共働きの子育て術

近年では共稼ぎのご夫婦が増えてきてますね。共稼ぎになると経済力は二馬力になりますが、家事・育児が大変…という声も。そんな共稼ぎの家庭のご夫婦がどのように子どものお世話をして、家事分担はどのように行っているのかをまとめてみました。是非現在共稼ぎのご家庭の方はご自身のお家とどう違うか比較してみてください。

共働き、どうする?家事&育児!

現在の日本国内の共稼ぎ世帯の割合は、2012年総務省労働力調査によると、59%と半数以上にものぼっています。ご近所やお友達など身近なところでも専業主婦の割合は少なくなってきていると感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

その中で、問題になるのが、家事や育児です。パパもママも働いている場合、子供の世話やおうちの中の仕事などがおろそかになってしまいがちですよね。では、具体的に、どんなところが大変なのでしょうか?見ていきたいと思います。

ワーキングマザーの悩みを軽減する支援制度を紹介!働くママに子育て、仕事、家事のバランスを

関連記事:

ワーキングマザーの悩みを軽減する支援制度を紹介!働くママに子育て、仕事、…

専業主婦が多かった過去とは違い、今は育児をしながら働くママが大半とも言…

妻の負担が重過ぎる!

仕事に出ていても、家事・子育てでやることはいっぱい。掃除・洗濯・料理といった家事や、子供の送り迎え・お世話といった育児など、たくさんの仕事がついつい奥さんの負担になってしまいがちのようです。

女は家事、男は仕事、という昔からの考え方もまだまだ根強くありますが、共働きの場合は、できる範囲で男性も育児や家事に協力し、片方にばかり負担がいかないようにしたいものです。

ワーキングマザーの家事負担!ワーママ時短グッズ・時短サービス

関連記事:

ワーキングマザーの家事負担!ワーママ時短グッズ・時短サービス

ワーキングマザーは、フルタイムで仕事をし、家に帰れば育児・家事にと時間…

子供と触れ合う時間が少ない!

子供を保育園や幼稚園に送ったあとに、自分は仕事へ…帰りに子供をお迎えに行って帰ったあとは、食事の支度などの家事が待っていて…。と、時間に追われてしまうため、子供と一緒に遊んだり、面倒を見てあげたりといった子供と触れ合う時間がなくなってしまう、というのも大きな悩みの一つと言えそうです。

家の中の仕事を分担して時間を作るのも一つの手ですが、短い時間でも子供を抱きしめ、お話を聞いてあげるだけでも、子供にはちゃんと愛情が伝わるので大丈夫。その貴重な時間を大切にしたいですね。

育児のストレス!働くママのストレス解消法

関連記事:

育児のストレス!働くママのストレス解消法

働くお母さんのストレスは計り知れないです。分刻みで行動してるようなもの…

もっと家族みんなでいられる時間が欲しい!

共働き夫婦は子供との時間が減ることはもちろん、旦那様との時間だってなくなってしまいます。家族でおでかけとまではいかなくてもおうちでゆっくりしたい。でも休みが合わない。このままでは子供が寂しい思いをしているのでは?と心配になってしまう上に、ママも寂しいですよね。

家族でこの時間は一緒にいれるようにしよう、と決めておくのもひとつの手ですね。例えばみんなで早起きをして朝ごはんは一緒に食べて話をするなど。夜だと子供のお世話で忙しかったり、旦那さんが残業したとき子供を起こしておくわけにもいかないので、朝はオススメです。

共働きの子育て術~ポイント3選!

世間の共稼ぎのご夫婦がどのような生活をしているか、3つのご家庭を例に、そこから子育てのポイントを見ていきたいと思います。

POINT1~役割分担する!

1歳4ヵ月お子様がいらっしゃるご家庭のタイムテーブルです。パパは、朝は比較的遅いそうですが、帰りが遅く22時だそう。22時をこえることも多々。

1日のタイムスケジュールは
6:45  私起床 朝食の準備。
7:00  主人起床 子供を起こしてもらう。
7:15  朝食 食事が終わり次第、子供の着替え。主人は洗い物と布団たたみ。
8:15  出勤 みんなで自転車で出ます。主人は駅へ、私は保育園によってから仕事へ。
5:30  お迎え
6:00  帰宅
6:45  夕食 子供と一緒に私も食べちゃいます。
7:45  お風呂
9:00  寝かしつけ 布団に入る前に洗濯スタート。
出典: oshiete.goo.ne.jp

このご家庭では、パパが、子供を起こしたり、洗物や布団たたみなど、家事を負担してくれていますね。

共働きでは、ママの負担が多くなりがちなものです。そこで、パパもできる範囲内で仕事を分担することで、どちらかに負担が多くなることなくスムーズに事が進み、家庭円満に繋がっていくようになります。

POINT2~夫婦がお互い感謝の気持ちを忘れずに☆

1歳半と3歳半のお子様がいらっしゃるご家庭のタイムテーブル。ここでは、パパの帰りが早く、ママが残業で遅く帰ってくるバージョンだそうです。

5:00 私起床。4人分の朝食と自分のお弁当を作成。
5:30 主人と子供起床。子供はゴロゴロ。主人は洗面した後、毎日配達してもらっている夕食の食材で夕飯を作成し始めます。
5:45 私が自分も食べつつ子2人にご飯を食べさせます。
6:00 夕食の支度が終わり、主人が朝食に加わります。
6:30 みんな食べ終わり、子供の支度と食事の後片付けを分担してやります。その後主人と私がそれぞれの身支度をして…
7:00 みんなで出勤。主人が出勤時間が遅い(8:30までに45分の出勤時間の場所へ行きます)ので、朝は主人に車で送ってもらってます。私は原付で7:30職場到着を目指して行きます。

18:00 主人が子供を連れて帰宅。夜干していた洗濯物を畳みます。その間、子供はお気に入りのDVDに釘付けです。ほぼ毎日みせてますが30分やそこらなので気にしてません。たまに1歳が「お腹減ったよ~」とごねる時は堅焼きおせんべいで時間稼ぎします。
18:30 その後夕食を温めて盛り付けます。
19:00 食事です。自分も食べつつ、1歳に食べさせつつ。でもゆっくり食べる暇がないので、子供が寝てから間食するって言ってました。
19:30 片付けと明日のご飯の仕込みと翌日の保育園の準備をします。
20:00 お風呂。上がったらすぐに残り湯で洗濯開始。
20:30 子供を寝かしつける
21:00 子が寝る。洗濯物を干す。
21:30 自分の時間。大体ゲームしてます。
22:00 疲れてたら寝ます。
22:30 疲れてなかったらこの時間に寝ます。
出典: oshiete.goo.ne.jp

こちらのご家庭では、パパが家事をしっかりしてくれていて、朝に夕飯の支度、朝ごはんの後片付け、夕方洗濯物の取り込みと整頓をしてくれているようですね。育児も、朝の子どもの支度から子どもの送り迎え、夕飯を食べさせたりとすごく協力的なパパだと思います。

ママは残業で大変だけど、起きたら必ず言うそうです。「ごめんね、ありがとう。」この言葉がこのご家庭の家庭円満の秘訣ですね。どちらも大変でどちらも辛い。そんな時でもこの言葉で気持ちが優しくなれます。共働きでどんなに忙しくても、お互い感謝の気持ちを忘れずにいきましょう。

POINT3~料理は休みの日に作り置き&したごしらえを!

こちらのご家庭は、お子様の月齢を定めず、過去を振り返ってのタイムテーブル。

6時15分起床
7時30分家を出る
7時40分保育園着
(通勤時間は40分)
8時40分始業
17時半終業
(買い物20~30分程度は可能)
延長保育ありで19時までにお迎え完了
19時位帰宅
19時半ぐらい夕食
20時半ぐらいお風呂
21時半就寝、ねかしつけて一緒に寝てしまうこともしばしば
22時~24時夫帰宅で起こされる
24時~25時就寝
出典: oshiete.goo.ne.jp

こちらのご家庭では、帰宅してから30分で夕食の時間と、比較的早く夕飯を始めることができています。それには秘密が。

こちらのママは、食事はできるだけ、土日に作りためをしたり、素材のしたごしらえをしたものを冷凍したりと、工夫をしているのです。その分、家事での負担が軽減されて心にゆとりがあったように思います。冷凍技などをうまく利用して、賢くゆとりの時間を作りましょう!

時には周囲の助けも借りて☆

どの家庭もそうですが、夫婦になれば、自分たちのおかれた環境の中でできることを互いに協力し合うことが大切です。お互い仕事に行っているなら拘束時間も決まっていますし、男だから、女だからと言わず、互いに助け合い、感謝の気持ちを伝えることも重要です。

また、どうしても辛くなったり、無理になってしまった時は、抱え込んでしまうのではなく、周囲の助けを借りるようにしましょう。おじいちゃん、おばあちゃんに子供を見てもらったり、保育園の一時保育に預けたりするのも一つの手です。色々工夫して、円満な家庭を築いていきましょう。

「共働き」「子育て」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!