監修:小山寿美江 先生

【医療監修】ブライダルチェックとは?男性も受けることが可能?検査内容や費用

ブライダルチェックをご存知ですか?健康診断では子宮頸がん検査や乳がん検査といった婦人科健診を受けたことがある人もいるでしょう。ブライダルチェックと聞くと結婚前に受けるものと思うかもしれませんが、妊娠や出産を見据えて受けておくとよい検査です。またあまり知られていないかもしれませんが、実はブライダルチェックは男性も受けることが可能です。この記事では、ブライダルチェックの検査項目や費用について詳しくご説明します。

PIXTA

ブライダルチェックとは?

ブライダルチェックとは、婦人科系疾患の有無をあらかじめチェックするために行うもので、結婚する前の女性だけでなく、妊娠、出産を控えた全ての女性を対象とした検査です。

婦人科系疾患は自覚症状が出にくく初期の段階で気づかないこともあるため、できるだけ早期発見、早期治療につなげるための目的もあります。

「ブライダルチェック」という言葉から、結婚式前に行う検査と思われやすいですが、年齢や結婚の有無に関係なく検査を受けることが可能です。

出典元:

ブライダルチェックの検査項目

検査項目 PIXTA

ブライダルチェックは基本検査とオプション検査があります。基本検査では、まず問診で生理周期や生理の状態、アレルギーの有無についての確認、感染症や病気にかかったことがあればどのような状況であったかを詳しく聞かれることがあります。

その後、血液検査や婦人科検査など詳しく検査を行います。基本検査には含まれませんが、オプションでホルモン値の検査やHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染検査を行うことも可能です。

ブライダルチェックの検査内容は医療機関によって異なるため、病院で行う検査すべてを受ける必要があるのか、自分が受けたい検査が含まれているのかなど、気になることは事前に問い合わせてみるとよいでしょう。

血液検査

血液検査を行うことで感染症や風しん抗体の有無から不妊に関わることまでさまざまなことを調べることができます。ブライダルチェックの血液検査で確認できるのは主に以下の項目です。

  • 貧血
  • 感染症(B型肝炎、C型肝炎、梅毒、HIV、クラミジア)
  • 風しん抗体、麻しん抗体
  • ムンプス(おたふくかぜ)抗体
  • ホルモン検査(女性ホルモン、卵巣刺激ホルモン、黄体形成ホルモンなど)

ホルモン検査は黄体期(排卵してから生理までの期間)や月経期に受ける必要があるため、受ける際は医師の指示が出たら検査の日程調整をします。

また、風しんや肝炎ウイルスなどに感染した状態で妊娠すると母子感染する可能性があるため、ブライダルチェックの結果次第では早めにワクチンの接種や治療が必要となります。

血液検査は、基本検査で受けられる項目とオプション検査となるものがあり、実施内容は医療機関によってさまざまです。同じ血液検査でも、基本検査に含まれるのかオプションなのかによって費用が異なるため、事前に検査内容の確認をしておくとよいでしょう。

経膣超音波検査

超音波 PIXTA

ブライダルチェックの超音波検査は経膣超音波法で行います。プロープと呼ばれる機器を膣内に挿入して、モニター越しに子宮や卵巣に異常があるかないかを確認する検査です。

子宮筋腫や子宮腺筋症、卵巣嚢腫など妊娠に影響を及ぼす可能性がある疾患を見つけることができます。

子宮頸がん検査

子宮頸がん検査は、内診した際に検査専用のプラスチック製ブラシで子宮頸部を軽くこすって細胞を採取します。採取した細胞を顕微鏡で観察して、異常な細胞の有無を確認する検査です。

個人差があるものの、検査時の痛みはほとんどありません。

出典元:

ブライダルチェックにかかる費用

医療費 PIXTA

ブライダルチェックは病気が疑われての検査ではないため、すべて自費となります。医療機関によって検査項目が異なるためかかる費用もそれぞれですが、女性男性ともに基本検査は約20,000円~35,000円の間です。さらにオプションをつけると追加料金がかかります。

費用で気になることがあった場合は、あらかじめ医療機関に確認しておくと安心です。

出典元:

ブライダルチェックは男性も受けることができる?

男性 通院 PIXTA

ブライダルチェックは男性も受けることができます。女性よりも検査項目が少なく時間も短くてすみます。

基本検査では、尿検査や男性ホルモンや精子を作るためのホルモン値を調べるための血液検査、精液検査を行います。また、女性の検査内容と同様オプションで検査を受けることも可能です。精液検査はブライダルチェックを受ける場所によって基本検査に含まれることや、オプション検査となる場合があります。

検査費用は医療機関によって異なりますが、35,000円程度かかるのが一般的です。詳細は医療機関に直接問い合わせてみるとよいでしょう。

入籍のタイミングで一緒にブライダルチェック

私は20代前半で同棲中に、婚約していたので避妊せずにしていましたが1年出来ず
入籍前にブライダルチェックへ二人で行きました。
私は元々旦那さんが原因だろうなっと思っていたので連れていきました。
そして、旦那さんに重度の男性不妊が見つかり、顕微授精しか道がなくて
私は23歳、旦那さんは21歳の時に入籍して不妊治療始めました👀
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

男性一人でブライダルチェックに行くことに抵抗を感じる人はいるでしょう。入籍のタイミングで夫婦一緒に受けてもみるのもよいですね。

出典元:

ブライダルチェックを受けてみては?

病院 PIXTA

ブライダルチェックは、結婚前に限らず妊娠を希望している人も受けることができる検査です。

基本検査は問診をはじめ血液検査や超音波検査を行います。医療機関によって異なりますが、オプションでより多くの検査を受けることも可能です。

ブライダルチェックは病気を特定するための検査ではないため、検査費用はすべて自費となりますが、検査で異常が発見されたときは早めに治療を開始することができるというメリットも。

メンズブライダルチェックを行っている医療機関もあるため、夫婦で受診してみてもよいかもしれませんね。

※この記事の情報は2019年3月4日現在のものとなります。最新の情報は医療機関へ受診の上、医師の診断に従ってください。

記事の監修

六本木レディースクリニック院長

小山寿美江 先生

おすすめ記事

「ブライダルチェック」「男性」「女性」 についてもっと詳しく知る

話題の記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧