2014年の可愛い名前を由来と共にランキング形式で紹介!

2014年に人気の可愛い名前をランキング形式で1位~10位まで漢字・読み方を男女混合で紹介します!2014年は、どんな名前が人気だったのかな?ランクインした理由と傾向を分析しましたので、名付けに悩んでいる方や自分の子供の名前はランクインしているか?など気になる方は是非参考にしてください。

カワイイ名前☆ランキング!男の子☆女の子

2014年度(平成26年度)の子供の名前ランキングを調べました! 生まれてきた赤ちゃんに珍しい名前「キラキラネーム」をつけることがブームになっていますがキラキラネームも一般的な名前になっているようです。

フリガナ無しでは読めないような名前から歌舞伎役者のような古風な名前をあえてつけて逆に目立っていたり、調べていけばいくほど幅広くて楽しいです!学校の先生は大変だと思いますが。

赤ちゃんの可愛い名前ランキング1位~10位をご覧ください。

1位 蓮(れん)☆陽菜(ひな/ひなた)

蓮(れん)は昨年度3位からランクアップ、陽菜(ひな・ひなた)は4位からのランクアップです!私の周りでは、「ひなた」は男の子、特に次男に付けられています。

2位 大翔(ひろと/はると)☆凛(りん)

大翔(ひろと・はると)は昨年度4位からランクアップ、凛(りん)は7位からのランクアップです!

「大」は人気の漢字ですが、雄大・悠大(ゆうだい)は英語にするとYou dieで海外旅行などでビックリ!なんて話もよく聞きます。

3位 陽向(ひなた/はるた)☆結菜(ゆな/ゆいな)

陽向(ひなた・はるた)は昨年度8位からランクアップ、結菜(ゆな・ゆいな)は1位からのランクダウンです!

たしかに結菜ちゃんクラスに2,3人居るのでカワイイけどカブる可能性もありますね。

4位 陽太(ようた/ひなた)☆葵(あおい)

陽太(ようた・ひなた)は昨年度15位からランクアップ、葵(あおい)は2位からのランクダウンです!

逆から読んだら太陽たいよう。あたたかい感じや春らしい感じが好まれてる傾向にありますね。葵は男の子にもよく使われています!

5位 悠真(ゆうま)☆結愛(ゆあ/ゆいな)

悠真(ゆうま)は昨年度1位からランクダウン、結愛(ゆあ・ゆいな)は同一5位でした。読み方が「ゆ」から始まる名前が人気のようですね。やわらかいイメージがあります。

6位 湊(みなと)・悠人(ゆうと/はると)・陸(りく)・駿(しゅん/はやと)☆愛莉(あいり/めり)・美咲(みさき)

湊(みなと)は昨年度4位からのランクダウン、悠人(ゆうと・はると)は10位からのランクアップ、陸(りく)は44位からのランクアップ、駿(しゅん・はやと)は55位からのランクアップでした。

女の子は愛莉(あいり・めり)は21位からのランクアップ、美咲(みさき)は33位からのランクアップです!6位からは混戦模様「悠」は秋篠宮悠仁さまがお生まれになってから人気があがりましたね。

8位 結衣(ゆい)

結衣(ゆい)は昨年度3位からランクダウンです。といっても3位に結菜(ゆな・ゆいな)、5位に結愛(ゆあ・ゆいな)がありますから「結」という漢字は不動の人気がありますね。

9位 桜(さくら/はる)

桜(さくら・はる)は昨年度71位からのランクアップ!女子ゴルフのスター選手の影響でしょうか?昔は雪月花は溶けて欠けて散るから名付けに適さないと言われてきましたが気にしない夫婦が多いようですね。

10位 朝陽(あさひ)☆凜(りん)・心春(こはる)・杏(あん/あんず)・愛梨(あいり/えり)

朝陽(あさひ)は昨年度90位からのランクアップ!凛(りん)は6位からのランクダウン、心春(こはる)は15位からのランクアップ!杏(あん・あんず)は27位からのランクアップ!愛梨は31位からのランクアップでした!

人気ドラマで人気のあった役の名前や今を活躍する女優さんの影響があるようです。

2014名付け人気傾向!

名前ランキングは、2014年大きくランク変動がありました!読みランキング1位は、男の子が昨年に引き続き「はると」で、漢字は48種類とバラエティに富んでいます。女の子は昨年2位の「あおい」で、漢字は9種類となりました。

使われた漢字は、2008年以降人気の「太」と「愛」が今年も1位に輝きました。名前の最初の1文字に限定すると、男の子は1位から順に「悠」「大」「颯」、女の子は「結」「美」「優」がランクインしました。

男の子は、あたたかい春や太陽を表して女の子は優しいやわらかいイメージの名前が多い傾向にありました。人気に加えて姓名判断、画数も考える方もいるでしょう。是非、参考にしてください!

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!