おすすめの学資保険って?学資保険に迷ったら!口コミをご紹介☆

子供が生まれたら、教育資金について考える必要があります。幼稚園~小学校・中学校・高校・大学とかかるお金は相当額です。計算すると数千万になります。貯金だけでなんとかやっていく、と考えているあなた。そんな時は保険に加入して、コツコツためておきませんか?有名学資保険口コミをご紹介します☆是非参考にしてみてくださいね!

学資保険の中身って?学資保険とは

子供の教育資金に備えるための保険が学資保険です。では、学資保険の保障内容や保険料はどのようになっているのでしょうか。保険料はトータルで見れば大きな出費になりますから、家計をやりくりするママにとしては、保険料は賢くやりくりしたいところです。

学資保険とはどのような保障があるのでしょうか、選ぶポイントはどこにあるのでしょうか、学資保険についてご紹介します。

学資保険とは

子供の教育費等にかかってくるお金の補助が目的で、保険料を支払うことにより、あらかじめ決めておいた時期に給付金としてお金を受け取ることができる保険のことを言います。

また生命保険のように、子供や親に万一のことがあった際の、死亡保険金や病気やケガの保障もついています。貯金ではなく、保険で子供の将来のお金を準備出来るのが学資保険です。

学資保険の種類

子供保険の種類は大きく二つに分けることが出来ます。掛け金以上の返戻率を重視した『貯蓄型』と、返戻率は劣るものの子供の万が一に備えた医療保障を兼ねる『保障型』の2つです。

パパ、ママになにかあったときの保障もつくのが学資保険ですが、貯蓄型は学資保険の積立の割合が高く、保障型は備えの割合が高い保険となっています。パパ、ママが生命保険に入っているのかなど、他の保険の加入状況をみてどちらにするのか決めることをお勧めします。

貯蓄型の学資保険

掛け金に対する返戻率を重視したのが貯蓄型の学資保険です。返戻率が100%を超える保険が多いのが特徴です。貯蓄型の学資保険であっても、パパ、ママになにかあったときの保障はついているケースが多いです。貯蓄目的の場合は、元金割れしてはしょうがないので、貯蓄型の学資保険が選ばれます。

保障型の学資保険

パパ、ママになにかあったときの保障が手厚いのが保障型の学資保険です。返戻率が100%を下回るものが多いです。パパ、ママに何かあったときの保険料の支払い免除は、保障型でも貯蓄型でもあるケースが多いですが、保障型では育英金が出るものがあったりと、手厚い保障があるのが特徴です。

保障型の学資保険

学資保険と子供保険の違い

学資保険の他に、子供保険という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、保険会社が使っている両方の言葉に明確な違いはありません。一般的には、学資保険には貯蓄型が多く、子供保険には保障型が多いという傾向があります。

学資保険か、子供保険か、というところで見分けるのではなく、貯蓄型か、保障型かでどの保険にするか見分けた方が良いと思います。

学資保険を選ぶポイント

学資保険を選ぶポイントは主に3つあります。

  • 返戻率は100%以上か未満か
  • 子供、親の万が一の保障は何がついているか
  • 割引などのサービスはどんなものがあるか

貯蓄型か、保障型かで返戻率は変わってきますが、貯蓄型ですと100%を超えるものが多く、保障型ですと下回るものが多いです。

貯蓄目的であれば、返戻率がより高いものを選んだ方が良いですし、保障を重視するのであれば、保険の保障内容と返戻率とのバランスをみるのが良いです。

学資保険口コミベスト5!

ここでは口コミとあわせて、5つの商品をご紹介します。商品のリンクページも掲載しますので、ご参考にしてみてください。

1:フコク生命『みらいのつばさ』

学資金の受取の時期により、2種類の保障プランを選べるという「兄弟割引」を設けています。保障プランは、「ステップ型」と、「ジャンプ型」から選択できます。保険金の総受取額は、ステップ型が210万円、ジャンプ型が200万円となっています。

「兄弟割引」は、契約者が同じ場合、二人目以降の保険料が割引されます。また、出産予定日の140日前から加入できる「出生前加入」も可能です。

口コミ

返戻率も高いですし、ソニー生命やアフラックにも負けてないと思います。ランキングに入っていないのが不思議です。私のところのライフプランナーは、かなり親身に対応してくれて、保険の見直し等の相談にも乗ってくれるので信頼がおけます。他社のような押し売りもないです。 出典: kuchiran.jp

圧倒的に1位のこの保険。兄弟割引があると、2人目以降も安心ですね。またプランナーさんの対応も大切かもしれませんね。

フコク生命

2:アクサダイレクト生命『カチッと終身保険』

返戻金の返戻率が、学資保険と比べても高い水準にあり、医療保険ながらも学資保険として将来利用することが可能です。

たとえば、30歳男性が15年で保険を解約した時の返戻率は104.1%、18年で解約したら107.6%、20年で解約したら109.9%と、他社と比べても魅力ある水準に設定されています。

15年後、20年後に解約する必要がなければ、そのまま契約を継続し、好きな時に返戻金を受取る事ができます。

口コミ

こども保険で将来の学費の支払いに備える人は多いと思いますが、解約時の自由度を考えれば終身保険のほうが良いケースがあるのはあまり知られていないと思います。こども保険は設定した期間がくれば解約しなければいけませんが、終身保険は継続し、自分が必要になった時にお金を受け取る事ができます。その間に返戻率も上がりますし、保険料控除も受けられます。金融を専門にしている人間からすると「こども保険」という名前にこだわらないのであれば終身保険でこどもの将来に備えるのはありだと思います。 出典: kuchiran.jp

終身保険ながらも、学資保険ランキングに入っているこの保険。教育費だけでなく、体に関するお金も備えられて安心できそうですね。

アクサダイレクト

3:アフラック『夢みるこどもの学資保険』

大学進学をメインに考えた学資金受け取りのプランです。比較的教育費が少ないと言われる10歳までに払いこみが満了して、高い返戻率で返戻金を受け取る事ができます。

万が一、契約者が保険料払込期間中に死亡及び所定の障害状態になった場合、以降の保険料払込が免除になります。学資金の受け取りのタイミング・受け取り回数があらかじめ固定されています。

また、条件が合えば、子どもの出生140日前からの加入できます。

口コミ

第1子誕生を機に学資保険に加入。アフラックを選んだ理由ですが、学資保険は期間が長いので保険財務力が安定している会社で且つ貯蓄性が高いものということになると必然的にここになりました。ソニー生命は最後まで悩みましたが、S&Pの格付けがこちらのほうが高かったです。 出典: kuchiran.jp

CMでもよく耳にするこの保険。保険を考える際には、保険金支払いの格付けをチェックするのも大切です。

アフラック

4:ソニー生命『学資保険』

貯蓄機能に特化した保障内容で、医療保障・死亡保障等を削り、高い返戻率を誇る。実質109.1~113.7%という驚異的な返戻率に加え、専任のライフプランナーがおり、プラン内容をオーダーメイドできます。

シンプルな保障内容と返戻率の高さ、ソニー生命の財務の安定性、専任のライフプランナーによる保険提案力などが人気の秘訣です。

口コミ

返戻率の高さから、ソニー生命を選びました。「学資保険」は、ただ積立ててるだけじゃなくて、もし契約者が亡くなった場合には、以後の保険料を納めなくても学資が満額受け取れるので、死亡保険という意味合いもあるので、家族の為にも掛けておくと良いと思います。 出典: kuchiran.jp

109.1%~113.7%という返戻率の高さは魅力的ですよね。万が一の保障として、契約したママやパパが亡くなった場合は保険料を納めなくても良いというのも安心できる保障ですね。

ソニー生命

5:東京海上日動あんしん生命『こども保険』

保障プランは、Aコース(受取総額:200万円)と、Bコース(受取総額:100万円)の2種類があります。また、任意のプランで、「指定代理請求特約」の追加も可能です。

小・中・高・大の学資金にプラスで、万が一、契約者が死亡した場合の養育年金、被保険者が事故や感染症で死亡した場合の災害死亡給付金など、親子ともども備えられる点が魅力です。

口コミ

学資保険は子供のための貯蓄だという考え方もわかりますが、私の場合、貯蓄よりも自分がどうにかなった時、子供達を育てていけるかどうかが何より優先で、死亡時どういった保障を受けられるかを重視したのでこの保険しか選択肢はありませんでした。死亡時の給付はかなり充実しているので共済を解約してこれ一つにまとめました。 出典: kuchiran.jp

保障重視に考えると、大変魅力的なプランですよね。契約したママやパパが亡くなった場合、様々な保障が用意されているのが嬉しいポイントですね。

東京海上日動あんしん生命

子供のためにできること

自分でコツコツ貯金するのって、難しいですよね。貯金箱や通帳にお金が入っていると、どうしても必要な時に出して使ってしまった、という経験はありませんか?

保険なら、毎月保険料としておさめるので、使ってしまうということもなくなりますし、途中で解約したときに、返戻金で戻ってくることもあるので、ラッキーな気分になることでしょう。

それぞれ特徴はあっても、実際に加入してみてどうだったか?というのは、加入者・利用者の声を聴くのが一番です。愛するお子様のために、ぴったりな学資保険を選んでみてくださいね。

「学資保険」「口コミ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!