誘発分娩の費用はいくらくらい?陣痛促進剤やバルーンは保険適用される?計画分娩での入院の流れ

誘発分娩の可能性が出てくる予定日超過などの出産について不安に思う妊婦さんもいるかも知れません。バルーンや陣痛促進剤の費用はどのくらいなのでしょうか。また保険適用になるのでしょうか。計画分娩の場合には入院する日によって休日加算などの費用も気にしたいところです。誘発分娩費用についてまとめました。

誘発分娩の費用はどのくらい?

誘発分娩での出産となる場合、普通分娩で支払う費用にプラスでかかりますので事前に病院に確認するようにしましょう。陣痛促進剤を投与する量にもよりますし、出産前後の入院が伸びればその分費用がかかってしまいます。

陣痛促進剤が1本だけなら数千円で済みますが、ほとんどの場合万単位でのお金がかかります。誘発分娩だった方たちの声によると3万円~20万円普通分娩に上乗せされることになるようです。

陣痛促進剤やバルーンは保険適用となる?

お金

陣痛促進剤やバルーンは陣痛を促すためのものですので保険適用とはなりません。出産は病気ではないので保険適用とならないのと同じです。

母体や胎児に危険があるとして使用されると保険適用となる場合もありますが、基本的にはならない考えるのが良いでしょう。

また公的な健康保険では適用となりませんが、民間の医療保険などで対象になる事もあります。もし産婦本人が契約者として医療保険に加入しているなら契約を確認してみましょう。

誘発分娩の流れは?計画分娩で入院の場合

予定日を過ぎた場合の出産までの流れは以下のようになります。

  1. 入院をする日を決める
  2. 入院して陣痛促進剤を投与する
  3. 効果がでない場合はバルーンを挿入し、子宮口を開く

出産する日、入院する日を決めるにあたって注意したいポイントがあります。誘発分娩で使用する陣痛促進剤やバルーンだけでなく、日程によっては休日料金がかかってしまう可能性があります。

できるだけ週の初めの方の入院とすると日数が伸びても休日にかかる可能性が少なくなります。また深夜や早朝に出産となるとその分の料金も加算されます。

もちろん赤ちゃんのタイミングで出産が深夜になってしまう事もありますが、せっかくの計画分娩ですのでなるべく日中のお産となるように医師と話をしてみましょう。

計画分娩の場合は費用の試算を早めにしよう

夫婦 話す

予定日超過の場合だけでなく誘発分娩となるケースは珍しくありません。微弱陣痛や前期破水の時にも助けてくれるのが陣痛促進剤やバルーンです。費用に関して気になる部分がある場合は事前に病院に確認してみるのが良いでしょう。

投薬後は陣痛が急激に進むこともあるので痛みが強かったという感想も多いですが、怖いものではありません。元気な赤ちゃんの姿を見てしまえばすぐに忘れてしまいます。

また状況によっては緊急帝王切開などに切り替わる場合もあります。出産は何があるか分かりません。万が一に備えて医療保険に加入しておくのも1つの方法です。

「誘発分娩」「費用」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!