赤ちゃんに英語は有効?そのメリットは?

近年、子どもに早くからさせい習い事の1位は英語。グローバル化する世の中で英語は必要科目になりつつあり、子どもをバイリンガルに育てたいと思うママも多いのではないでしょうか?「英語を学ぶのは早いに越したことはない」とも言いますが、赤ちゃんの頃から英語を聞くとどんなメリットがあるのでしょうか?

赤ちゃんに英語?効果はあるの?

「英語を聞かせるのは早いに越したことない」などとよく言われますが、これは本当のようです。生まれつき言葉を学習する能力を持って生まれてくる赤ちゃんは世界中の言語を学ぶチカラを持っているのです。

すごい!赤ちゃんの脳はスポンジ

赤ちゃんは生まれつき言葉が話せるのではなく、成長の過程で言葉を習得していきます。赤ちゃんは、生れてから日々耳にした音を吸収し、音が聞き分けられるようになるので、生まれたばかりの赤ちゃんには日本語も英語もフランス語も聞き取れる力があるのです。

また、何もしないでも日本人なら自然と日本語を習得するように、小さいころから英語を毎日の生活の中で聞いていれば、英語も日本語を習得するように、自然と身につけていくことができるのです。

赤ちゃんの脳は、スポンジのように、聞いた音をそのままとらえ、聞いた言葉をぐんぐん吸収する能力を持っているのです。

英語を聞くメリット

赤ちゃんの時から英語を聞かせると、メリットがたくさんあります。

聞いた音をそのまま吸収

生れてから2、3歳までの幼児期は、言葉に関する関心がぐんと伸びるときです。まだ日本語や英語の区別なく、耳にした音をそのままとらえることができる年齢なので、英語特有の音やリズム感を聞いたまま取り入れることができます。

日本語の音を完全に学び終わった後に英語の音を耳にすると、聞いた音を日本語の音に置き換えて覚えようとします。Appleという英単語を聞いたときに、「アップル」や「アッポー」と日本語にある近い音として単語を認識するのです。

英語に全く触れずに育った赤ちゃんは、1歳までですでに英語のLとRの区別ができなくなるという実験結果もあります。日本語、英語の区別なく、自然に音を取り入れることができる時期なら、赤ちゃんは自然とその音を取り入れることができるのです。

生活の中で自然と学べる

生活の中で言葉を自然に学んでいく赤ちゃんの時期は、英語も自然と身につけることができる時期です。赤ちゃんがママとのかかわりの中で、自然と「おいしい」や「かわいい」という言葉を身につけるのと同じように、日常の生活に「yummy」や「cute」という言葉に触れる機会があれば、これらの言葉を自然と身につけることができるのです。

大きくなってから、勉強として英語を“覚える”時にはかなりの努力が必要ですが、小さい時に自然と英語を“身につける”のは断然ラクなのです。また、生活の中で自然と身につけた言葉は、勉強して覚えた言葉よりも、長い間頭の中に残るとも言われています。

英語へ興味を持つ機会になる

早いうちから英語に慣れ親しむことで、英語への関心が高まり、英語への興味を持つ機会になります。小さい頃から英語は楽しい、英語は面白いといういいイメージを持っていると、本格的に英語を学ぶ時にも前向きに取り組むことができます。

小さいころから英語をやってました!

小さい頃から英語に触れて身につけた英語はモノになる!小さいころから英語に触れ、世界で活躍する著名人には、こんな方々がいます。

プロゴルファー 宮里藍

英語でさらりとインタビューをこなすプロゴルファーの宮里藍さん。幼少期から海外のアニメなどを見たりして英語に触れあってきたそうです。

高校生でプロゴルファーとなり、2006年からはアメリカにも進出。海外でツアーに出たり、海外の選手とかかわる時間が比較的多かったので、英語は自然とコミュニケーションツールになっていたそうです。

海外でのインタビューなどを見ると、英語がうまいのはもちろんですが、英語で話すことにとても慣れているのが見受けられます。

インター育ち 関根麻里

英語が話せてかっこいいと思う女性芸能人No.1に選ばれた関根麻里さん。小さなころからお母さんが英語で話しかけ、幼稚園からはずっとインターナショナルスクールで学びました。

大学もアメリカに進学し、正真正銘の英語がうまい芸能人です。日本語と英語だけではなくスペイン語も話すトリリンガルです。

テニスプレーヤー 錦織圭

全米オープンの準優勝で世間をわかせたテニスプレーヤー錦織圭さん。その時のインタビューがとても流暢な英語でのインタビューで、本当に英語が上手な様子が伝わりました。

13歳からはアメリカにテニス留学し、英語漬けの生活だったようです。錦織選手の英語力は、スピーキング力がすごいのに加え、リスニング力がとてもすごいこと。

聞かれたことにピンポイントで適格に答え、「you know」などフレーズが自然と出てくるのが、ネイティブ並みの英語力だと言われています。

早いに越したことはない!

赤ちゃんが自然と音や言葉を身につける時期に、日本語と触れ合う感覚で英語にも触れあうことができたら、英語も自然と身につけることができます。赤ちゃんの脳は世界中の言語を学べる力を持って生まれてきます!幼少期に英語に触れあうことができたら、赤ちゃんの将来は、英語で活躍する著名人のように、流暢なバイリンガルかも知れませんよ!

「赤ちゃん」「英語」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!