保育園の説明会!もう服装で悩まない!

やっと見つけた保育園説明会に何を着て行く?とお悩みの方は多いはず。雑誌を見れば、説明会と面接のスタイルが載っているけれどこれって本当?ラフってどこまで許されるの?など考えている時間もない働くママ。お悩みを解決するべく、実際に参加した人の声と現役園長先生にリサーチしてみました。ご参考に一読あれ

説明会はお互いに情報を得る場

保育園の説明会は、「会」と付いているけれど小規模だったり個人で行っていたりする事が多いのが特徴。

入園するタイミングが新年度の場合はまとめて数人参加の説明会になりますが、途中入園の場合は個人がほとんど。

スーツ参加は稀!求められるのは服装より参加率

保育園は働く両親が利用する保育施設。保育園の説明会は、これから仕事をする人、すでに働いている人が時間をかいくぐって参加する事が多いので、わざわざスーツを着て参加することは園は求めていないそう。

園の特徴をしっかり聞いて理解し、入園してから「話が違う!」とお互いにならないよう参加してもらう事が最重要。

「ラフな服装でかまいません、仕事の制服でもいいくらい。とにかく、説明会に参加してもらえればそれでいいです。」と、園長先生にお答えいただきました。

体験談①:雑誌を参考にしたらあれれ?

保育園の面談&説明会があったので、妻とどんな服装で行こうか、と相談し、とりあえずキレイ目な感じにしよう、と。

妻はモノクロ系のワンピース。僕はシャツにジャケット、と、ビジネスカジュアルくらいの服装で行くことに。まあ、ジャケットはアウトレットで買ったセール品というのはここだけの話だ。+゚(ノ∀`)。+゚

でも実際に行ってみると、みんなすげーラフな感じ。ジーンズにセーターが主流派。おいおい、ちょっと浮いちゃってるよ、VERYさん話が違うぜ。
出典: yurufuwacpa.com

セレブ雑誌に翻弄されてしまいましたか!育児雑誌はオシャレ育児をテーマにしているものが多いので、実際の生活に沿う情報を参考にするのがベターです。

体験談②:あまり参加者が少なくて・・・

今日は午後から保育所の入所説明会でした。と言っても、うちのほかに1組だけでしたがw 途中入所だとこんなもんですよね。

色々な資料を渡され、保育所での行事や生活のこと、体調管理に食事、持ち物や服装について詳しく説明を受けてきました。
出典: yaplog.jp

行ってみたら自分だけだったという声が多いようです。説明会といっても「会」ではなく面談をかねていることもしばしば。

ラフってどの程度?そこも気になります

私のラフとあなたのラフは違います・・・とみなさん思うはず。そこで具体的な「ラフ」を見ていきましょう。

間違いなし!通勤服は失敗しらず

仕事に行くような服装が断トツ多いようです。

派手すぎず奇抜すぎず、しかも普段通勤している服装が一番安心でベター。
出典: www.bellemaison.jp

入れすぎず抜きすぎない力加減が絶妙。これなら、しっかりママの印象も与えられていいみたい。

ジーンズスタイルは抱っこでも汚れなくて動きやすい

ジーンズ参加の人が多いのは、説明会は子連れの事が多いから。抱っこ紐で抱っこしていたり、手を繋いで参加したりと落ち着かない説明会。

動きにくい、しかも汚したくない高価なスーツより説明を聞き逃さず子供の動きに柔軟に対応できるジーンズは人気のスタイルです。

ただし、穴だらけ!ワッペンだらけの奇抜なジーンズはNG。しゃがむとお尻が丸出し系のジーンズもTPOに合っていません。腰が深めのストレートジーンズがベターです。

肩ひじはらない軽めのスーツで洗練された働くママスタイル

ラフな人が多いからといってスーツがダメという訳ではありません。スーツできちんと感を出し失礼にならないスタイルで参加する事は、好印象を与えます。

やはりスーツできちんと参加したいという人は、謝恩会や卒業式のような華やか系スーツではなく
リクルートスーツのような働くママスーツがベター。

とはいえ、あえて新しく揃える必要はありません。白いシャツにグレーのスカートというOL風スタイルもきちんとした印象を与えます。ミニスカートスーツはTPOに合わないので避けましょうね。

メイクはナチュラルで

メイク

ごってりツケマにくっきりアイライン、デカ目カラコンが私流ラフスタイル!という人ちょっと待った。保育園は子供たちが過ごす場所です。先生は、子供たちが安心して過ごせる園生活を送って欲しいという想いから説明会を開いています。

お互いに信頼関係を築く大切な場でもありますので、なるべくナチュラルなメイクで挑みましょう。月齢が低い赤ちゃんを連れたママも参加することがあるので、きつい香水もNG。

あまりに奇抜なメイクで行くと、保育中の子供も先生も「ギョギョ」となってしまうかも。誰が見ても不快に思わない、ナチュラルな自分で参加してください。

これはNG!!肌の露出は最低限に

いくらラフといっても肌の露出が多い服はマナー違反。説明会は「これからよろしくお願いします」という気持ちで参加する場。

説明する方が目のやり場に困るような服装は好ましくありません。ラフな中にもキチンと感があるものを選びましょう。

案外教室が暑かった!でも、コートを脱いだらタンクにショーパンなんて事も避けたいピンチ。説明会は、靴や上着を脱ぐことを想定して中まできちんとコーディネートしましょう。

保育園は生活の場。気取る必要はありません

送り迎え

「パパやママがお仕事をしているので、自宅で子供を見られないから預けるのが保育園です。子供たちにとっては生活の場。もしかすると、自宅より保育園で過ごす時間の方が長くなるお友達もいます。

説明会では、子供たちが生活する園を知ってもらい疑問や不安なく預けていただけるよう保護者の方に情報を提供したいと思っています。

仕事で忙しくプライベートな時間を作れない人、スーツを買う金銭的な余裕がない人、お子様が小さくオシャレに気を使えない人そんな色々な事情を抱えている人が多くいらっしゃるのも保育園の特徴です。

どうかオシャレさなど気にせずに、説明会にご参加ください。」

上記は実際に園長先生に聞いた話です。園長先生は、服装によって入園を拒否したり子供の発育に疑問を持ったりはしないそうです。それより、どこまで真剣に子供に関わっているかを見ているとの事。説明会での服装は、ママに負担がないラフタイルでお越しください!との事でした。

それでも心配なママは、直接保育園や通っている先輩ママに聞いてみると安心ですね。

「保育園」「説明会」「服装」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!