産み分けをしてくれる病院(九州編)

生まれてくる赤ちゃんの性別を自分で選ぶことができたらいいなと思ったことはありませんか?赤ちゃんが男の子か女の子かどうかは誰しも気になる所。「どうしても男の子が欲しい!」「どうしても女の子が欲しい!」という方のために、今回は産み分けとは何か、また九州圏内で産み分け指導をしてくれる病院をご紹介します。

「産み分け」とは?

赤ちゃんの性別は精子と卵子が受精した瞬間に決まります。どちらの性別が生まれるかどうかは、性別を決める遺伝子が組み込まれている精子の中の23組目の染色体がポイント。この染色体には、女性になる染色体と男性になる染色体の2種類があり、卵子がこのどちらの染色体と受精したどうかで、赤ちゃんの性別は決まるようにできています。

この染色体の働きを上手く利用して行うのが産み分けです。産婦人科で産み分けの指導をきちんと受け、実践することで男の子か女の子かどちらかになる確率を高くしてくれます。現在、日本においては排卵日に基づいたタイミング指導、膣内を酸性もしくはアルカリ性にするゼリー処方が産み分けの方法として行われています。

九州圏内の産み分け指導をしてくれる病院

ここでは九州圏内で産み分けを指導してくれる病院を5つご紹介したいと思います。産み分けをしたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ガーデンヒルズウィメンズクリニック(福岡県福岡市)

男女生み分け外来が設けられている病院です。ガーデンヒルズという病院の名前の通り、敷地内には彩り鮮やかな草花があって、診察の合間に癒されそうですね。24時間ネットでいつでも予約ができるのも魅力的。

ガーデンヒルズウィメンズクリニック

山崎医院(長崎県島原市)

開業して70年という歴史ある病院です。女医さんもいるので安心。ネットでも診察の予約ができるのが忙しい時には助かりますね。妊活クラスや赤ちゃんと子供と一緒にできるヨガ教室など、診察以外も充実しています。

山崎医院

清田産婦人科医院(熊本県熊本市)

診察の時に撮影したお腹の赤ちゃんのエコー動画を配信するエコー専用動画配信システム「Angel Memory」が利用できます。これにより、お腹の赤ちゃんの動画をスマートフォンや携帯電話、パソコン、タブレット端末で見ることができます。また、パソコンに動画のデータをダウンロードして保存も可能。ご家族やご友人もエコー動画を見ることもできます。お腹の赤ちゃんの動画が家でも見れるなんていいですね。

清田産婦人科医院

大分東部病院(大分県大分市)

女医さん、助産師さん、看護師さんとすべて女性のスタッフです。妊婦健診を助産師さんが行う「助産師外来」となっています。こちらの病院では、お医者さんと連携して助産師が主体となって妊婦さんの健康管理を行っています。病院がまるで第二の実家と呼べるようにと、アットホームな雰囲気なのが安心できそうですね。

大分東部病院

上片平産婦人科内科

内科を併設しているので、万が一妊婦さんが風邪をひいた場合は診てもらうことができます。産婦人科と内科は感染症を防ぐために待合室が別々なので安心です。お子様連れの方のためにキッズコーナがあるのも嬉しいですね。

上片平産婦人科内科

確率を高めてくれる産み分け

産み分けを病院で指導してもらえれば、100%自分が望む性別の赤ちゃんが生まれるわけでは決してありません。あくまで、可能性を高めてくれるのが産み分け指導です。

たとえ、望んでいた性別の子が生まれなかったとしても、生まれてきた赤ちゃんは可愛いもの。自分で産み分けに関してできることは試すだけ試してみて、あとは結果を楽しく待つくらいのゆったりとした気持ちでいるのがいいかもしれませんね。

「産み分け」「病院」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧