2019年のGW(ゴールデンウィーク)は10連休!役所や銀行、病院へ行きたいときはどうしたらよい?

2019年のゴールデンウィークは10連休になることを皆さんはご存じですか。うれしい大型連休ですが、休みとなる行政窓口や銀行、病院の利用したいとき、どうしたらよいか悩んでしまいますよね。特に病院は、いつ病気やけがをするか分からない子供を持つ家庭にとっては重要な問題です。この記事では、ゴールデンウィーク期間中の役所や銀行、病院を利用したいときどうしたらよいのか、説明します。

PIXTA

2019年のGW(ゴールデンウィーク)はなぜ10連休?

今年、2019年のゴールデンウィークは4月27日、28日が通常の土曜日と日曜日で、翌日の29日が昭和の日(祝日)です。また今年は「天皇即位の日及び、即位礼正殿の儀が行われる日を休日とする」という法律が制定されました。そのため、即位の日である2019年5月1日と即位礼正殿の儀がある2019年10月22日が休日となりました。また、祝日法に基づき5月1日前後の2019年4月30日と5月2日も休日です。

それにより、4月27日と28日が通常の土日、29日が昭和の日、30日が祝日法に基づき休み、5月1日が天皇即位の日、5月2日が祝日法に基づき、5月3日は憲法記念日、4日はみどりの日、5日はこどもの日、6日は5日の振替休日で、今年2019年のゴールデンウィーク期間は4月27日から5月6日までの10連休となります。

出典元:

GW(ゴールデンウィーク)期間に役所や銀行、病院は空いている?

では、ゴールデンウィークの期間中役所や銀行、病院が空いているのか説明していきます。休日でも利用できる、便利なサービスを行っている場所ありますよ。

GW(ゴールデンウィーク)期間の役所について

役所 PIXTA

役所の窓口はゴールデンウィーク期間も休日と同じく、やっていません。一部の役所では婚姻届、出生届など戸籍に関する書類の受理を受け付けている場所もありますが、届け出の内容によりますのでご注意ください。基本的には、届け出を受け取った後担当者が確認し、書類を受け取った日にさかのぼって受理されます。例えば婚姻届の場合の婚姻日は、書類に不備がなければ提出日ということになります。不備がある場合には、役所から連絡があるため、必ずつがりやすい電話番号を記載しましょう。

休日の窓口でも提出には、本人確認や印鑑が必要な書類も一部あるため、必ず持って行きましょう。休日に届け出を提出できる時間等は、各自治体で異なります。ご自身の住んでいる役所情報を調べたうえで行くようにしましょう。書類によっては休日に申請できないものもあります。こちらもチェックしておきましょう。

また住民票や戸籍の証明が欲しい場合、休日でも受け付けている役所もありますが、マイナンバーカードなどを利用すればコンビニのコピー機で住民票の写しや、戸籍謄本を受け取ることができます。役所に行けないという方は、ゴールデンウィークの前にコンビニで取得できるように、事前の手続きをしておくことをおすすめします。

出典元:

GW(ゴールデンウィーク)期間の銀行やATMについて

銀行 amana images

ゴールデンウィーク中は、銀行の窓口が基本的に閉鎖されます。しかし、休日営業店舗を構えている銀行であれば土日であれば窓口が開いている場合があります。そのため、いつも使っている銀行が対象であるかの確認しておくとよいでしょう。また、ゴールデンウィーク中に資産運用や、ローンの相談会を行う支店もあるため、お金の相談をしたいという場合はせっかくの休日を利用し、訪ねてみるのもよいかもしれません。

ATMは稼働している銀行もありますが、手数料等は休日扱いのところがほとんどです。また、ゴールデンウィーク期間中にメンテナンスを行う銀行もあります。そのため、お金をおろす必要がある場合は、ゴールデンウィーク前までに用意することをおすすめします。また、インターネットバンキングについてもメンテナンスを行う銀行もあります。振り込みが必要な場合はこちらも要チェックです。

メンテナンス期間は銀行によって異なりますが、三井住友銀行では毎週日曜日21時から翌日の月曜日7時までサービスを利用することができません。新生銀行では毎月第二日曜日と最終日曜日の3時から4時の1時間、ATMを利用することができません。またみずほ銀行は、今のところゴールデンウィーク期間のメンテナンス情報は出ていません。

出典元:

GW(ゴールデンウィーク)期間の病院について

病院 PIXTA

ゴールデンウィーク期間中、病院は基本的に休みとなるところが多いでしょう。しかし、特別に営業している病院もあるため、かかりつけの病院がある場合は確認しておくとよいでしょう。地域によっては、休日当番医を設けている場所もあり、市町村のホームページや広報で確認できます。悩んだときは電話で相談してもよいかもしれません。

緊急の場合は、総合病院などで夜間救急を受け付けている場所もあります。万が一の時に備え、住んでいる地域で夜間救急を行っている場所を探しておくとよいでしょう。また、旅行先で万が一のことがあったときに備えて、保険証等は常に持ち歩きましょう。もし、子供の診察に悩んだときは、子ども医療電話相談事業(#8000)を利用するとよいでしょう。医師や看護師が適切なアドバイスをしてくれ、かつ必要な時は病院の案内もしてくれるため、急な病気のときに適切な判断をすることができます。

出典元:

不安なことは事前に確認して楽しいゴールデンウィークを過ごそう

ゴールデンウィーク PIXTA

休日であっても、利用することができる行政機関や、銀行、病院があることが分かりました。特に病院はいつ熱を出してしまったり、けがをしてしまったりと予想がつかない子供も持つ親にとってはとても助かりますね。お出かけ中は、万が一のことがないよう、保険証等は常備しておくとよいでしょう。

しかし、何かあってからでは遅いため、ゴールデンウィークに入る前に手続きなどを終えておくとよいかもしれませんね。いつも利用している病院や銀行の休日営業情報を事前に確認しておくと、いざというときに慌てずに済むでしょう。

おすすめ記事

「ゴールデンウィーク」「10連休」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧