産婦人科口コミ!札幌東豊病院(札幌市東区)の体験談

婦人科、産科、小児科が併設されており、平日は夜7時まで診療しています。また、土日も診療しているので通いやすいところも魅力的です。また、小規模ながらNICUがあるので産後何かおこってしまった時もすぐに対応できます。ライター自身の2度の出産体験談、実際に出産を経験した方の口コミ等を紹介致します。

札幌東豊病院について

札幌東豊病院は昭和59年に開院された、産科、婦人科、のある病院です。さらに小児科も併設されているので、赤ちゃんの健診や、予防接種等総合的に診てもらえるので安心です。落ち着いた環境で出産を迎い入れられる病院です。

病院基本情報

病室

【住所】
〒065-0017
札幌市東区北17条東15丁目3番

【アクセス】
中央バス環状通東バスターミナル徒歩5分
北18条東15丁目バス停下車すぐ

【電話】
011-704-3911

【診療日】
月~金(午前8:45~19:00)
土・日(午前8:45~16:30)

※詳しくは下記のリンクにてお問い合わせ下さい。

札幌東豊病院

出産・入院について

病室

まず産科にかかるとまずどういう出産を経験したいかと、「バースプラン」を設定することができます。

自然分娩を基本に、夫の立ち会い出産か、そばにいてほしい人、産後はどのように過ごしたいか(1日目から母子同室か、2日目からにするか)と、細かく話し相談するので不安な事がありません。

また、持続硬膜外麻酔による無痛分娩を行っています。

産後は全室個室なので、他の人に気を使う事なくゆっくり過ごせます。出張でマッサージ師さんのマッサージが受けられます。1日は無料で、好きな部位をお願いできます。

母乳に関するあらゆる相談もうけつけてくれ、適切な指導を行い母乳で育てたいお母さんを支援してくれます。退院後の母乳トラブルも母乳外来で相談できるので安心です。

費用は31万円~です。

病院のメリット

よい事だらけなのですが、特によいのが下記の点です。他病院にはない魅力です。

  • 部屋が全室個室。毎日掃除の方がきてくれるので清潔で綺麗。
  • ご飯がおいしくて有名。3時のオヤツも美味しくて楽しみでした。
  • キッズルームがあるので、小さい子どもも退屈しない。
  • 先生・スタッフの数が多いので安心できた。いつでも相談できた。
  • 4Dエコーが毎回無料・エコー画面を毎回録画してくれる。夫同伴可。
  • 新生児専門医がいて、小規模ながらNICUがあるので安心してお産に望める。
  • 診療時間が長いし、土・日もしているので働いている人も通いやすい。

病院のデメリット

特にないのですが、あげるとしたら下記の3点です。

  • 担当医制ではないので、どの先生があたるかわからない。
  • 待ち時間が長い。
  • 予約が取りづらい。(特に土・日)

ここで産めてよかった!私の体験談と口コミ

病室

口コミ①:24時間対応してくれるので安心できた

先生が10人以上いるので、何かあってもすぐにみてもらえて安心でした。早期破水でしたが、夜中1時でも素早く対応していただきました!入院してからの食事もおいしかったです☆ 出典: www.happy-mama.com

お産後は不安になりやすいので、いつでも相談して大丈夫と言われると心強いです。美味しい食事は力の源なので嬉しいですよね。

口コミ②:赤ちゃんの足型をもらいました!

母乳推進なので丁寧におっぱいマッサージをしてくれます。

また、赤ちゃんの沐浴をしているとこをビデオに撮影してくれたり、出産直後の赤ちゃんの足形を取ってくれプレゼントしてくれます。 出典: www.sapporo-sanfujinka.net

ビデオ撮影や足型のプレゼントはママ、パパにとっても赤ちゃんにとっても思い出になりますね☆

とにかく好きな病院!2人の子どもも出産しました。

病室

1人目の子どもが難産で、帝王切開で出産しました。しかし、入院する前のバースプランで自然分娩をしたいと言っていた私の気持をくんで最後までその方向で進めてくれました。

最後は私の方からお願いしたのですが、先生方は患者さんの気持最優先で(もちろん緊急の場合はそういう事はないと思いますが)動いてくれます。

ここでなら、何か会っても大丈夫という安心感があるというのは大事な事ですよね。それを満たしてくれた病院でした。

人生で1番のビックイベント。どうか思い出に残り、安心して出産できる病院をえらんでくだいね。

「産婦人科」「口コミ」「札幌東豊病院」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!