幼稚園・保育園紹介!認可外保育園 勇気りんりん保育園(神奈川県川崎市)

認可保育園は待機児童ばかりで入るのが難しそう。でも認可外保育園って実際どうなの?たくさんあるし、全部見学に行くのは大変…。これから働きたいと思っているママ、保育園選びで悩んでいるママに向けて、今回は川崎市中原区にある認可外保育園について紹介したいと思います!ぜひ、参考にしてみてください☆

勇気りんりん保育園について

勇気りんりん保育園は平成23年5月10日に開業した、比較的新しい保育園です。

ビルの2階にある園は、園の名前にちなんでみんなの大好きなあのキャラクターのイラストが園内に貼ってあったりと、とても楽しい雰囲気の保育園です!

先生も若い方から年配の方までおり、年齢別のクラス分けも無いため上の子が下の子の面倒を見たりなど、アットホームな感じです☆

基本情報

保育園 

  • 住所:〒211-0041 中原区下小田中2-8-20 KRSビル2F
  • 電話:044-948-6507
  • アクセス:南武線「武蔵中原」徒歩3分
  • 受入年齢:生後8か月~小学校就学前
  • お弁当or給食:給食、おやつも有
  • 利用時間:月〜土8:00〜18:00
  • 延長保育:平日18:00〜20:00、土曜18:00〜19:00
  • 駐輪場:なし(送迎のための一時駐輪は可能)
  • 駐車場:なし
  • 保育園料:47,250円~66,150円(別途入園料有)

園児定員

0歳:3人、1~2歳:30人、3歳:10人、4歳以上:7人

年間行事

  • 4月 お花見
  • 5月 ファミリーデイ、こどもの日
  • 6月 ファミリーデイ
  • 7月 七夕
  • 8月 プール遊び、夏まつり
  • 9月 敬老の日、遠足
  • 10月 ハロウインパーティ
  • 11月 課外活動
  • 12月 クリスマスパーティ
  • 1月 お正月遊び
  • 2月 節分
  • 3月 ひな祭り、作品展
  • 毎月 お誕生日会、避難訓練
  • ※変更になる場合があります

勇気りんりん保育園のおすすめポイント☆5選

保育園

勇気りんりん保育園のおすすめポイントを紹介します!ぜひ参考にしてください♪

その1☆アットホームな雰囲気

比較的新しい保育園という事もあり定員にまだ余裕があり(平成26年12月現在)、ゆったりとした雰囲気です。

年齢別のクラス分けも無いため、みんなで一緒に給食を食べたり、また上の子が下の子の面倒を見たりなどアットホームな感じです。

また年齢や月齢で生活指導を行うというよりも、例えばトイレトレーニングなども園児個人に合わせたペースで行うなど、大らかな教育方針がとても良いです!

その2☆給食制

保育園

忙しい働くママにとって、朝の時間はとても貴重…しかも小さい子供のお弁当となれば、量や中身それから見栄えなど、色々考える事も多いですよね。

ここでは給食制なので、そんな不安も気にしなくて大丈夫です!乳児食と幼児食があり、アレルギー対応も相談できます。

その3☆駅近

最寄り駅から近いという点も、この保育園の大きなポイントのひとつ。近いといっても大通りにあるわけではないので送り迎えも安心、安全です。

登園時にママのやる事、例えば荷物をロッカーにセットしたりなどもないため、お子さんと荷物を預けたらそのまま仕事へ行けます!

その4☆毎日のお散歩!

保育園 散歩

天気の良い日の午前中には、お散歩に行きます。お散歩は近くの公園へ日替わりで行ったり、時には消防車などを見に少し遠くまで歩く事も!

また事前にお散歩コースの案内もあり危険箇所もわかるため、保護者としては安心ですね。

やはり小さいうちの外遊びはとっても大切。体も心も健康に育ちます!

その5☆作品を思い出に

園では絵や工作などに力を入れていて、季節ごとに様々な制作をしています。

本人のレベルに合わせて先生が指導してくれるので、小さい子からお兄さんお姉さんまで楽しく取り組めます♪

また作品は一定期間園内に飾り、その後ファイルにして保護者にまとめて渡してくれるので、園での様子も良く分かり、思い出にもなります。

こういった制作は創造力を高め、手先も器用になるのが嬉しいですね☆いつの間にかお箸で上手にお豆を掴んでいたりして…!

笑顔がたくさん☆勇気りんりん保育園

保育園 友達

0歳児の子も、5歳6歳のお兄さんお姉さんもみんな楽しく遊んでいます!

安全、安心なのはもちろん、おおらかでアットホームな雰囲気にお子さんも楽しい生活を送れること間違いなし◎

ぜひ、今後の保育園選びの参考にしてください☆

「認可外保育園」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!