PR:キリンビバレッジ株式会社

お出かけ時は子供の荷物でパンパン…必要な物は減らさずサイズを変えるという新発想

自分の物だけを持てば良かった独身時代と違って、子供とのお出かけは大荷物になりがち。おむつに着替えに哺乳びん、おやつなど。そしてこれからの夏の時期にマストアイテムなのが飲み物。でも容量が多きすぎると持ち歩くのが大変、結局飲みきれないことも。持ち歩きやすい、コップ一杯分だけ飲みたい…そんなママにぴったりの「ちょうど良い」サイズ、見つけました!

お出かけ時は「あれもこれも」とママのバッグは大荷物

子供とのお出かけで、ママの悩みの一つにあげられるのは「荷物の多さ」ではないでしょうか。

持ち物を最低限にしようとしても、どれも必要なものなので外せないですよね。

これからの季節、水分補給として水筒やペットボトルの水は欠かせません。

でもそのせいで、バッグがさらに重く、かさばりませんか。

結局飲みきれず、お出かけ中ずーっとペットボトルがバッグの中に、なんてことも。

コップ 妊婦 女性 笑顔 PIXTA

お出かけの時だけでなく、お得感からつい大容量のものを買ってしまいがち。

とはいえ、飲みきれていますか?余ったペットボトルが冷蔵庫内を占領していませんか?

特に炭酸水は、つわり中の妊婦さん始め、ちょっと一息リフレッシュしたいときに飲むものとしてママたちからも人気です。

でも、実は一度にたくさんは飲めない、容量が多いと飲みきれず炭酸が抜けてしまう…という声も多いんです。

となると、こちらも「ちょうど良い」ものが求められている予感。

ママたちにぴったり!ちょうど良いサイズ

そんなママたちにおすすめしたいのが、コンパクトなサイズのお水「キリンのやわらか天然水」と炭酸水の「キリン ヨサソーダ」。

大容量のほうがお得!と思われがちですが、実はコンパクトのほうが…?

今回、このコンパクトさならではのメリットを探るべく、ママリ編集部が調査してみました。

コンパクトならではのメリットをママリ編集部が試してみました

ママリ編集部ママたちに、お水についてのお悩みを伺ってみると、一番多かったのがやっぱりお出かけ時でのお水問題でした。

そんなママたちにやわらか天然水を試してもらうことに。

お水が登場すると、一斉に「かわいいー!」とママたちから歓声があがりました。

デザインは全部で6種類。どのデザインも素敵で、どれにしようか迷ってしまうほど。

こういうかわいいラベルだと、気分もあがる!持ち歩きたい!とママたちは大喜び。

さやかさんは、姉妹それぞれのペットボトルの区別をつけるため片方のラベルを剥がして目印がわりにしているんだとか。

でもどちらのラベルを剥がすかでケンカになってしまうそう。

そんなときはラベルが違うと、それぞれの目印にもなってお出かけ時のプチトラブルも防げそう。

6種類のナチュラルデザインがかわいい!キリンのやわらか天然水

サイズが持ちやすく、ちょうど良い!

デザインの次にママたちが注目したのが、そのサイズ感。

スリムでコンパクトなサイズは、お出かけ時大荷物になってしまうママのバッグにもすっと収まるはず。

お子さんが4歳と1歳のママであるはるなさん。下のお子さんの飲み物はストローマグに移し替えているとのこと。

でも、微妙に余ってしまって結局ストローマグとペットボトルを持ち歩くことになるそう。

これくらいの量が欲しかった!と笑顔でした。

子供には500mlのペットボトルはまだ重い

500mlのペットボトルは長さも重さもあって、実は小さい子供にとって一人で飲むのは一苦労。

持つ手をママが支えてあげないと「ツルッとすべって落としてしまう」「飲み口からこぼれしてしまう」、そんな経験ありませんか?

このやわらか天然水は310ml。子供の手にもちょうど持ちやすいサイズと量なので、子供の「ツルッばっしゃーん」という事態も極力抑えられそう。

少なすぎず、多すぎず。

まさに「ちょうど良い」サイズのお水なんです。

子供に持たせるのに、500mlは重いと感じていたともこさん。

これなら子供のリュックにもちょうど良いサイズ!習い事にも安心して持たせられる、と大喜び。

大容量がお得なこともあるけれど、結局飲み残してしまうなら、飲みきれるサイズが一番コスパが良いのかもしれません。

#かわいくてうれしい を子供とのお出かけに持っていこう!

気になるそのお味…ママたちが「キリンのやわらか天然水」を飲んでみました

実際にお水を飲んでみたママたちからは「飲みやすい!」「おいしい!」との声が。

まろやかな口当たりでゴクゴク飲めると好評です。

体にやさしくしみわたるお水は群馬県吾妻郡嬬恋村から採水されたもの。

硬水は好みがあるかもしれませんが、これくらいまろやかで飲みやすいと子供からママ、パパとみんなで飲めますよ。

家族みんなで楽しめるおいしいやわらか天然水。

これがあればお出かけがさらに楽しくラクに変わりそうですね。

これからの夏に、お出かけのマストアイテムであるペットボトルは、持っていかないという選択肢は選べないけれど、サイズを変えるという発想をしてみませんか。

やわらかくて飲みやすい!キリンのやわらか天然水

ママたちが飲みきれる炭酸水「キリン ヨサソーダ」も徹底調査

次にママたちに試してもらったのが炭酸水。

ママたちは炭酸水も興味津々。

まずは炭酸水についてのお悩みをママたちに聞いてみると…。

ヨサソーダをママたちに出したところ、こちらもまずはデザインがかわいい!と大人気。

そしてやわらか天然水同様ママたちから絶賛されていたのはそのコンパクトさ。

20缶が入った段ボールの小ささや軽さにママたちは驚いていました!

配達時に受け取りやすい!

ヨサソーダは20缶入ってもなんとA4用紙一枚以下のサイズ!

この小ささは驚き!これで20缶も入っているの!?とママたちは目を丸くしていました。

玄関先で、お水が入った重いダンボールを受け取るときに持ちきれず、結局ズズーッと引きずって入れる。

持ちきれなくて宅配便の人に玄関まで入ってきて置いてもらう、なんてことありませんか。

留守で宅配ボックスに入れられてしまったときにはもうママではお手上げなことも。

このサイズならママでも持ち運べて楽々。

子供を抱っこしながらでも受け取り可能かも!?

部屋だけでなく、冷蔵庫内もスペースが限られている場所。

缶の本数をあまり入れられないこともありますよね。

ヨサソーダなら空きスペースにスッと保管できて、ごちゃつく感じもありません。

「キリン ヨサソーダ」を飲んでみました!

デザイン・サイズ、ともにママたちから絶賛されていたヨサソーダ。

試飲のためコップに出したときに立ち上る炭酸のシュワシュワに、ママたちはにっこり。

ヨサソーダの容量は190ml。

ちょうどコップに入りきれる量なのもママたちにはうれしかったポイントだったようです。

コップ一杯分だけ飲みたい、というときもこれなら余ることを気にせず、飲めますよ。

こんなサイズ欲しかった!飲みきり、使い切りの炭酸水

割り材としても大活躍!

炭酸水はそのまま飲んでもおいしいですが、ジュースやお酒の割り材としても楽しめちゃうんです。

ママたちにもヨサソーダのアレンジも楽しんでもらいました!

酢で割って飲むのが好きなママ、ジュースで試してみるママ、とみんな思い思いのアレンジを楽しんでいました。

夏にぴったり!と濃縮タイプの「世界のKitchenから お家で作ろう!ソルティライチ」の炭酸割も好評でしたよ。

ソルティライチは子供も好きな味ですよね。

ママはヨサソーダで炭酸割、子供はやわらか天然水で割って飲むのもおすすめです。

こんなアレンジも楽しめます

今回はヨサソーダでフルーツポンチ作りも。

日頃炭酸水を飲めない子供も、フルーツポンチならほどよいシュワシュワ感を楽しめます。

子供も持ちやすいサイズなので、お手伝いも頼めますよ!

この夏、親子で一緒にフルーツポンチ作りも良いですね。

ママ友のおもてなしやみんなとのBBQにも使いたい!というママも。

飲み物をたくさん用意してもみんなに行き渡っているか気を使ったり、結局余ってしまったり。

一人ひとりが好きな量を好きなタイミングで気兼ねなく飲めるヨサソーダがちょうど良いとのこと。

やわらか天然水もヨサソーダもネット限定商品。

市販されていないからめずらしく、おもてなしの場で喜ばれそうですね。

ペットボトルはすぐたまってかさばるけれど、これはアルミ素材だからつぶしやすいし、リサイクルに出しやすいね!と好評でした。

ママたちにとってはデザインや味はもちろん、飲んだ後の処理などについても気になるところですよね。

家でママが一人で飲むも良し、みんなで楽しむも良し、とヨサソーダでいろんな可能性が広がりそうですね。

アレンジはママ次第!キリン ヨサソーダ

やわらか天然水とヨサソーダで「ちょうど良い」を楽しもう

特にこれからの季節、お出かけのときには欠かせない水分。

でも子供の荷物も持つママにとっては、ペットボトルは重いし、かさばるもの…。

そんなとき持っていかない、ではなくラクに持っていくことを選んでみませんか。

お家でも、飲みきれるちょうど良さを選んでみませんか。

【Amazon】キリンのやわらか天然水の購入はこちらから

【Amazon】キリン ヨサソーダの購入はこちらから

【LOHACO】キリンのやわらか天然水はこちらから

【LOHACO】キリン ヨサソーダの購入はこちらから

【楽天】キリンのやわらか天然水の購入はこちらから

【楽天】キリン ヨサソーダの購入はこちらから

撮影:高岡 弘