児童手当は貯金する?みんなの使い道をまとめました☆

育児には何かとお金がかかります。そんな時に助かるのが児童手当。でも、使い道に戸惑っている方も多いはず。「児童手当っていくら?」「いつまでもらえるの?」「子どものためにしか使ってはいけないの?」「みんなはどう使ってる?」各ご家庭さまざまな使い道があるようです。気になる児童手当事情を紹介します!

児童手当っていつまで、誰でももらえるの?

児童手当は、生活やこどもの成長をサポートするために、中学校を卒業するまで支給される手当です。支給金額は、年齢や何番目の子どもかによっても変わってきます。

また、所得制限も設けられているので、高所得者の家庭では児童手当は受け取れず、受け取り額の少ない特例金を受け取る場合もあります。自分の家庭が受給できるのかどうかも合わせて、見ていきましょう。

児童手当受給の詳細について

カレンダー

受給できる金額は以下の通りです。子どもの年齢や数、両親の所得によって変わりますので、自分の課程がどれに当てはまるのかを確かめてみましょう。

支給時期や金額について

  • 0~3歳未満の月額は15,000円
  • 3歳~小学校卒業までの第1・2子で10,000円
  • 第3子以降で15,000円
  • 中学生は10,000円

手当てを受け取るには、住んでいる市町村で手続きをする必要があります。ただし、公務員は勤め先に申請してください。

通常は、所得が多いほうの親が手続きをします。さかのぼって請求はできないので注意しましょう!!

高所得者の世帯は受け取れない!?

年収所得が960万円以上あると、児童手当は支給されません。ただし、一律で一世帯につき、5,000円を支給しています。

また、所得制限については、子供の数や夫婦のどちらかが配偶者控除を受けているかなどによっても変わってきます。自身の家庭が当てはまるかどうかは、地域の役所などに問い合わせるようにしましょう。

受給シミュレーションをしてみよう

カレンダー

実際、どれくらいの額がもらえるのか、受給のシュミレーションをしてみましょう!

ただし、受給額は子どもの成長とともに変わっていくものです。同じ子どもの人数でも、年齢構成ではまったく違う金額になることがあります。

また、受給を見込んでいても、そのうちに所得が増えれば、受給できなくなります。

①3歳、1歳の子どもがいる家庭

  • 第1子…3歳→10,000円
  • 第2子…1歳→15,000円

合計で25,000円が月に支給されます。3歳を過ぎると、第1子では10,000円が支給されます。
※保護者の所得が960万円以下の場合

②13歳、9歳、7歳の子どもがいる家庭

  • 第1子…13歳→10,000円
  • 第2子…9歳→10,000円
  • 第3子…7歳→15,000円

合計で35,000円が月に支給されます。同じ小学生でも、第2子と第3子では金額が違うところがポイントです。この後に第4子、第5子…といる場合は、15,000円ずつ加算されていきます。

※保護者の所得が960万円以下の場合

シングルマザーの生活を支援してくれる手当てはどんなものがあるの?

関連記事:

シングルマザーの生活を支援してくれる手当てはどんなものがあるの?

子育てには大変なことがたくさんあるのに、一人で仕事も育児も家計のことも…

受け取った児童手当の使い道は?

貯金

児童手当は子どもの将来ために貯金している方がダントツに多いようです。子どものために支給されるお金ですから、大切に貯金して、将来のためにとっておきたいですよね。

では、貯金以外の使い途を選んだ方は、どのような使い途で児童手当を使っているのでしょうか?

使い道1.学資保険の支払に!

児童手当を賢く運用!

貯金だと使ってしまうかもしれないけど、保険ならおろせないので何とか使わずに済むという意見もありました。

使い道2.おむつなどの消耗品に!

おむつ

子どもは何かとお金がかかります。児童手当は生活費として活用。本来の使い道かもしれません。

使い道3.幼稚園・保育園・学校の学費へ!

毎月の保育料や学費は、本当にかかりますよね。幼稚園など、子供の学費に活用している方はとても多かったです。

使い道4.必要なイベント・行事に!

子供の任意の予防接種や七五三の記念写真、洋服などに使っています。 出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

やらない訳にはいかない、こういった子どもの成長を祝う節目のイベントは、これもまたお金がかかりますよね!特別な出費に充てるのもありかもしれません。

使い道5.生活費の一部に!

スーパー

児童手当の使い道は各家庭さまざま!

家族写真

他のご家庭はどう活用しているのか気になる児童手当事情!参考になったでしょうか?

児童手当はそのまま子ども名義で貯金しているという方が多い一方で、子どものために使っている、生活費に消えていく…という方もいました。各ご家庭で状況が違うわけですから、使い方はそれぞれでいいのかもしれません。

この支給額を十分だと思うか?もっと欲しいと思うか?それも、各ご家庭で感じ方が違うでしょう。

この機会に、児童手当の賢い使い方を検討してみてはいかがでしょうか?あくまでも、子どものために、家庭のために、有効に使っていただきたいと思います。

「児童手当」「使い道」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!