GU「2019年の春アイテム」を一足早くお届け! おしゃれで快適なママコーデを楽しもう

2018年も、家事に育児にお疲れさまでした。ママはファッションを楽しめたでしょうか?毎日が忙しすぎて、はやりを意識したコーデなんて考えられない!と感じていた方もいるかもしれません。GUでは先日、2019年に販売予定の春夏アイテムが公開されました。今回は、その中から春コーデについて紹介します。2019年のGUは、ママにとってとてもうれしいファッションアイテムばかりがそろいますよ。

2019年のGUテーマは「イージー」

2019年のGU春夏アイテムでは、「イージー」がシーズンテーマに。トレンドをおさえて今っぽさをキープしつつも、着やすい、動きやすいイージーウエアを意識したアイテムが多数販売されます。

毎年、服には流行がありますが、それに合わせた服選びは難しいと感じることがありませんか?はやりに乗ってみたはいいものの、着にくい、動きにくいといった面も。

とくに子育てをしているママは、流行を意識した服選びと無縁になりがち。つい着やすい、動きやすい、安いといったポイントを重視したアイテムを選んじゃいますよね。

GUはそんな女性のために、気軽に、簡単に、心地よくおしゃれを楽しめるアイテムを作成。もちろんおさえるべきトレンドも意識しており、着やすいのに安くておしゃれ。2019年はそんなファッションを楽しめる年になりそうです。

注目カラーはエクリュ、セージグリーン、サンディトーン

©ママリ

2019年のGUが提案するトレンドカラーはエクリュ、セージグリーン、サンディトーン。

生成り色を意味する「エクリュ」やモスグレーに近いグリーンの「セージグリーン」、そしてサンディブラウンといった優しいブラウンを意識した「サンディトーン」は2019年の春アイテムにぜひ取り入れたいカラーです。

どのカラーも春らしい優しい色味が特徴的ですね。

レギンスとダッドスニーカーの組み合わせがGOOD

©ママリ

今年流行したレギンス。GUのレギンスは常に品薄状態といった状況が続くほど大人気でした。2019年の春も引き続きレギンスを取り入れたコーデが人気の予想。

パパが履くようなゴツめスニーカーをイメージした「ダッドスニーカー」とレギンスとの組み合わせは、2019年の春のトレンドをしっかりつかめているファッションに。しかも動きやすさ抜群です。

春のアウターにはスポーティさを取り入れるのが旬

©ママリ

2019年の春のアウターは、スポーティなものをチョイスするのがおすすめ。少し派手かな?と感じる色合いでも、エクリュやサンディトーンとの相性は◎。

アウターにセージグリーンを意識したカラーを持ってくるようにすると、よりトレンド感が出ておすすめです。

オーバーオールもおしゃれさがUP!足元もアクティブに

©ママリ

スポーティ要素が入る2019年春夏コーデ、さらにおすすめなのがオーバーオール。GUで販売されるオーバーオールはとってもおしゃれですよね。

2019年のGUは、デニムをトレンドのストリートスタイルとMIXさせたファッションを提案。体型を意識せずに着られるシルエットのものや、時代感を表現するメッセージロゴ、そして足もとは街を闊歩(かっぽ)しやすいスニーカー。

どこかレトロな雰囲気がある、ワークウエアの要素をプラスしたイージーなデニムスタイル、ぜひ挑戦してみてくださいね。

シューズや小物は、差し色アイテムとして選ぶのがおすすめ

©ママリ

GUのよさは、服だけでなく小物も充実しているところ。ダッドスニーカーもカラフルな色合いのものが新発売されます。

サコッシュは他のカラーであればすでに販売中です。1,490円(税抜)ととっても安価なので、服やその日の気分に合わせて楽しめるように複数のカラーをそろえてもよいですね。

ファッショングラスもGUなら種類が豊富。デザインや色を変えるだけで、コーデ全体の雰囲気も変わります。ぜひお店でいろいろなデザインを試してみてください。

2019年はGUでおしゃれママコーデを楽しもう!

©ママリ

2019年の春ママコーデは、気軽に着られて、動きやすくて、体型もカバーできる。着たい服がトレンドそのものなんて、ママとしてはとってもうれしい情報なのではないでしょうか。

子育てや家事に大忙しの毎日で、おしゃれな洋服なんて着ていられないと感じている方も、2019年はぜひGUのお店に足を運んでみてください。

きっと着たい服が、流行をおさえたファッションになっていますよ。GUのアイテムは一部店舗のみで扱っているものもあります。オンラインストアもうまく活用してくださいね。

GUオンラインストア

今話題の記事

「GU」「春コーデ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧