159_ママの経験・体験を活かせる!カンタンなコラム作成のお仕事!

いわゆる「高齢出産」と言われる「高齢」、現在は35歳と言われていますね。 しかし数多くの芸能人などが35歳以上、40歳以上などでも出産されています。 はたして高齢出産は本当に大変なのでしょうか? なぜ高齢出産は大変なのでしょうか。

【画像】
http://josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2012/09/file4031306949943.jpg

高齢出産をした私自身の体験談

私は2人目を35歳で出産しました。
1人目となんら変わりなく妊娠生活を送っていました。そしていざ出産し、自宅に戻り、1人目の時よりは子育ての手順がわかっているからか、産後1週間ほどで普通の生活に戻し、食事も自分で作り…。それはそれは1人目の時よりも動いていました。
ところが、2週間ほど経ってからでしょうか。やたらと疲れている自分に気が付きます。
産後の疲れがどっと出てきたようでした。そして3日間ほど寝込んでしまいました。
高齢出産であればあるほど、無理はしないことが大切だと感じたのでした。

高齢出産を考えているみなさんへ

【画像】
http://kawakamisatosi-baby.up.n.seesaa.net/kawakamisatosi-baby/image/kodakara-thumbnail2.jpg%3Fd%3Da1

これから高齢出産を考えているかたにお伝えしたいことは、とにかく無理をしないこと。
自分が思っている以上に体力は衰えており、急な疲れを感じたり、疲れもすぐには取れなくなります。

特に2人目、3人目で高齢出産というかたは、育児に少し慣れてきて、1人目よりは手際よく動けるでしょう。
だからといって、産後すぐに家事や育児をしようとしたり、休息を取らなかったりすると、後から影響を及ぼしかねません。

ぜひご自分をいたわって、かわいい赤ちゃんと接してあげてください♪

まとめ

高齢出産とはいっても、自分のからだとしっかりと向き合い、いたわってあげれば、十分できると思います。
睡眠もできるだけしっかりと取って、かわいい赤ちゃんを育てられる環境を作ってあげたいものですね。

【参考文献】
体験談のためURLなし

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!