産婦人科の紹介!自治医科大学附属病院(栃木県下野市)

県内では有名な自治医科大学附属病院。診療科によっては県外から通院されている患者さんがいるほどの総合病院です。昔と異なり、出産場所、出産方法は多様化していて、個人クリニックでの出産も選択肢の一つではありますが、ここでは大学病院での出産、入院はどんな感じなのか、ライター自身の体験談を交えてお伝えします。

自治医科大学附属病院について

自治医科大学附属病院は、昭和49(1974)年に開院し、地域医療の先駆的な役割を担いながら、医療スタッフの育成を目的とした高度の医療施設及び設備を整えている総合病院です。

産科の医師は約15名の産科医が診療を担当しており、新生児科、小児外科などとも連携しているので、出産時の赤ちゃんの非常時にも対応できる体制も整っているので安心して出産にのぞめます。

病院基本情報

  • 住所:〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1
  • アクセス:JR宇都宮線「自治医大駅」下車、徒歩15分または接続バスで5分
  • 電話:0285-44-2111(代表)
  • 外来診療日:月~金(曜日で午前か午後のどちらかになります。初診以外は予約制です)

出産・入院について

健診で経過が順調な妊婦さんで、病院側が示した条件をクリアしていれば、院内助産所で病室内で家族と出産ができるシステムがあります。

それ以外は、帝王切開(多胎児やその他疾病が合併している場合など)か自然分娩となり、無痛分娩や和痛分娩は行っていません。自然分娩の場合は、陣痛室・分娩室共に家族は1名のみの入室が許可されています。好きな音楽をかけてリラックスしたい場合は持ち込みのCDをかけてくれます。

出産直後のカンガルーケアは行っていません。妊婦の状況次第ではその日から母子同室を推奨していますが、新生児室で管理してもらうことも可能です。翌日から母乳指導や沐浴指導などのフォロー体制も整っているほか、母乳相談も都度助産師さんが対応してくれるので心強いです。

費用は、自然分娩で約60万円ほどです。あとは病室が個室(有料)か大部屋(無料)によって費用が変わるかと思います。

私の体験談

自治医大で出産された他のママさん方の口コミを私の体験談も交えて紹介します。

選んでよかった!

自治医科大学附属病院

「人、技術、設備」この3つが揃った病院だと思います。

自分に何かあっても、子供に何かあった場合でも、総合病院ということでいろいろな科と連携して診療してもらえる安心感、患者としっかり向き合ってくれる医療スタッフとのやり取りで、通院と入院(出産)を気持ちよくすることができました。

もし、友人にお勧めの産院を聞かれたら、まずはこちらを勧めたいと思います。

どんなことが起きるかわからない妊娠・出産。不安もあると思います。安心できる病院選びをして下さいね!

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!