子連れディズニー攻略法!完全版

大人にとっても子供にとっても夢の国であるディズニーランド!親子でもっと楽にディズニーを楽しむために知っておきたい情報をご紹介します!ベビーカーレンタル、おむつ交換台、授乳室。ミルクをいれるためのお湯を提供してくれる施設もあるんですよ。知っていれば何倍もディズニーを楽しめる!?子連れディズニーを完全攻略します。

子連れディズニー完全攻略!ママがやるべきことと知っておくべき情報

お子さんと行くディズニーランド!たくさんの思い出ができる反面、歩いたり並んだりと小さなお子さんと一緒だとより体力をつかいますよね。

そこでお子さんやママへの負担を減らすための情報や注意点をまとめました!

更にディズニーにはママ思いのサービスがたくさんあります!知らないと損する施設やサービスの情報も徹底的に調べました。

お子さんとのディズニーを思い切り楽しむために、絶対にチェックしてください!

事前準備編

ママが最初にやることは日程を決めることと、パスポートを手配すること!この2点にも押さえておくべきポイントがあります。

  1. 混雑日は避ける
  2. 天候をチェック
  3. eチケットでパスポート購入(3歳以下は入園無料)

①ディズニーの混雑日

混雑すると何をするにも並ぶ時間が長くなるので避けたいですね。

ディズニーが特に混雑するのは晴天の土曜日と連休の中日ですが、土曜や連休中日に雨が降ると、日曜や連休最終日は大混雑となります。

また、季節のイベントの初日と最終日は天候に関係なく混雑します。うっかり初日や最終日にスケジュールを組まないように事前に確認をしましょう。

最も空いているのは、季節イベントのない火曜~木曜です。

月曜日や金曜日は連休になるよう有給を取った社会人や、代休の学生などで混雑する傾向があります!

②天候による影響

普通のイベントの場合、雨が降る日を避ける!が鉄則ですが、ディズニーランドに限っては雨の日を狙うという傾向もあります。雨の日は晴天の日に比べてかなり空いているからです。

特に、午前中が雨で午後から回復するという日は、お客さんが少ない上に午後からは思い切り楽しめます。

お子さんがいる場合は、傘やカッパに手間がかかることと、長蛇の列に並ぶことを天秤にかけて天候と相談するのが良いでしょう。

ただし、雨の日はパレードが中止になるケースがあります!!のでご注意を※

雨の日のディズニー 楽しみ方と気を付けたいこと☆

関連記事:

雨の日のディズニー 楽しみ方と気を付けたいこと☆

藤本美貴さんが少し前に息子さんと雨の日にディズニーランドを訪れましたよ…

③eチケットでパスポート購入

パスポートはeチケットで事前に購入することをおすすめします!

入場制限を避けられることと、パスポート購入のための長蛇の列に並ばなくて済みますよ。

ディズニーの公式サイトで、事前にネットでチケットを購入できますので、ぜひ活用してください!

eチケットの詳細と購入

施設サービス編

いざというときに知っておきたいママに嬉しい施設サービスです!これもしっかりと押さえておきましょう!

①ベビーセンター

赤ちゃんのお世話が一通りできるベビーセンターは要チェック!絶対に場所を把握していおいてください!子連れママさんに嬉しいサービスがいっぱいです。

  • オムツ交換(オムツの販売あり)
  • 授乳
  • お湯の提供
  • 粉ミルク、離乳食の販売
  • ベビーカー用のレインカバーの販売

【場所】
ランド:ワールドバザール内
シー:メディテレーニアンハーバー内

②ベビーカー

ランド、シー共にエントランスでベビーカーの貸出をしています。

料金:1,000円(1人乗用/1日)

③オムツ替え

おむつ

ベビーセンター以外にも、全ての女性用トイレと一部男性用トイレにもオムツ交換台が設置されています。

④救護室

子供の怪我や突然の体調不良にも対応できるように、ナース常駐の救護室があります。応急処置に対応している他、近隣病院の紹介もしてくれます。

【場所】
ランド、シー共に4つのエリアに各々設置されています。キャストに声をかければ速やかに誘導してくれます。

⑤迷子センター

名前シールは入場の際にもらえます!その他、迷子センターでも貰うことが出来ます。

また、小学生以下のお子さんが迷子の際も迷子センターに問い合わせてください。各施設やアトラクションと連携をとって、お子さんと引き合わせてくれます。

【場所】
ランド:ワールドバザール内
シー:メディテレーニアンハーバー内

⑥コインロッカー

子供の荷物にお土産にと、子連れディズニーは何かと荷物が増えてしまいますのでコインロッカーは必須です。

ランドもシーもエントランス付近に一番多くのコインロッカーがあります。

ディズニーランド お子さまづれの方に便利な情報・サービス

アトラクション・パレード編

混雑時は何時間も並ばなくてはいけないアトラクション。子連れディズニーには一番のネックかも知れません。

「行ったはいいけど3つしか乗れなかった~」とならないように、対策を練りましょう!

①制限や休止をチェックしてリスト作成

ディズニーのアトラクションが全て動いているとは限りませんので、事前にメンテナンスに入っているアトラクションがないかをチェックしておきます。

また、年齢制限や身長制限も確認し、乗りたいアトラクションのリストを作成しておくと当日スムーズに動けます。

アトラクション休止情報

赤ちゃん連れでも一緒に楽しめる!ディズニーランドの口コミで人気のおすすめアトラクション5選

関連記事:

赤ちゃん連れでも一緒に楽しめる!ディズニーランドの口コミで人気のおすすめ…

子どもから大人まで老若男女に大人気の東京ディズニーランドですが、アトラ…

赤ちゃん連れでも一緒に楽しめる!ディズニーシーで人気のおすすめアトラクションをエリア別に紹介

関連記事:

赤ちゃん連れでも一緒に楽しめる!ディズニーシーで人気のおすすめアトラクシ…

テーマパークに赤ちゃんを連れで行くのは難しいと思っていませんか?実は、…

②ファストパス

ファストパスをいかに活用できるかが当日の明暗を分けます。

ファストパスはアトラクションの予約のようなもので、予め発券しておけば時間を指定されますので、指定時間に行けばほとんど並ばずにアトラクションに乗ることができます。

一度に複数のアトラクションを発券することはできないので、指定時間までは他のアトラクションに並んで乗ったり、食事をしたりと上手に時間を活用しましょう。

ファストパスに対応していないアトラクションもあるので事前に確認を忘れずに!当日もモバイルサイトで発券状況のチェックをこまめに行いましょう。

混雑日はファストパスの発券も早い段階で終了することがあるので、空いた時間に発券状況を確認することが非常に大切です。

ファストパス詳細

③パレードの時間を確認

特に小さい子供はパレードを非常に喜びますので、外さないようにスケジュールを組んであげましょう!

パレードやショーは時間が決まっているので、こちらを中心にタイムスケジュールを組むことをおすすめします。

また、食事をしながらのショーは事前予約が必要な場合が多いので、予め予約を入れておきましょう。

ディズニー パレード&ショー詳細

お役立ちグッズ編

子供がいると何かと荷物が増えてしまいます。できる限り荷物を減らすために取捨選択すると思いますが、下記の4点は持っていくと重宝します。

どちらかというと「持っていかない!」に分類されてしまいそうなものばかりなので、ぜひともその活躍ぶりをご紹介したいと思います。

①ガイドブック

パークに地図があるので…と、敢えてガイドブックを買わない人も多いと思いますが、あるのと無いのとでは大きな差が出ます。

ガイドブックには攻略法などが記載してありますし、「子連れ」専用に出版されているものはアドバイスがとても参考になります。

また、一冊に欲しい情報が全てがまとまっているので、逆にコンパクトです!

ディズニーガイドブック購入リンク

②レジャーシート

パレードを観る場合は絶対に必要です。特に小さいお子さんがいる場合は前方でないとよく観えないので、スタート前から場所取りをする必要があります。

お子さんを座らせるのはもちろんですが、例えば、パパに一人で場所取りをお願いした場合などレジャーシートで面積を確保しておかないと後々割り込みをしたような肩身の狭い思いをすることになってしまいます。

また、子供が疲れてしまったり、混雑していると綺麗な場所に腰を下ろせなかったりしますので、そんなときにもレジャーシートは大活躍!

③冬場はブランケット

冬場はブランケットを持参しましょう!パレードの場所取りの際などは、レジャーシートを敷いても地面からの冷えは相当のものです。

パークで買えばいいや!と思っている方も多いと思いますが、お値段が張ってしまいます…。

元々ブランケットを購入予定という人以外は、節約のためにも持参をおすすめします!

④ゲームやおもちゃ

ディズニーランドに遊びに行くのだからおもちゃはいらない!もナンセンスです。子供は飽きます!飽きてぐずります!

アトラクションに並ぶ時も、パレードを待つ間も、疲れた時も、子供の気を紛らわすアイテムは必須です。ぐずって手がつけられなくなると周りのお客さんにも迷惑をかけてしまいますので、お気に入りのゲームやおもちゃも持っていきましょう。

また、ちょっとしたおやつを持って行くのも◎!

オフィシャルホテル以外のディズニーリゾート近辺の宿泊情報

子連れでディズニーを訪れる際は宿泊していくケースも多いと思います。ディズニーリゾート内のオフィシャルホテルに泊まるのは1つの夢ですが、何と言っても宿泊費が高い…。

家族分のチケットに、交通費に、食事代にと子連れディズニーは出費も多く、宿泊費は抑えたいと考えているママは多いのではないでしょうか?

そこで舞浜駅からアクセスがよく、お値段もリーズナブルなおすすめの宿泊施設を厳選して3つご紹介します!

1.ホテルシーサイド江戸川

舞浜駅のお隣、葛西臨海公園駅にありとても便利。洋室に加えて、小さい赤ちゃんのいる家族には嬉しい和室もあります。

各部屋のバス・トイレが完備していますが、大浴場も利用できます。

宿泊費は朝食がついても大人1名8,000円~、4歳から未就学までは3,800円、小学生は6,700円とコスパが素晴らしい!

周りを緑に囲まれているので、ゆったりと落ち着いた時間を過ごすことができるのも魅力的。

基本情報

  • 住所:〒134-0086 東京都江戸川区臨海町6-2-2
  • 電話:03-3804-1180(代表)/0120-92-1489 (宿泊予約専用)
  • ディズニーからのアクセス:舞浜駅(JR京葉線)~葛西臨海公園駅 約3分
  • 駐車場:あり(無料)

ホテルシーサイド江戸川 HP

2.ホテルサンパティオ

ディズニーランドのある舞浜駅から電車で約15分。部屋のタイプが様々あるので、お子さんの年齢や家族構成によって選べます。

デラックスツインの洋和室は1室しかないので早めの予約を!最大4名まで泊まれて一室25,580円!家族で宿泊すればかなりリーズナブルに泊まれます。洋室も一人あたり6,000~円宿泊できます。

無料の朝食サービスも嬉しいポイントです!

基本情報

  • 住所:〒134-0088  東京都江戸川区西葛西3-15-5
  • 電話:03-3877-3810
  • ディズニーからのアクセス①:舞浜駅(JR京葉線)~葛西臨海公園駅(都バス)~西葛西駅 約15分
  • ディズニーからのアクセス②:舞浜駅(東京ベイシティバス)~浦安駅(東京メトロ東西線)~西葛西駅 約15分
  • 駐車場:あり(要予約)1泊1,000円

ホテルサンパティオ HP

3.三井ガーデンホテル プラナ東京ベイ

こちらはディズニーオフィシャルホテルではありませんが、パートナーホテルということでパークから無料シャトルバスが出ているのでアクセスが非常に楽です。フロントでパークチケットも購入できます。

2015年7月に全館リニューアルしたばかりなのでとても綺麗です。

和室はありませんが、2~6名が宿泊できる客室があります。曜日にもよりますが、1室(6名利用可能)で36,000円程度とお得に泊まれるケースも。

食事はホテル内のレストランも利用可能。別途料金がかかりますが、ビュッフェスタイルなので食べ盛りのお子さんには嬉しいかも!?

基本情報

  • 住所:〒279-0014 千葉県浦安市明海6-2-1
  • 電話:047-382-3331
  • ディズニーからのアクセス:無料シャトルバス(予約不要)で約15分
  • 駐車場:あり1泊1,000円

三井ガーデンホテル プラナ東京ベイ HP

ディズニーリゾートホテルで赤ちゃんにも安心のホテル5選

関連記事:

ディズニーリゾートホテルで赤ちゃんにも安心のホテル5選

大人から子供まで大好きなディズニーリゾート。旅行を計画する上で、ホテル…

子連れディズニーは事前準備で憂いなく!

子連れでディズニーリゾートを楽しむためには何と言っても事前準備がものを言います!

お子さんを待たせながらパーク内で右往左往することを避けるために、パークの地図やファストパスの利用方法を事前に頭に入れておきましょう。

また、せっかく準備したのに当日の天候や体調で台無しならないように天候の把握と体調管理もしっかりとしておきたいですね。

大人も子供も楽しめる夢の国で、お子さんとたくさんの思い出を作ってくださいね。

「子連れ」「ディズニー」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!