イクメン情報集!パパも一緒に子育て

最近では旦那様が育児を手伝ってくれる「イクメン」が増えてきています。育児に専念するために会社で育児休暇を取るパパも増えてきました。その一方でまだまだ育児は母親がするものと思っているパパも少なくありません。そんなパパにイクメンになってもらうための情報を集めてみました。これからイクメンになりたいパパたち、ぜひ参考にしてください!

イクメンのパパってどんなパパ?

「イクメン」という言葉は世の中にずいぶん浸透してきたように思います。休日だけでなく、平日もパパが子供を保育園に送り迎えしたり、買い物したりする姿もよく見られますよね。

イクメンとはよく聞くけれど、パパたちが育児にどう関わっているのかイクメンの実態について調べてみました。

そもそも「イクメン」って?

「イクメン」とは子育てをする男性(メンズ)の略語です。育児中の男性というよりはもっと積極的な意味合いが強い言葉です。

育児休暇を申請したり、育児が趣味!というほど、子育てを楽しみ、自らもパパとして成長する男性を指します。

また、仕事などで育児に積極的に関われなくても、将来的に育児を担いたいと願う男性も含まれるそうです。

イクメンの定義とは?

子供に食事をさせる男性

実ははっきりとした定義はありませんが、以下のようなタイプのパパは「イクメン」と評価されることが多いようです。

  • 育児に積極的に関わる
  • 率先してやりたがる
  • とても協力的
  • 楽しんで育児をしている

少しは手伝ってくれるからイクメンという一方で、手伝っているにも関わらず、一般的に言われるようなイクメンとは違うという場合もあり、イクメンはママの主観に左右されるところが大きいのも事実です。

パパはイクメン?ママの本音は…

育児するママ

イクメンの基準のパラツキはあるものの、パパは「イクメン」だと思うか?という質問に対して、うちのパパはイクメン!と答えたママは全体の約7割でした。

3割のパパがイクメンではない、という結果となるのですが、イクメンの定義がはっきりしないため、まったく育児をしないパパはそれよりもさらに低い割合と言えそうです。

実は日本の男性の育児参加率は先進国の中でも最低といわれていますが、パパがしている育児はどんなものがあるのでしょうか?

パパがする「育児」ってどんなものがあるの?

  • お風呂に入れる
  • 抱っこや遊ぶ
  • オムツ交換

一番多かったのはお風呂に入れる、でパパの担当になっているようです。抱っこしたり遊んだり、オムツ交換が次に続きました。

でもお風呂上りはママがお世話をしたり、抱っこしてても泣いたらママに替わる、オムツ交換もおしっこの時だけというパパもいて、完全にパパが行っているというよりかはママの補佐的役割が大きいよう。

そして、育児を何もしないというパパはここ10年で減ったにも関わらず、パパがする育児内容は大して変わっていないという結果も。

もう少し育児の幅を広げて欲しい、と思っているママもいるかもしれませんね!?

イクメンにするためにママが心がけること

パパとママの育児

パパの育児の幅が広がらない、イクメンにならないのはパパだけが原因とは言い切れません。仕事に追われる日々の中で、パパだって子供と関わりたいと思っているはず。

ママの心がけでパパの育児への自信がぐっと高まるんですよ。パパをイクメンにするためにママは以下のことを心がけてみてくださいね。

  1. パパの自覚を持たせよう!
  2. お願いしたらなるべく手や口を出さない
  3. とにかく褒めて、感謝を表す!

妊娠中から妊婦健診や両親学級にも積極的に参加すれば、父親になる意識も高まってくるでしょう。児童館や公園にもパパも一緒に行ってみるとよいでしょう。

慣れないパパの育児にママはハラハラしたり、文句を言いたくなることもあるかもしれませんが、お願いしたらパパを信頼して見守りましょう。

そしてパパが手伝ってくれたら大げさぐらいに褒めて、感謝を表すのを忘れないでくださいね!

パパ必見!イクメンの情報集紹介!

イクメン

イクメンがもてはやされるようになりましたが、まだまだ世の中には育児にとまどうパパもたくさんいらっしゃると思います。

ママ向けの情報サイトや情報誌があるように、パパ向けのものもいろいろあるんです。

他のパパはどうしているの?イクメンになるにはどうしたらいいの?必要な情報を得て、イクメンへの一歩を踏み出しましょう!

イクメン情報・Webサイト集

まずはイクメン情報のWebサイトをご紹介します!通勤の合間に読んでみてはいかがでしょうか?

FQ JAPAN online

イクメン雑誌「FQ JAPAN」のonlineです。父親であることを応援してくれるサイトです。

パパである有名人のインタビューやエンタメだけでなく、予防接種の情報や食育についてなど、ママ顔負けの情報がつまっています。

FQ JAPAN 男の育児onlineのサイトはこちら

Papa Style

こちらは育児の基礎知識や子供との遊び方、家族で出かけるアウトドア講座など、子育てや家庭の情報が満載のサイトです。

情報交換ができる掲示板もありますからパパ同士で交流がもてそうですね。

Papa Styleのサイトはこちら

イクメン教習所

育児を始めるパパに向けたノウハウがギュッと詰まったサイトです。

ママが妊娠してからのやるべきことも掲載されています。妊娠中から育メンになるための教科書といってもいいのではないでしょうか。

イクメン教習所のサイトはこちら

イクメンプロジェクト

イクメンプロジェクトは厚生労働省が男性の育児参加を広げようと勧めているプロジェクトです。国の制度も変わり、パパも育児休暇が取りやすい環境になってきました。

そんな育児をがんばるパパをサポートするプロジェクトになっています。

こちらのサイトではイクメン宣言ができるという面白いものになっています。イクメンをサポートする団体や企業の登録、体験談、イベントなどの情報がわかります。

イクメンプロジェクトのサイトはこちら

パパごはんの日

このサイトはパパが作るご飯をサポートするサイトです。そんな日を「パパごはんの日」と名付けてパパ向けのお料理レシピが公開されています。

たまにはパパが作って、ママを楽させてみては?パパに作ってもらうご飯は普段とは違う特別なものですよ♪

パパごはんの日のサイトはこちら

イクメンブログ紹介!子育てパパ奮闘記

関連記事:

イクメンブログ紹介!子育てパパ奮闘記

最近はイクメンという言葉も定着してきて、育児に参加するパパも増えてきま…

イクメン情報・書籍集

イクメンになる情報はWebサイトからだけではありません。書籍からも必要な情報を得られますよ!

イクメンファッション情報雑誌「FQ JAPAN」

「FQ JAPAN」は育メン雑誌・オンライン雑誌の中でも有名です。
育メンで有名な方のインタビュー記事や育時に関するノウハウが掲載されています。

価格:500円(税込)

詳細はこちら

パパゴジラのまっとうな男の子の育て方―松井秀喜を育てた父の実践ノート

言わずと知れたプロ野球選手の松井秀樹喜さんを育てた父の育児本です。いったいどんな子育てをしたらいいのか、特に男の子を育てているパパは読んでみて下さいね。

パパにもママにも子育てのヒントがつまった育児本です。

価格:1,404円(税込)

詳細はこちら

イクメンで行こう!―育児も仕事も充実させる生き方

育児に奮闘する男性をテーマにした単行本です。育児に取り組む男性がストーリー仕立てになって書かれていて読みやすく面白いと人気があります。

育児と仕事を両立させる男性を目指す人にお勧めです。

価格:1,728円(税込)

詳細はこちら

パパ1年生

赤ちゃんが生まれると同時にパパも生まれます。そこで、初めてパパになる人に向けたノウハウが書かれています。

ストーリー性のマンガと活字で書かれているのでとても読みやすくなっています。

価格:1,296円(税込)

詳細はこちら

イクメンパパになって育児を楽しもう!

イクメン

いかがでしたか?いきなりイクメンになって!と言われても実際のところ困ってしまいますよね。いったい何から始めたらいいかわからないというのがパパの実際のところではないでしょうか。

イクメンになるには、パパ本人やママだけでなく、労働環境の改善や育休を取りやすくするなど会社の上司や同僚など周囲の理解や意識改革も必要となってきます。

パパママ両方が積極的に育児ができる社会への課題は多いですが、「イクメン」という評価に囚われすぎず、ママのために、子供のためにパパが出来ることからまず始めてみることが大切ですよ!

「イクメン」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!