英語耳の効果的な作り方とは!?

近年、日本でも必須となってきている英語!英会話をするためにはリスニング力をつけなくては相手が何を言っているのかわからず会話が成り立ちません。そして、リスニング力をつけるためには「耳の黄金期」とされる0~3歳までに「英語耳」にするのが効果的です!そこで、英語耳の効果的な作り方などを紹介します。

英語耳って何?

英語耳とは英語を聞き取れる力のことです。日本人はリスニング力が弱い傾向にあります。日本の英語教育は文法に力を入れているため文法を理解できたとしても、実際、英語を耳にした時に何を話しているのかわからないという事になってしまうのです。

英語の発音にはとても聞き取りにくいものもありますし、音と音の繋がりで発音が変わってくるものもあります。そういったものを、きちんと聞く(聞き分ける)ことが出来るためには英語耳にしないといけません。

英語耳を作るための効果的な方法

「耳の黄金期」と言われている0歳~3歳の時期に英語をたくさん聞かせることで、英語の発音を正確に聞き取る能力をつける事ができます。

日本語、英語などそれぞれには決まった周波数があります。その周波数を聞き取るために、英語なら「英語耳」を育てる必要があるのです。そして、その周波数を聞き取れる「耳」は3歳までにほぼ完成されてしまうので、英語耳にするのならこの時期に始めるのが効果的と言えます。

英会話教室に通う、英語のDVDやCDなどを使って英会話を聞くなど、日常の中に英語を取り入れ、毎日英語を聞く環境にすることが大切です。

英語のシャワー

英語耳にするには環境がとても大事です。例えば、日本人の3歳の子供が日本語を理解しペラペラに話せるのは、毎日、日本語を聞いてきたからです。それと同じように英語をきちんと理解し話せるようにするには、毎日、英語を聞かせることです。

年齢が小さいほうが先入観もなく素直に吸収する力も備わっています。その時期に英語のシャワーをたくさんかけてあげましょう!

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!