シングルマザーの仕事ってどういうのがいいの?体験談☆

シングルマザーってなにかと大変ですよね。まずとにかく考えなくてはいけないのが「仕事」をどうするかってことですよね。愛する我が子と仲睦まじく暮らしていくためにはどうしても不可欠です。がんばるシングルマザーを応援してくれる職場はたくさんあります。育児と両立できるような仕事を体験談とともにまとめてみました。

シングルマザーにおすすめの仕事

シングルマザーの方がまず悩むのは「育児と仕事」の両立ですよね?仕事に必死になってしまえば子どもが寂しい思いをしてしまうことも・・。そんな風にならないように育児の時間も取れるお仕事を集めてみました。

飲食店

飲食店はなにかと時間の融通がきくのがポイントです。

体験談

普段の仕事は私は飲食店でパート勤務と夜は家でネット内職などして生活しています。なぜ飲食店を選んでいるのかというと、土日には学生アルバイトさんがシフトに入ってくれるので主婦パートは土日、祝日は休んでもいいという雰囲気が何となくできているので、学校行事など参加できることでありがたいと思って働いています。 出典: shinmama.jpn.org

運動会などの学校行事は日曜日が多いので日曜日が休めるのはありがたいことですね。

コールセンター、テレマーケティング

時給も良く、時間の融通がきくところが多いようです。

体験談

子どもを完全にサポートしてくれる場があれば安心ですが、やはり子供の急な病気や行事にお休みすることもあります。コールセンターやテレマーケティングのお仕事はそうした面では融通がききやすい職種ではないかと思います。コールセンターの良いところは残業が少なく、企業によっては土日や祝日のお休みも選びやすいところです。 出典: shinmama.jpn.org

残業がないとお子さんのお迎えなど時間を守ることができていいですね。

ヤクルトレディ

企業が働くママを応援してくれています。時間の都合もききやすく、保育所も完備されているのが魅力的です。

体験談

私がおすすめするシングルマザー家庭に最高の仕事場は、ヤクルトレディです。時給としては高くありませんでしたが、研修費も支給され、「保育所も完備」との事。

ヤクルトレディは基本的には働くママさんを応援する方針らしく、急に子供の容態が悪くなっても、早退(他のママさん達がカバーする)も可能で、みんなも子供がいて分かってくれるので、嫌な顔もされず、保育所にいる先生も肝っ玉母さんのような存在で、話を聞くともともとヤクルトレディで自分が助けられた人がボランティア感覚で
子供の面倒を見てくれるのです。 出典: shinmama.jpn.org

職場が育児に理解があるととても助かりますね!助け合う心はとてもあたたかそうです。

医療事務

時給もよく、時間の都合がつきやすいです。資格が必要になりますがシングルマザーの資格取得には補助制度等ありますのでまずは調べることをおすすめします。

体験談

おすすめのお仕事は「医療事務」です。小さい子どもがいてもバリバリ働けて融通もきくと思ったのは医療事務ですね。

大きめの総合病院などでしたら、土日祝や連休はお休みだし定時には帰れる。小さめのクリニックでも、当番病院などは交代制でシフトが組める。 出典: www.keiziban-jp.com

病院は時間がきっちりと決まっているのでお子さんのお迎えや行事などとても予定が立てやすいですね。

パチンコ店

若い子が多い、というイメージですが今は働くママさんが多いようです。時給もよく、時間の融通もききます。

体験談

私の知人もシングルマザーですがパチンコ店で働いています。パチンコ店で仕事する子って結構多いみたいですよ。

時給も高めで、残業もほとんどないので時間通りに退勤できるのでお子さんのお迎えも安心してできます。
また、子育てしながら働いている主婦の方が多いので急なお休みの時も理解がいただけることが多いです 出典: www.keiziban-jp.com

育児に理解ある職場はとてもありがたいですよね。お金のことだけでなく、働いていて楽しい職場がいいですよね。

負けないで!

働く

シングルマザーというだけで心ない言葉を言われたり、「父親がいないから」とか白い目で見られることも多々あることかと思います。でもそんな人たちばかりではありません!純粋に応援してくれる人もたくさんいるんです!

がんばるママの背中を見てきっとお子さんは素晴らしく育ってくれることでしょう。ママが元気なことが一番です。毎日を生き生きと過ごしてくださいね。

「シングルマザー」「仕事」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!