子連れで海外旅行へ行く時には何に注意すればいいの?

お正月や夏休みなどを利用して、お子さんを初めての海外旅行に連れて行く方もいるかと思います。小さなお子さんを連れて飛行機での長時間の移動や海外での慣れない食事。何かと不安はあるけれど、せっかく来たのだから楽しい旅にしたいですよね。今回は子連れで海外旅行へ行く際の注意点や経験談をご紹介したいと思います。

子連れで海外旅行

海外旅行に行きたいけど、子連れだとなかなか行けない!大変そう!など思われている方は多いのではないでしょうか?子供を初めて海外に連れて行こうと思うと不安になりますよね。

子連れで海外旅行に行く際に注意しておくべきポイントをまとめてみました。

パスポートの申請から

海外に行くならまず一番大事なパスポート。パスポートってまだ赤ちゃんでも必要なの?なんて声を耳にします。0歳の赤ちゃんでも必ず必要です。
 
本人の署名欄には親が代わりにサインをします。パスポートの申請には代理人でも可能ですが、受け取りは必ず本人とされているので、パスポートの受け取りの際には必ず赤ちゃんを連れていきましょう。

赤ちゃんの飛行機の料金

生後8日以降から赤ちゃんは飛行機に乗ることができます。生後8日から2歳未満の赤ちゃんの場合、座席を取るか取らないかで飛行機の料金もかわってきます。

月齢が小さかったり、長時間のフライトでない場合は座席を取らないで抱っこで過ごしたり、バシネットという赤ちゃん用ベッドを借りられるので必ず座席を取らないといけないということはありません。

2歳未満の場合は席を取る場合、大人の料金の75%の料金が必要になります。取らない場合は、大人の料金の10%の料金となります。

2歳以上になると座席は取らないといけません。料金的には大人の75%の料金が必要になります。

赤ちゃん連れで行きたい沖縄旅行!おススメの宿泊先5選

関連記事:

赤ちゃん連れで行きたい沖縄旅行!おススメの宿泊先5選

憧れの国内旅行先「沖縄」もうすぐシーズンですね☆大型連休のあるGWや夏休み…

子連れ海外旅行の注意点

時差もある海外に子連れで行くのはとても大変なことです。しっかりと注意点を頭にいれておいて海外旅行の計画を立てましょう!注意点をまとめてみました。

長時間のフライトはさける

子連れで海外に行く際に一番気を付けておきたいポイントです。ママやパパが行きたい場所もあるかとは思いますが、極力フライト時間の短い旅先を決めることが大事です。

子供だけでなく、ママやパパも長時間のフライトになると負担になります。周囲の人への気遣いなどもあり到着前に疲れてしまう場合も!お子さんが大きくなるまでは近場の海外旅行をおすすめします。

飛行機の中で飽きさせないようにする

飛行機の中は大人でも退屈になることが多いはずです。走り回ることはもちろんのこと、同じ席に座っていなくてはいけません。お子さんは必ず飽きてしまうはずです。

自分のお子さんが好きな座ってできるようなおもちゃをいくつか用意しておきましょう。音が出るおもちゃなどは避けたほうが良いです。

機内でできるだけ過ごしやすい環境を作る

耳抜きがうまくできないお子さんは気圧の変化で耳を痛がったり泣いてしまったりということもあります。赤ちゃんであれば、母乳やミルクをあげたり、おしゃぶりをさせてみたりすると良いでしょう。

子供にも、ジュースやお茶などの飲み物のほかあめや好きなお菓子などをあげて対応しましょう。
 
また食事面でもベビーフードの持ち込みが可能かどうかの確認しておきましょう。せっかく用意したのに食べられないなんてことがないようにしましょう。

飛行機の中は暑くなったり、寒くなったりします。薄手の上着を用意したりして、体温調節の苦手な子供のコントロールをしてあげましょう。

子供を絶対一人にはしない

世界で一番安全言われている日本ですが、海外は国によって危険が多いです。少しの間だからとその一瞬がとても危険です。子供から目を離さないようにしましょう。

また国によっても子供を一人にすると罰せられる場合もありますので注意しましょう。

体調管理に注意する

旅行

海外旅行に出発する際は、まず前もってかかりつけ医に抗生物質、整腸剤などのお薬を処方してもらうことをおすすめします。  

慣れない旅に体調を崩されることはよくあることです。また食べ物などでおなかをこわしてしまうこともあり得ます。お子さんの体調管理を出発前から万全にしておきましょう。

こんな注意が必要でした!~体験談~

実際、海外旅行へ行ってこんな注意が必要だと思った方たちの体験談をここではご紹介したいと思います。

体験談①:海外保険のおかげ!

旅行保険に入っておくことをお勧めします。 うちの娘は初海外旅行(1歳2ヶ月)で突発をやり、 2回目(1歳5ヶ月)のときにはヘルパンギーナ(夏風邪?)にかかりました。 保険のおかげでキャッシュレスで受診できました。
出典: www.kingdom.or.jp

備えあれば憂いなし。海外での病気には保険が有効ですね!

体験談②:国によって子供の食事に困る!

わが家の娘の海外でビューは8ヶ月の時。行き先もアメリカだったので離乳食だったので食事は現地調達でき楽でした。一歳前に韓国に行った時は子供の食事に困りました。離乳食は殆ど売っていませんし食事に困りました。 出典: www.kingdom.or.jp

離乳食の品揃えは国によって異なりますね。食事は何より大事ですから、事前にチェックしておきたいですね。

体験談③:常備薬は必需品!

子供が1歳のときから毎年1回海外へ行ってますが、皮膚科・耳鼻咽喉科の薬などその子の常備薬を忘れない事、急な発熱のための熱さまし、吐き気止めは必ず持っていったほうがいいです。飛行機で耳が痛くならないためのキャンディなど薬関係にいつも気をつかいます。ハプニングは蚊に刺されて全身水ぶくれができて病院に行ったことですかね。それ以降も新しい国の蚊に刺されると水ぶくれになります。飛行機の中でなかなか寝ないようだったら眠ってくれるよう咳止めを飲ますという荒業もあります。 出典: www.kingdom.or.jp

子供の体調は変わりやすいですから、いつも飲んでいる薬を準備しておくのが良いですね。

子どもを第一に考えた海外旅行を!

旅行

日本に比べると治安も悪い海外。ちょっとした隙に犯罪に巻き込まれるケースもあります。手の掛かる子連れだと特に注意が散漫になってしまいがちなので、余計に注意が必要です。

いくら海外に来たからとはいえ、無理なスケジュールだとお子さんも体調を崩してしまいます。無理なく、そしてきちんとその国々のルールに従い、親子共々楽しい旅行にしていきたいものです。

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!