幼稚園で必須!手作りにおすすめの、着替え袋の簡単な作り方とポイントを解説

元気な子供ほど服は汚すもの!ママの見えない幼稚園生活の中で大活躍する着替え袋は子供たちにとってとても身近なものなんです。入園したての頃はたくさん着替えてくるのでお気に入りの着替え袋を用意してあげたいですよね。どんなものを用意すればいいのかな?そんなママにオススメの着替え袋の作り方をご紹介します☆

画像:boncopain.exblog.jp

子供は遊びが仕事!

可愛い子供たちのお仕事は思い切り遊ぶこと!園生活において園庭で遊んで汚すことはもちろんですが、慣れない内はおもらししちゃう子も少なくありません。

着替え袋ってママからは見えませんが幼稚園では大活躍なんですよ!

どんなものを用意すればいいの?

ほとんどの園ではサイズを指定されます。中には形や色も指定されるところもありますね。

基本的な形は2種類ですが、ある程度自由な幼稚園ではお子さんの好きな柄やキャラクターで作るとより一層愛着がわきますよ!

①リュクサック

画像:www.hoppelfin.com

お迎えでもバスでもママの下に辿り着くまでは荷物は子供が運ばなければいけません。そんな時に運びやすいのがリュックサック!両手が空くのでいいですね。

②巾着

持ち手が付いているとフックにかけられるので便利ですね。自分で出し入れしやすいように巾着にしているのも人気です。

簡単!!着替え袋の作り方

画像:nunotoiro.web.fc2.com

今回は持ち手が付いたリュックサックの作り方をご紹介します。

巾着型がいいというママは紐のところで調整してくださいね。

材料(出来上がりサイズ縦37cm×横30cm)

  • 表布:縦73cm×横33cm
  • 裏布:縦73cm×横33cm
  • 袋口用の布:縦7cm×横31cm 2枚
  • タブ用の布:縦4cm×横10cm 1枚
  • カラーテープ:28cm
  • ひも:150cm×2本

手順

1.布を裁断します
※向きのある布を使用など、布を継ぎ合わせて使用する場合は絵の様にサイズを合わせてください

※※紹介用の布は継ぎ合わせたものを使用しています

【タブ作成】
※巾着型にする場合は省きます

2-1.バイアステープのように布を両側から折り4本ステッチを入れ、半分に切ったものを更に半分に折ります。
(一気に2本分作成)

2-2.表布の中心(リュックの底位置)から2cm上に、縫い代1cmで縫い付けます。
※向きを間違えないようにしてください

こうなります。【タブ完成】

【袋口】
3-1.両脇1.5cmを折り返し2本ステッチをいれ、半分に折ってアイロンをかけます。

こうなります。
これをもう1つ作ってください。

3-2.表布の中心に配置して縫い代1cmで縫います。
(もう1枚も同様)

3-3.片側にだけ28cmにカットしたカラーテープを縫い代1cmで表地に縫いつけます。
※柄、ポケット等、前後がある場合は後ろ側に縫い付けてください

【袋口完成】

【縫い合わせ】
4-1.表布と裏布を中表に重ねて1.5cmの位置で縫います。

4-2.縫い代を裏布側に倒してアイロンをかけます。
(表布が見えるように折る感じ)

こんなイメージで表布が見えるようにアイロンをあててください。

4-3.縫い目をきっちりと合わせ返し口を開けて縫い代1.5cmで脇を縫います。
※返し口は裏布に作ってください

4-4.縫い代を割って本体側に倒しアイロンをかけます。

4-5.返し口から布を引き出して表に返し、アイロンで形を整えます。

4-6.布をはしごのように左右にすくって縫いとめるラダーステッチで返し口を縫います。

【縫い合わせ完成】

【仕上げ】

5.紐をタブに通して結びます。(反対も同様に)
※巾着型は適度な長さにして端を結ぶだけです

【仕上げ完成】

NUNOTOIRO

素敵にハンドメイド

いかがでしたか?幼稚園ではよく使われる着替え袋、子供にとっては毎日使うかもしれない身近なものの1つです。

大事にしてくれる子供の笑顔はママの達成感に繋がりますね!

「幼稚園」「着替え袋」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!