ベビーシッターのアルバイトに資格は必要?ベビーシッターの資格について!

育児にひと段落ついて、子育て経験を生かした仕事をしたい…と考えている方、ベビーシッターなどはどうですか?特別な資格は要らない仕事ですが、資格を持つと依頼される方も安心して利用できたりします。そんなベビーシッターには、どういった資格があるのといいのか、どのように取得するのか、発行にかかる費用など紹介します。

ベビーシッターに挑戦したい!どんな資格がいるの?

ベビーシッターと言うと、外国では中学生や高校生などの簡単なお小遣い稼ぎのイメージがありますが、現在の日本では斡旋する会社などがあったりしてきちんとしたビジネスとして確立しています。

また、昨今の育児のニーズの広がりによって今後も発展していく産業であり、育児経験者であるママさんの経験を活かすことのできる仕事です。

そんなべビーシッターの資格について紹介します。

ベビーシッターの資格って?

べビーシッターの資格とは、認定ベビーシッターのことです。

この資格は、公益社団法人全国保育サービス協会が、ベビーシッターの仕事をする人のプロ意識を持たせたり、べビーシッターの社会的地位の向上を目的として作られたようです。

ベビーシッターは資格がなくてもなれる

ベビーシッターとして働くために、特別な資格が必要になる事はありません。

ベビーシッターの仕事に、国家資格はありません。そのため、国家資格が必要な保育士とは異なり、誰でもベビーシッターとして会社に就職したり、働き始めることができます。

認定ベビーシッターは、あくまでも任意で取得できる民間資格なのです。

資格を取得するメリット

それでは資格を取得をしなくてもなれるベッビーシッターの仕事の資格をわざわざ取得するメリットとは、何なのでしょうか?

活躍の機会や場が広がる

若干の差では有りますが、やはり資格を持っていた方が、給料にアップしたり、幅広い責務での仕事ができたりするようです。

また、利用するパパやママも安心して預けることができ、信頼もしやすいので、指名してくれる利用者もいます。どこの誰だかわからない人よりも、きちんとしたスキルを持っていることの方が、お客さまに利用者も安心ですよね!

就職・転職活動のPR材料につかえる

ベビーシッターの資格所有者は、子供の世話に関しての正確な知識や常識を一通り学んでいます。これは人の家の大事な命を預かるような責任感のある仕事の資格なので、もちろん評価されます。

また、一度資格を取得してしまえば、ベビーシッターとしてずっと仕事をすることができます。ある程度の年齢になると仕事も限られていますが、信頼感のある資格なので仕事を得やすくなり、非常に働く機会に恵まれます。

資格の取得方法は?

実際に資格を取りたい場合は、どのようにして取ればいいのでしょうか?

それぞれ費用や期間なども異なるので、自分のライフスタイルなどに合ったものを選びましょう。

通学

資格取得のための学校に行って学べます。

講義をきちんと受けて、わからないところはすぐに質問でき、集中して勉強も出来るのでとても理解しやすいと思います。費用は平均して10万円ほどで、通信教育より割高になっています。取得するまでの時間が短く、3ヶ月ほどで取得できます。

通信講座

在宅でも気軽に学べる通信教育もあります。

DVDなどで授業に参加する形で学習するので、わらないところがあっても、すぐに答えが出ない場合があります。しかし、勉強の仕方も自分の生活サイクルに合わせて出来るのはいいですよね!費用は通学の約半額程度で、取得するまでだいたい4ヶ月ほどかかります。

独学

自分でテキストを用意して独学で勉強をすることももちろん出来ます。

しかし、最終的には認定試験を受けることになります。認定試験を受ける受験資格に協会主催の研修を2つ受講することと、ベビーシッターの実務経験などがあげられています。費用は受験費用として1万1千円ほどが必要で、合格したあとに認定証や登録カード作成時に別途費用が必要になります。

子育て中に資格を取った!先輩ママの体験談☆

関連記事:

子育て中に資格を取った!先輩ママの体験談☆

資格を取るのって時間がかかるし、試験を受けるのは難しそうと思っていませ…

やってよかった!ベビーシッター体験談

実際に、認可資格を取得したり、既存の保育士や看護師の資格を活かし、ベビーシッターとして活躍しているママさんの体験談を紹介します。やりがいがありそうですね!

他人の子は難しいけど役に立ちたい!

自分の子育てが一段落したので、ベビーシッターのアルバイトをしています。わたしが担当しているお宅は、シングルマザーで小学校1年生の男の子がいます。お母さんが夜のお仕事をしているので、学校帰ってくる夕方5時から夜10時までのアルバイトです。

お仕事の流れは、男の子に夕飯を作って、宿題を見てあげて、お風呂とお布団の準備をして帰るという感じです。アルバイトを始めてまだ1ヶ月しか経っていないので、なかなか心を開いてくれません。やはり我が子とは違って、他人の子は難しいです。

でも諦めないですよ!好きな食べ物、好きな漫画やテレビ番組を聞きだして、これからどんどん仲良くなっていくつもりです。最近ではシングルマザーも増え、わたし達のお仕事もどんどん増えると思います。 出典: baito.jobrich.jp

シングルマザーで頑張って子育てしている方も増え、夜遅くまで仕事をされている方もベビーシッターさんがいると安心できますね。

子供はそれぞれ育て方も違うし、接し方も違う。自分の子育てがひと段落した方だからこそ自分の経験を生かし、これからの接し方を工夫できたりするのではと思います。

子育て一段落後の生きがいに!

自分自身の子育てが一段落すると、心にぽっかりと穴が空いたようでした。そんなとき、ベビーシッターという仕事に出会いました。

私たちベビーシッターがお手伝いする僅かな時間がお子様にとって楽しく、そして保護者様にとって安心してお仕事やリフレッシュをして頂ける、そんな時間であって欲しいと願っています。 出典: www.combiwith.co.jp

育児がひと段落つくと、自分がもう必要ないのでは…と考えて生きる気力がなくなってしまう方もいるようです。そんな時、自分の経験を生かしてできるベビーシッターという仕事に出会ったことで、またこれから頑張れるという方もいるようです。

母としての経験を仕事に!

上の子を産んだ時、わたしは「産後うつ」になりかけて、とてもしんどい思いをしました。主人も仕事が忙しくて、近くにサポートしてくれる両親もいない状態だったので、体調が毎日すぐれなくても、歯を食いしばって家事をしていました。

そんな経験があったので、子育てがひと段落ついたら、ベビーシッターのような仕事をして、産前、産後のお母さんのサポートをしたいと思って勉強していました。

保育士の資格も持っているので、保育所などで働くことも考えましたが、フルタイムで毎日勤務するのは厳しかったので、自分の都合で勤務する曜日が選べるスマイルプラスのお仕事を選びました。今は、院内託児とベビーシッター、産後のお母さんのケアが主な仕事です。

単に、家事などをお手伝いするだけでなく、先輩のお母さんとして、お話し相手にもならせて頂いています。わたしと話しをしているうちに、ご依頼者さまであるお母さんが元気を取り戻すと、わたしまで元気になれるのが、この仕事の醍醐味だと思います! 出典: www.smile-plus.net

自分の体験が元で、小さい子がいるお母さんをサポートしたいと始めたベビーシッター。やはり体験していることが強みになって、お母さんのケアも出来元気になってもらえると、とてもうれしくやってよかったと思えますよね。

ママたちの新たな働き口として

育児がひと段落して、働きたい…なんて思っているお母さんにぴったりであるベビーシッター。

資格は必要ないといっても、やはり専門的な知識を持ったプロとして、利用する人達の信頼も得られやすいでしょう。

厚生労働省から出ている「ベビーシッターなどを利用するときの留意点」などにも、登録証を確認する…とかかれていますので、今後は資格がないと仕事がやりづらくなって来るかと思います。認定ベビーシッター資格は比較的簡単に取得できますので、是非資格を取って活かしましょう!

更には、育児経験があるだけでなく、英語や絵画、楽器演奏ができる人など、子どもたちのためにワンステップ上のネビーシッターとして働いてほしいと思います。

「ベビーシッター」「資格」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!