ベビースイミングの効果は?いつから始めるのがいい?パパ・ママや子供の脳に与えるメリット紹介

赤ちゃんの習い事として、根強い人気のベビースイミングベビースイミングは赤ちゃんの心身に様々な良い影響を与えると言われています。でも実際にベビースイミングって何をするのか分からないという方も多いハズ。そんなママ達に、ベビースイミングについてや、赤ちゃんに与える良い効果について分かりやすくご紹介します。

ベビースイミングについて

赤ちゃんの習い事として、根強い人気のベビースイミング♪ベビースイミングは赤ちゃんの心身に様々な良い影響を与えると言われており、関心をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

ベビースイミングについて、また参加出来る時期についてご紹介します。

ベビースイミングとは?

ベビースイミングとは、赤ちゃんがプールで水に触れ合ったり、泳いだりすることです。

子供のお稽古であるスイミングとの大きな違いは、スイミングは泳ぎの技術向上を目的に行いますが、ベビースイミングでは水慣れと体力の向上を目的に行われます。

また、ベビースイミングは基本的に親子参加型のため、親子のスキンシップをはかれることも大きな特徴です。保護者であれば、ママやパパだけでなく、祖父母もOKです。

いつから参加出来るの?

スイミング

ベビースイミングに参加出来る時期は、6か月前後からの施設が多いようです。施設によっては4か月頃から参加出来るところもあります。ベビーの期間はおよそ3歳までで、それ以降はキッズスイミングの対象となるようです。

赤ちゃんの首が据わって、生活にリズムが出来てからが参加しやすいでしょう。

ベビースイミングのもたらす良い効果

ベビースイミングは赤ちゃんの心身にどのような影響をもたらすのでしょうか?ベビースイミングがもたらす良い効果についてご紹介します。

効果①水が怖くなくなる

プール 赤ちゃん

元々赤ちゃんはママのお腹の羊水に包まれて育ってきたので、水は怖くないはずなのです。ですが、成長に伴って色々なことが理解できるようになると、水への恐怖心が顔を覗かせてきます。

ベビーの時期からプールに入り、水と慣れ親しんでいると、水への恐怖心を持つことが無くなります。その結果、幼稚園や小学校のプールでも水を怖がらず、参加出来るようになるようです。

効果②赤ちゃんの体と脳が育つ

赤ちゃんにとって水中で活動することは、体力を使う全身運動です。水圧のかかる中で動くことで、体の筋肉の発達を促し、脳神経を刺激します。

また、水温と水圧の効果によって、新陳代謝が高まり、風邪を引きにくい丈夫な体作りに役立ちます。その他、運動することで昼夜のリズムがつき、夜ぐっすり眠れるようになる効果もあります。

効果③親子のスキンシップがはかれる

プール 赤ちゃん

ベビースイミングではママやパパにしっかり抱かれ、肌と肌が触れ合う事により、赤ちゃんはとっても安心します。特に、まだ言葉でコミュニケーションを取れない時期の赤ちゃんにとって、一対一での目を見つめ合っての親子のスキンシップは、心身の成長に大きな影響をもたらします。

効果④ママやパパの運動不足解消になる

水中では赤ちゃんだけでなく、ママやパパも筋力を使います。浮力もあるため特別な力みは必要ありませんが、赤ちゃんを抱っこしたり、左右に泳がせたりする中で全身の筋肉を使うのです。

そのため、ママやパパの運動不足の解消や、産後のダイエットにも役立ちます。

効果⑤ママも赤ちゃんもお友達が出来る

同じ年頃の子供を持つママ同士で知り合い、親子一緒に交流を持つことが出来ます。情報交換が出来たり、子育ての悩みを共有できることから、ママの育児ストレス解消にも役立ちます。

今しか出来ない親子の触れ合いを楽しんで♪

プール

ベビースイミングで親子のスキンシップをはかれる時期は、ほんの少しの間です。この時期に、今後も続く親子の絆を深めてみてはいかがでしょうか。

プールに入る前には、親はもちろん、赤ちゃんの体調や様子を確認し、少しでも不安があれば無理せずお休みしましょうね。

「ベビースイミング」「効果」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!