子供もお片づけ上手になれる! 見た目もかわいくおしゃれな「収納めじるしシール」

お片付けは子供だけでなく、ママにとっても難しいものの一つなのではないでしょうか。特に細かいものの収納や整理整頓は悩みどころ。しかも、家族みんなが分かりやすく…ともなると難しいですね。今回は、株式会社Y-style(ワイスタイル)から発売されている整理整頓にぴったりなシールを紹介します。かわいいシールを活用し、収納のイライラから卒業できますよ。家族みんなが笑顔でいられるような家づくりの役に立つかもしれません。

画像:prtimes.jp

シールを活用して分かりやすい収納を目指しましょう

普段、家の中の整理整頓はできていますか?自分なりにはしっかりできていると思っていても、家族にとってどこに何がしまってあるか分からない…なんてことはないでしょうか。

家族みんなが分かりやすい収納や、子供のお手伝いもうながせるキッチンづくりを目指すなら、株式会社Y-style(ワイスタイル)から発売される『キッチンが綺麗に片づく食器めじるしシール』を活用してみてはいかがでしょう。

かわいいイラストの目印シールを、引き出しの中と外へ貼り付けるだけで収納場所が一目瞭然。家族みんなが片づけに協力してくれるかもしれませんよ。

『キッチンが綺麗に片づく食器めじるしシール』ってどんなもの?

画像:prtimes.jp

誰が見ても収納場所がすぐにわかる"かぞく収納"のめじるしシール。『キッチンが綺麗に片づく食器めじるしシール』では、小さな子供でも分かりやすいかわいい絵柄に。

引き出しの外には大き目シール、引き出しの中には小さ目シールなど使用方法によって使い分けができる大小のシールがそろっています。

また、収納場所を変えても貼ってはがしてが簡単。透明な素材なので、どんな食器棚にもなじみます。

キッチンが綺麗に片づく食器めじるしシール(整理収納ステッカー、片付けラベル)

「めじるしシール」他シリーズを紹介

画像:prtimes.jp

『キッチンが綺麗に片づく食器めじるしシール』は第4弾。この他、3種類もの目印シールが発売されています。

発売元の株式会社Y-style(ワイスタイル)のコンセプト、「家族が幸せになる収納 -Kazoku Shuno- 」を目指し、家族みんなが分かりやすい収納にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

『小さい子どもが自分で探せる洋服めじるしシール』

小さい子どもが自分で探せる洋服めじるしシール(整理収納ステッカー、片づけラベル)

朝のしたくや洗濯したものをお片付けするときに役に立つ洋服めじるしシール。子供の成長とともに、自分の身の回りのことは自分でできるよう練習するためにも役に立ちそうです。

ママ自身、どこにしまったか忘れがちな手袋など季節物も、このシールで置き場所をしっかり決めれば心配ないですね。

『片づけが簡単にできる文房具めじるしシール』

片づけが簡単にできる文房具めじるしシール(整理収納ステッカー、片付けラベル)

細かくてごちゃごちゃしがちな文房具。大小のシールがそろっているので、引き出しの中も小さなシールでしっかり置き場所を決めればすっきりして文房具の行方不明も防げます。

子供部屋やリビング、書斎だけでなく、パパやママの職場で使ってもよいですね。また、入園や入学のお祝いにしても喜ばれそうです。

『家族の書類がみるみる片づくファイルめじるしシール』

家族の書類がみるみる片づくファイルめじるしシール(整理収納ステッカー、片づけラベル)

何かと増えがちな紙モノ。園や学校からのお知らせはもちろんのこと、町内会のお知らせや病院、仕事関係などきちんと整理しておかないとママ自身も必要なものがすぐに見つからないこともあります。

『家族の書類がみるみる片づくファイルめじるしシール』をファイルの背表紙にはって整理すれば、種類別に分けられて見つけるのも楽々。

ありがちな15種類のラベルの他、自分で書き込めるフリーラベルもあるので便利です。デザインもおしゃれなのでインテリアにも映えそうですね。

家族が笑顔になる収納を目指しませんか?

画像:prtimes.jp

「ママ、○○どこ?」そんな言葉を聞くたびに家事の手を止めなければならない、忙しいママの役に立つこのめじるしシール。整理整頓が得意なママにはもちろん、苦手なママも家族みんなが物の場所を理解しやすくできますよ。まさに、「家族が幸せになる収納」になるのではないでしょうか。

かわいい絵柄で子供たちの興味をひくこと間違いなし。ぜひ子供と一緒にシールを貼って楽しみながら、収納してみてくださいね。

おすすめ記事

「収納」「めじるしシール」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧