産婦人科口コミ!玉川病院(東京都世田谷区)の体験談

東京都世田谷区の閑静な住宅街にある総合病院の産婦人科です。玉川病院の産科スタッフは全て助産師で、医師共に万全で安心を与える体制がとられています。また、産婦人科の病室は全て個室でシャワートイレが完備されている、まるでホテルのような快適さです。では、実際の体験談を交えて、玉川病院産婦人科をご紹介いたしましょう。

玉川病院産婦人科について

東京都世田谷区の閑静な住宅地に佇む、1953年開院の歴史ある病院の産婦人科です。産婦人科ではベテラン医師や女医さんも多く、産科スタッフは全員助産師という磐石な体制で出産に臨めます。

また、産科病棟は全個室、シャワー・トイレ完備のホテルのような快適さで、産後の心地よく過ごせます。

玉川病院基本情報

  • 住所:〒158-0095 東京都世田谷区瀬田4-8-1
  • 電話:03-3700-1151
  • アクセス:東急二子玉川駅下車より、東急バス『玉川病院』下車 (約15分乗車)
  • 診療日:月~土8:30~11:30 12:30~15:30※土はAMのみ

出産・入院について

この産婦人科の妊婦検診では、診察日は必ず超音波を使用して赤ちゃんの様子を見せてくれます。母体の安全を最優先に、妊婦検診にはクラミジア検診や子宮頸がんの検査など、丁寧に診察していただけます。

自然分娩を推進されており、妊婦主体の分娩が行われるよう配慮されている為、会陰切開は必要性が高いと判断があった場合にのみ行われ、また、陣痛促進剤も母体の状況により必要がある場合に限り、妊婦の同意のもとで使用されます。

母子同室を奨励されており、早めのの授乳を始めます。慣れない間は、授乳質で助産師の丁寧な指導が受けられ、とても安心です。

分娩料金について

自然分娩 630,000円(室料含)

深夜や時間外の追加料金はありません。

設備について

設備の良さや産科病棟の部屋はとても清潔感があり、全室個室のシャワー・トイレ付きの快適さが人気を集めています。アメニティも充実しているため、手ぶらでの出産が可能です。

人気のサービス

産前産後クラス(ベビーマッサージやヨガ等)は人気が高く、毎回予約が満員の充実したプログラムが開催されています。クラスの雰囲気が良く気の合うママ友を見つける方もいるようです。

この病院で良かった!と思う実際の体験談&口コミ

産婦人科

実際に玉川病院で出産をされた方の体験談をここでご紹介します。

口コミ①第二子が出来たらまた玉川病院で産みたい!

かなりオススメです!! 先生、婦長さん、助産師さん、皆さんとにかくとっても親切です。 私の担当医は切開部分を縫うのが上手と評判で、評判どおり 翌日から痛みもなくすぐ歩くことができました!

パジャマや産褥ショーツ、消耗品など完備されてます。お土産に哺乳瓶、ミルク、消耗品等々、持ちきれないほど もらえます。面会時間は決まっているものの、大目に見てくれます。 規則にゆる~い感じです。 記念写真や足型をとってくれます。

もし、第二子ができたらまた玉川病院で産みたい!
出典: mixi.jp

先生や助産師さんなど、スタッフさんの対応が◎なのはとにかく安心できますし、心地よいですよね。初産の方がまたここで産みたい!と言われる病院というのは頷けます!

口コミ②産後の入院生活もエンジョイ&リラックス出来る!

今回も玉川病院で出産予定。何てったって、お気に入りの玉川病院産婦人科!なにがいいって?病室!食事!雰囲気!

一人目出産後の入院生活、ENJOY&RELAX!あーんなに楽しく、寛げるとは思っていなかった。食事もおいしい!助産師さんにハズレもないし、完璧だったよ。 出典: ameblo.jp

リピーターの方の体験談ですね。第二子の出産予定の方が不安なく楽しみにされているところに、この病院の信頼性が増します。

リピートしたくなる産婦人科!?

実は、この投稿を書いている私自身は里帰り出産の為、直前の検診までは玉川病院、分娩は実家近くの産婦人科で行う予定なのです。それが、ちょっぴり残念なほどに、この玉川病院のスタッフさんの良さ、施設、設備はにとにかく充実していて安心が出来ます。

実際に友人の産後入院時に玉川病院を訪れた時の、友人のリラックスした表情は忘れられません。出産っていいものだな、と思ったのも、この病院だったからかも!?と今思うのです。

出産を控えた妊婦の皆さんも、是非、ご自身に合った病院にめぐり合えますように!

「産婦人科」「口コミ」「玉川病院」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!