GUアイテムで春を楽しもう! 通勤にも使えるカジュアル&キレイめママコーデを紹介

2018年末に開催された、GUの展示会。今回は2019年春夏コーデがテーマでした。2019年のGUは、昨年人気だったカラーや素材はそのままに機能面をプラス。さらに明るいカラーも取り入れ、より快適におしゃれを楽しめるアイテムへ進化しています。今回は春のママコーデを中心に、2月下旬頃から順次販売される予定の通勤や赤ちゃんとのお出かけにも使えるアイテムを紹介します。

今年の春は、おしゃれなのにお手入れが簡単!コーデ

GUでは、2018年春夏シーズンにトレンドだった「ナチュラル」が、2019年にはさらにバージョンアップして登場。リネンやコットンといった天然素材の感触はそのままに、お手入れのしやすさをプラス。

合成繊維の機能を兼ね備え、洗濯のしやすさや汚れに強いといった機能面を意識しました。今回は、その中でもママコーデにおすすめのアイテムを紹介します。

今年の春から復職されるママや、赤ちゃんとのお出かけをする機会が増えるママに、ぜひ参考にしていただきたいアイテムが勢ぞろいですよ。

トレンドカラーはベージュに加えて、イエローやオレンジもプラス!

ⓒママリ

2018年のトレンドだったナチュラルカラー。ベージュやカーキは今年も流行の兆しを見せています。今年はさらに、春夏はイエローやオレンジといったパッションカラーもトレンドカラーに。

リネンアイテムやロングスカートといったものが人気と予測され、GUでは3月上旬から続々と新作アイテムが登場しますよ。春になり気温が暖かくなると、スカートを積極的に取り入れたくなるところ。すぐにコーデが決まりやすいワンピースは、ママコーデに一着は手に入れておきたいですよね。

写真左のオレンジ色ワンピースは、トップとスカートが違う素材を使用。今年の流行をしっかりキャッチしたアイテムで、こなれ感がプラスされておすすめです。

ワーママアイテムにもリネン素材やロングスカートをプラス

ⓒGU

仕事をしているママは、見た目のきれいさを重視しつつ、着やすさにも追及したいところ。毎日同じような着こなしになりがちな通勤服にも、トレンド感をプラス。

カラーはベージュやホワイトの他に、サックスやピンクを取り入れ、よりおしゃれで素敵なママを演出します。上に羽織るだけで一気に仕事モードへシフトするシアーサッカージャケットは3,990円(税別)とお値段もお手頃。

他にもフレアスリーブブラウスやワイドクロップドパンツといったアイテムも順次販売予定です。

フロントボタンスカートは昨年に引き続き、今年も人気の傾向。トップスとスカートを白で統一させると、きれいさがアップしそう。

フレアスカートはミディアムタイプだけでなくロングタイプも新発売の予定。今年マストアイテムとなりそうなティアードアイテムも続々と登場します。

ゆるっとしたデザインで体型カバーも◎

ⓒママリ

2019年、GUがお届けするアイテムは、全体的なシルエットがゆるっとしたものが中心に。おしゃれなのに着やすく、体型もカバーできる、さらにお手入れも簡単、というのが今年のトレンドへ。

まさにママコーデにぴったりのアイテムばかりが勢ぞろいの予定。同じボトムスでも、トップスインにするかどうかで雰囲気を変えられるのが今年流行アイテムのよいところ。

一着で何通りもの着こなしができれば、毎日何を着ていこうかと迷う心配もなくて安心ですね。

カジュアルバッグもフォーマルバッグもGUでゲット

ⓒママリ

ⓒママリ

バッグのデザインや種類が豊富で、プチプラでゲットできるのもGUならではのよいポイント。2019年はスクエアトートバッグや、ショルダーバッグが続々と登場しますよ。

スケルトンバッグは、中身が見えないサブバッグ付き。お手持ちのサブバッグと入れ替えてもいいし、見せたいアイテムはサブバッグの外に入れてもOK。使い方が無限に広がるアイテムです。

今年の春ママコーデはGUでそろえよう

ⓒGU

GUの春コーデは2月下旬から4月にかけて順次販売の予定です。人気のアイテムはすぐに売り切れてしまう可能性があるので、気になったものは早めにチェックしておきましょう。

春は子供の入園や入学、ママの復職といったいろいろなイベントが重なる時期。忙しい毎日でも、着る服にはこだわっていきたいところですよね。

GUであれば、流行を意識したアイテムがプチプラでゲットできちゃいます。ぜひ一度お店に足を運んでみてくださいね。またオンラインストアでは、一部店舗でしかお取り扱いがないアイテムも購入可能です。こちらもチェックしましょう。

GU公式オンラインストア

おすすめ記事

「GU」「ママコーデ」「2019」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧