監修:齋木啓子 先生

ステップ2:指さしを始めたらチャンス「知りたい気持ち」が伸びる関わり方

ママの「ごはんだよ」という言葉に反応してテーブルにつく。「バイバイは?」と言われると手を振る。こんなことができるようになった赤ちゃんは、だんだんと言葉の意味を理解し始めているといえます。また、興味のあるものを指さして何か言いたそうにするなど、赤ちゃんの言葉への興味関心が深まっている時期でしょう。この記事では、言葉を理解する時期ならではの関わり方のコツをお伝えします。

プレミアム記事

PIXTA

ものごとの名前を知り、言葉を理解する楽しさが育つ時期

まだ言葉を発しなくても、ママが話す言葉を理解して行動したり、欲しいものを指さして意思を伝えようとしたりする時期。日々さまざまな言葉を認識できるようになり、赤ちゃんの頭の中にはどんどん言葉がたまっていきます。

この時期の赤ちゃんができることと、目標にしたいことを確認しておきましょう。

赤ちゃんが現在できること

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きは、アプリをダウンロードしてママリプレミアム(月額400円)に登録するとお読みいただけます。
アプリをダウンロードする
プレミアム記事が今なら7日間無料

記事の監修

みんなのクリニック 大井町

齋木啓子 先生

おすすめ記事

「言葉」「発達」「指さし」 についてもっと詳しく知る

話題の記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧