産婦人科紹介!愛産婦人科(北海道札幌市)

産婦人科が点在している札幌市の中でも、他サイトでの評判はピカイチの産婦人科です。親身なスタッフの皆さんに囲まれ、全室個室という贅沢な入院設備。他にも安心して出産できる設備・サービスが盛りだくさんです。立地条件も良く、利用される方への配慮が感じられます。

愛産婦人科について

「出産は妊婦だけのものじゃない、夫婦ふたりで乗り越えていくもんや!」というのがモットーの院長先生。夫婦揃っての妊婦健診や、立ち合い出産をすすめています。

病院基本情報

  • 住所: 〒006-0004 札幌市手稲区西宮の沢4条2丁目1番1号 (国道5号線沿)
  • バスでお越しの方: 「地下鉄宮の沢駅前」より乗車 「西宮の沢5条2丁目」にて下車 徒歩5分
  • お車でお越しの方: ① 江別方面からお越しの方 札樽自動車道「新川IC」出口から新道を直進 札樽自動車道「西IC」入口手前で右折 国道5号線を直進 ②小樽方面からお越しの方 札樽自動車道「西IC」出口を左折 国道5号線を直進
  • 電話: 011-676-1166
  • 診療日: 月~日9:00~17:00、祝9:00~12:00

出産・入院について

広いLDR室が2部屋あり、お好きなCD(病院のものでも持ち込みでも)をBGMにお産にのぞめます。

面会時間も13時~20時半までと、遅くまで時間を設けてくれているので、お仕事終わりのご家族様も面会に来ることができます。

全室個室で、通常のお部屋でもホテルの一室のような素敵なお部屋ですが、1日+3000円の追加料金でシャワー付きのお部屋にグレードアップすることもできます。(通常のお部屋の方は、共有のシャワー室を利用できます。予約制)

基本的に母子同室となっていますが、お産でお母様の体に負担が大きかった場合などは、ナースステーションで赤ちゃんを預かってもらうことも出来ます。希望があれば、スタッフの方にオイルマッサージをしてもらうことも可能です。(無料)

バースプランでは、臍の緒を夫婦どちらかが切るか、カンガルーケアを希望するか等、要望を伝え、実行することができます。

この産婦人科のメリットは?

体重

良い点を挙げればきりがないですが、特に良かったと思う点は下記の5点です。

  • 体重管理がかなり厳しいが、そのおかげで、妊娠中毒症にならずにお産出来た(体重管理の大切さも学べた)
  • エコー写真を毎回もらえる
  • お部屋がきれいで、食事も豪華で毎食美味しい(和洋中バランスが良い)
  • 20時半まで家族と面会できる
  • 入院セットを用意してくれるので、あまり持ち物が必要なかった(入院着、お産パット、産褥ショーツ、赤ちゃんの肌着、オムツ、おしりふき等)

この産婦人科のデメリットは?

メリットの満足度が高く、あまり気になりませんでしたが、あえて挙げるならこの3点です。

  • 予約していても待ち時間が長い
  • 車がないと少し不便
  • 全室個室なので他の産婦さんと交流する機会が少ない(入院中一度だけ何人かで集まって沐浴指導があります)

産婦人科 札幌市 愛産婦人科

ここがよかった!私の体験談

実際に利用した私自身の体験談と、他の利用者さんの口コミです。
ぜひ参考にしてください。

体験談

妊婦さん向けの安産教室と、夫婦そろって参加出来る両親教室があります。

わたしはどちらも参加しましたが、お産が終わったばっかりの産婦さんのお話を直接聞いたり、予定日の近い妊婦さんと一緒にお産の進み方を勉強したり…。

両親教室では、立ち合い出産について夫婦そろって話を聞くことで、実感が湧いたりしました。

LDR室の見学の場面では、助産師さん方がお産のシミュレーションをしていて(演技が上手ですごくリアルです)
心の準備が出来て、とても役に立ちました。

出産するなら愛産婦人科で。ひとにすすめたい産婦人科です。

全室個室で入院中におともだちを作るのが難しい、と思いましたが、退院した後も赤ちゃんと一緒に参加できる「あいあいサロン」や「ベビーマッサージ」等のイベントも適宜行われているので、同じ病院で、出産日の近い方と交流する機会もあります。

また、わたし自身、何度か乳腺炎になったことがあり、産後も母乳外来でお世話になっています。助産師さんが親身にカウンセリング・マッサージをしてくれるのでとても安心です。

名前の通り、病院もスタッフの皆さんも「愛」に溢れています。とても人気の病院で、待ち時間は他より長い時もありますが、先生の腕が良い証拠です。

産婦人科選びの際に、ぜひ候補に入れてみてくださいね。

「産婦人科」「口コミ」「愛産婦人科」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!