「手づかみ食べレシピに、限界を感じます…」今日からまねできるレシピをくわしく紹介!

離乳食にある程度慣れてくると、赤ちゃんが作った離乳食を手で触ったり、遊んだりし始め、そろそろ手づかみ食べをさせてみたいという方もいると思います。しかし、手づかみ食べにぴったりなメニューがどんなものなのか、いまいち分からないという方もいるのではないでしょうか。今回は、インスタグラムで離乳食の献立や作り方をアップしている、mi_gohan_2525さんのレシピを紹介します。ぜひ作りたいものを見つけてみてください。

mi_gohan_2525

離乳食を初期からていねいに作っているmi_gohan_2525さん

mi_gohan_2525さんは、2018年5月生まれの男の子を育てているママ。インスタグラムに、お子さんの離乳食を毎日投稿しています。

レシピが分かりやすく記載されているため、とても参考になりますよ。毎日の献立もまねしたいと思えるばかりのもので、勉強になります。おすすめのベビーフード情報などもアップされているため、これから離乳食を始める方にもぜひ見てほしいものばかりです。

カミカミ期におすすめの手づかみ食べレシピを紹介

離乳食 PIXTA

mi_gohan_2525さんがインスタグラムにアップされている、カミカミ期にぴったりな離乳食メニューのレシピを紹介します。

手づかみで食べやすいように工夫されたメニューばかりなため、これから手づかみ食べをさせてみたいという方はぜひ参考にしてみてください。

カボチャとブロッコリーのおやき

©mi_gohan_2525

©mi_gohan_2525

①食材をボウルに入れてよく混ぜる ※1

©mi_gohan_2525

②食べやすい大きさにしました
スティック状のも作りました ※2

©mi_gohan_2525

③フライパンに油をうすくひいて余分な油はキッチンペーパーで拭く ※3

©mi_gohan_2525

④並べて焼く
焼けたらひっくり返して裏も焼いて出来上がりです♪ ※4

©mi_gohan_2525

甘いカボチャとブロッコリーの食感が楽しめそうな、カボチャとブロッコリーのおやきです。ブロッコリーが苦手な赤ちゃんでも食べやすそうなメニューですね。

すでに加熱したカボチャと、ゆでて刻んだブロッコリーを混ぜ合わせ、焼くだけでできる簡単メニュー。初めて手づかみ食べをさせたいと考える方でも挑戦しやすいのではないでしょうか。また、持ちやすいように、さまざまな形へと変えられるのもよいですね。

コメントには「最近離乳食を嫌がっていましたが、これなら食べてくれました」や、「子供が大好物です」といった、なかなか離乳食を食べてくれない赤ちゃんが喜んで食べてくれているという声がありました。

2.タラとニンジンのハンバーグ

©mi_gohan_2525

©mi_gohan_2525

©mi_gohan_2525

©mi_gohan_2525

©mi_gohan_2525

①食材を潰してよく混ぜ合わせました ※5

©mi_gohan_2525

②小判形にととのえました ※6

©mi_gohan_2525

③フライパンに薄く油をひいて
キッチンペーパーで余計な分は拭き取り
弱火で焼きました ※7

©mi_gohan_2525

④焼けたら裏にして両面焼けたら出来上がり ※8

木綿豆腐を活用したハンバーグです。mi_gohan_2525さんはタラを使い、あっさりと食べやすく工夫されていますね。タラ以外にも、タイなど月齢に合った白身魚を使用してもよいかもしれません。

mi_gohan_2525さんによると、お魚ハンバーグを軽くほぐしてスープの具材にしたり、和風だしを利用して餡を作り、餡かけハンバーグにアレンジしたりしてもよいとのことですよ。

冷凍もできるため、あらかじめたくさん作っておき、さまざまなアレンジメニューが作れるのは便利ですね。また、餡を濃いめの味付けにすれば大人もおいしく食べられそうなメニューです。

3.ひじきとニンジンの鶏肉ハンバーグ

©mi_gohan_2525

©mi_gohan_2525


○ひじきは水に戻した後細かくしました
○人参3センチくらい使いました3等分くらいに切って容器に入れて大さじ1の水ふりかけふんわりラップでレンジで2分加熱
粗熱をとりみじん切りしました
*
○木綿豆腐は水切りしておきました。
しなくても作れますが解凍した時に少し水がでてきます
時間ない時は水切りしないで作ってます♪ ※9

©mi_gohan_2525

©mi_gohan_2525

©mi_gohan_2525


ボウルに鶏ひき肉、木綿豆腐、人参、ひじきを入れて混ぜる
片栗粉も入れる * ※10

©mi_gohan_2525


よく混ぜたら食べやすい大きさにしました
小判形にしました
手に水をつけるとやりやすいです ※11

©mi_gohan_2525


薄く油をひいて余分な油はペーパーでふき取り
中火で焼き目がつくまで焼きました ※12

©mi_gohan_2525


ひっくり返して少量の水を入れ
蓋をして弱火で中まで火が通るまで蒸し焼きに。 ※13

©mi_gohan_2525


しっかり火が通ったら出来上がり♡ ※14

ひじきと鶏肉のうまみを味わえるハンバーグですね。なかなかひじきを食べてくれないと悩んでいる方や、ひじきをどう離乳食に使えばよいのか悩んでいる方にぴったりなメニューではないでしょうか。

mi_gohan_2525さんのよると、こちらのメニューもほぐして野菜スープの具材に使用したり、だし汁で餡を作り、餡かけハンバーグにアレンジしたりすることができるそうです。

こちらのメニューも赤ちゃんだけでなく、ひじきが苦手な大人でも挑戦しやすいメニューではないでしょうか。お好みのキノコを使用し、和風餡をかけ、赤ちゃんと一緒に同じものを食べながら、家族みんなで食卓を囲んでもよいかもしれませんんね。

4.ニンジン蒸しパン

©mi_gohan_2525

©mi_gohan_2525

①おやつこ、無調整豆乳、サラダ油を混ぜる ※15

©mi_gohan_2525

②人参すりおろし大さじ1を入れる混ぜる ※16

©mi_gohan_2525

③カップの8分目、9分目まで入れる
結構ギリギリまで入れた方がふっくらできました ※17

©mi_gohan_2525

④お鍋に水を張って沸騰させる ※18

©mi_gohan_2525

©mi_gohan_2525

⑤沸騰したら蒸し台に並べて蓋をして蒸す
水滴が落ちるとふっくらしないので
蓋には蒸し布をまく
蒸し布に引火しないように気をつける
蒸し器があれば蒸し器で蒸す
⑥強火で10分
もしくは強めの中火13分 ※19

©mi_gohan_2525


出来上がり ※20

©mi_gohan_2525

©mi_gohan_2525


おやつこ50g
無調整豆乳50g
すりおろし人参大さじ1
サラダ油小さじ1
*
弱火で15分蒸すとつるんとした蒸しパンが
出来ました
*
強火で蒸すか弱火で蒸すかで表面の感じは変わってくるし豆乳や牛乳の量で固さも変わってくるのでお好みでいろいろ試してみると面白いです♪ ※21

おやつにぴったりな蒸しパンですね。ニンジンをなかなか食べてくれない赤ちゃんに、ぜひ挑戦してもらいたい一品。mi_gohan_2525さんは、「おやつこ」というホットケーキミックスを使用されているそうです。

おやつこが手元にない場合は、添加物の少ないホットケーキミックスもしくは小麦粉とベーキングパウダーを利用するとよいとのこと。赤ちゃん用のホットケーキミックスも販売されているため、気になる方は探してみてくださいね。

サラダ油は固くならないように使用したため、入れなくてもよいとのことです。また、分量と調理法を変えると、蒸しパンの形や触感が変化することはとても面白いですね。赤ちゃんの好みで、ぜひアレンジしてみてください。

mi_gohan_2525さんの手づかみ食べメニューで離乳食を楽しもう

離乳食 amana images

mi_gohan_2525さんが作る手づかみ食べメニューは、材料を混ぜるだけで簡単に作れるものが多く、挑戦しやすいものばかりでしたね。また、どのメニューも冷凍保存が可能でだそうです。そのため、たくさん作っておき、お弁当などにも活用できそう。

mi_gohan_2525さんのメニューはもちろん、インスタグラムもチェックして、離乳食づくりを楽しんでくださいね。もちろん、調理が苦手という方は作れそうと思ったものから挑戦してみてください。

「手づかみ食べ」がマンネリ気味…。打破できる離乳食「1週間分」を教えてもらいました!

関連記事:

「手づかみ食べ」がマンネリ気味…。打破できる離乳食「1週間分」を教えてもら…

赤ちゃんが1歳になると、離乳食も後期から完了期へと移行するご家庭もあるの…

mi_gohan_2525さんのインスタグラム

おすすめ記事

「離乳食」「レシピ」「手づかみ食べ」 についてもっと詳しく知る

話題の記事

引用元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧