深部までじっくり浸透。

肌のバリア機能の働きを助ける「セラミドケア*」で、肌荒れしにくい、ふっくらと吸いつくような肌を保ちます。

*:セラミドの働きを補い、潤いを与えるケア
**:ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド

「セラミド」は肌を守る大切な成分

敏感肌を考えたキュレルのこだわり

赤ちゃん ママ ふれあう

「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム」は、乾燥性敏感肌のことをとことん考えてつくられています。

弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリー。敏感肌でお悩みのママにもおすすめです。

産後すぐは赤ちゃんと肌がふれあう機会が多いものですが、使用後でも赤ちゃんとふれあえますね。

みずみずしく伸びがいいテクスチャ

「乾燥性敏感肌」に…と聞くと、こっくり・こってりした使い心地を想像しがちですよね。

こちらの写真でもわかるように、「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム」はぷるぷるのみずみずしいテクスチャ。

ふわっと軽く、やさしい使い心地ながらも、ママのお肌をしっかり保湿します。

「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム」で冬の乾燥対策を

乾燥性敏感肌のことを考えた「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム」。

産後、ママは自分の肌ケアにかけられる時間が限られていますが、化粧水・乳液のあとにプラスするくらいなら手軽に取り入れられそう!

本格的な冬の乾燥シーズンを迎えた今、「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム」を試してみませんか?

まずはお近くのドラッグストアなどに足を運んでみてくださいね。

「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム」を試してみる!