幼児IQテストとは?IQの値は絶対なの?もしかしてうちの子は天才?!

子供の知能指数を図るうえで目安になる幼児IQテスト。いろんな手法でテストが行えますが、その結果であるIQの数値はいったいどういう意味を持っているのでしょうか?IQが高ければ、本当に頭がいい子なのか…。幼児IQに関する概要と、幼児IQテストの結果をどう解釈するべきなのかをご紹介します。IQの値がすべてではないのです。

幼児のIQテストとは?

誰でも1度は気にしたことがあるIQ。最近は幼児のIQテストを小学校お受験に導入したり、機関で幼児IQテストが簡単に受けられたりしますが、そもそも幼児のIQテストって、どんなものなのでしょうか?

IQとは?

Intelligence Quotient(IQ)とは知能指数のことを差し、数値が高いと知能が高く、数値が低いと知能が低いと言われています。知能はすべてが両親からの遺伝ではなく、生活環境などの影響も受け、変動すると言われています。IQは100を平均値として、70%に近い人がIQ85~115の間に位置します。

IQ120以上で「すぐれている」とされ、130を超えると「非常に優れている」とされ、非常にIQの高い幼児が高IQ団体「メンサ」に入会する資格が与えられることもあります。

幼児IQテストの概要

子供の年齢に合わせて行える幼児IQテストは、図形や数字、アルファベット、ひらがななどを用いた問題が、年齢に合わせたレベルで出題されます。

IQの割り出しには、「精神年齢」と「生活年齢」を考慮します。

  • 精神年齢: 「〇歳〇か月レベルの問題が解けた」という、IQテストで割り出される年齢
  • 生活年齢: 現在生まれてから〇歳〇か月という、実際の年齢

問題を解くことで、〇歳〇か月レベルの問題が解けるという、その子の“精神年齢”を割り出します。この精神年齢が、実際の“生活年齢”に対して、どれだけ優れているかということを数値にしたのが、IQの値です。

自宅から幼児IQをチェックするサイトにアクセスして簡単にできるテストから、専門機関で行われる本格的なIQテストまで、種類は様々です。

何歳から?

勉強

幼児IQテストの多くは、2歳ぐらいからテストができるものが多いです。

ひとりでテストを受けられない場合

2歳では言葉も話せないし、文字も読めないじゃない!と思うかもしれませんが、幼児IQテストの問題の多くは、絵や図形で出題されるので、2歳のお子さんでも受験が可能です。

また、IQテストの問題文を読んだり、お子さんが言った答えを代わりに選んであげるなどの行為は、親が行ってもOKとされています。

2歳7か月はどのテストを受ければいい?

幼児IQテストは、2歳から1年齢ごとに2歳、3歳、4歳…とレベル分けがされています。幼児IQテストでは小学校6年生(12歳)までを対象としているものが多いです。

とはいえ、2歳7か月の子には、2歳用のIQテストは少し簡単で、3歳用のIQテストでは難しいかもしれません。そんな場合は、2歳用と3歳用を両方受験し、総合的に見てみるのがいいでしょう。

IQが高い=頭がいい?

勉強

「幼児IQテストでうちの子のIQが140!!」なんて結果が出たらママは大喜び。

では、IQが高いというのは頭がいいということになるのでしょうか?

IQの高い子の特徴

総合的に見て、IQの高い子は考える力や憶える力を持っている子が多いようです。考えることに長けている子がIQが高いことが多く、「たくさんものを知っている」というのはIQが高い目安にはならないようです。

また、考える力以外にも、IQの高い子が優れている点がいくつかあるようです。

  • 情緒が安定している
  • 自制力がある
  • 自立している
  • 温和・理性的である
  • 社会性がある
  • 神経質ではない
  • 「自分を認めてほしい」という欲が少ない

つまり、よく「あの子はなんでも知っているから頭がいい」というのは、IQの高さには関係ないようです。

2歳なのにおしゃべりが上手、小学校前に掛け算ができる、3歳でひらがなが書けるといったことは、その分野では優れているかもしれませんが、IQがいいということにはつながらないということです。

考える力をはじめとした、精神面や社会性などが総合的に優れている子に、IQの高い子が多いようです。

IQの数値への影響

勉強

さて、IQテストの結果がとても高い数値だったり、あまりにも低い数値だった場合、ご両親は大喜びしたり、心配になったりすると思います。しかし子供のIQの数値というのは、テストを受けた日の環境、子供の気分、やろうという意欲があったかどうか、試験官が怖くなかったかなど、多くの要因に左右されます。

年齢が小さければ、小さいほど、この要因がもたらす影響はとても大きく、結果として、高いIQ値が出たり、とても低いIQ値になってしまったりします。

幼児IQの結果の数値を絶対とせず、何回かテストを行ってみたりして、判断しましょう。

あくまでも発達の目安

幼児期は、いろんなものをスポンジのように吸収し、どんどん成長する時期です。IQテストでは、数値だけを気にするのではなく、あくまでも発達の目安として考えるといいと思います。

IQテストにより、お子さんの得意分野をみつけ、その分野を伸ばすしてあげると、子供も自信がつき、どんどん成長することでしょう。この自信の積み重ねが、大きな成長となり、本当の意味でIQの高い子になるかもしれませんよ!

IQテストで自信を伸ばそう!

勉強

幼児期のIQテストの結果はあくまでも目安。IQの数値が絶対ではないことを常に知っておきましょう。

お子さんの得意分野を知り、可能性のある分野をみつけて、小さな自信をぐんぐんと伸ばしてあげることがベスト。得意分野がわかれば、お子さんが本当に興味を持っている分野がわかるかもしれません。

子供の考える力を伸ばすような遊びをたくさんしてあげ、考える力、社会性、精神力などを総合的に伸ばしてあげたいものですね。

「幼児」「IQ」「テスト」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!