幼稚園見学時の5つのポイントや見学したママの体験談も!!

幼稚園の入園を考えているけれど、どんなところをチェックしたらいいのかわからないママもいるはず。そんな時に見るべきポイントが分かっていると、短時間で効率よく見ることができます。また子供に合う合わないがよくわかるので、今回は具体的なチェックポイントや実際に見学したママの体験談も含めて紹介していきます。

幼稚園の見学を考えているけれど、見るべきポイントって?

幼稚園の見学を考えているけれど、具体的にどんなところを見たらいいのかよくわからないってママもきっといるなず。見学する時に大切なポイントさえわかっていればきっと大丈夫。

今回はそんなポイントやママの体験談を紹介していきますね。

幼稚園を見学した時に見るべきポイント

まずは基本ですが、ノートとペンを持っていきましょう。できれば一緒に見ることで相談することができるので夫婦で見ることがいいでしょう。

また子供も連れて行って実際の様子を見せてみて、反応を見てみるのもいいですよ。では連れて行ってからのポイントを紹介します。

①施設や遊具、トイレなどの設備を

まずに目がいく施設や設備に注目しましょう。遊具は錆びていないか、どんな種類があるかなど。また教室だけでなく、トイレの使いやすさなど衛生面がきっちりしているかに注目です。

②先生の様子をみてみましょう

園児が遊んでいるときの先生の様子や、ベテランの先生が多いのか、若い先生が多いのかなどを見てみましょう知り合いのママはベテランの先生が厳しい先生で大変だったらしいです。雰囲気をみることも大切です。

③通っている園児の様子を見ましょう

その園に通うことになるとクラスメートになるので、園児の様子も見ておきましょう。一人で遊んでいる子供やけんかはないか、のびのびしているかなど。子供が馴染める雰囲気があるかが大切なポイントです。

④お弁当か給食かどうかまた通園バスはあるか

お弁当か給食がどうかは直接ママの負担になってきますので、きちんと聞いておきましょう。給食は安全な食材を使っているかなど。また通園時のバスの有無やバスがこない場合があるのかどうかも聞いておくと安心です。

⑤園の教育方針は

例えば勉強に力を入れているのか、自然に触れさせることが多いのか、自由教育のところなど園によって様々です。なのできちんと家での教育方針を固めていくことが大切です。

無理して通わせるよりは、家の教育方針に近いところのほうがモチベーションも違います。なのできちんと見ておきましょう。

実際のママの体験談

それでは先輩ママたちの体験談をご紹介します☆

私のポイントは1環境・遊具の安全性、2室内の雰囲気(子供が楽しいと感じられるか、トイレはきれいで行きやすいか)、3園長と先生を信頼できるか、4しつけと遊びのバランス

とにかくどこの園が我が子に合うかの居心地を重視しました 出典: komachi.yomiuri.co.jp

こちらのママのように見るところをはっきり決めておくと、短い見学の時間でもきっちり見ることができますよね。また我が子の居心地はとても大切です。

その園と合わなくてノイローゼ気味になったりする子もいるので、よく見ておきましょう。

動物を、大切に扱っていない、病気の動物を置いているところはやめました(特にほ乳類で毛並みなど)トイレが、どのようになっているか(年中は和式だけだったりするところもありました)

あとは、人です。その時の園児のメンバーによりますが、どのような子でも入園オッケーだと暴力を振るう子もオッケー、乱暴な言葉を使う子もオッケーとなります。 出典: komachi.yomiuri.co.jp

幼稚園ではいろんなことを覚えてくるので、びっくりするような言葉も覚えてきたりします。あまり乱暴な言葉が飛び交っていると心配ですよね。その辺も気にしておくと安心です。

私もとても有名で評判の良い幼稚園に入れようと思っていましたが実際見に行ったらスパルタで有名な所で私の子供には合わないと感じました。

結局私は自分の子に合う所を見つけるまで6つも見に行きました。右脳教育などはしていない伸び伸びとした環境の所です。 出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

実際に見学すると思っていたのと違うことも。またいろんなところを見学することで家の教育方針もはっきりしてきます。のびのびとした環境のところが子供と合うことがわかったのが良かったですね。

見るべきポイントはわかりましたか?

今回はとても絞って最低限のポイントを紹介しました。そのほかにもいろいろ気になるところもきっとでてきます。園の見学は時間や手間がかかりますが、家の教育方針を見るいい機会でもあります。

ちょっとだけ足を伸ばしていろんな幼稚園をぜひ見学してみてくださいね。

「幼稚園」「見学」「ポイント」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!