低血糖症は、正常成熟新生児に多い!?その理由について

新生児が低血糖症を起こす原因は高インシュリン血症・血中ブドウ糖の大量消費・肝グリコーゲン分解の阻害・初期嘔吐や完全母乳による低栄養・低体温などがあげられます。そしてこの低血糖症、正常成熟新生児に多い事も知っていますか?正常成熟新生児だと症状が出ない低血糖症が血糖検査をしないために見逃されてる可能性が多いのです。

新生児の低血糖症とは?

低血糖症、聞いた事はある言葉かと思いますが詳しいこととなると難しい言葉が並べられていていまいちよくわからなかったり…ということがあると思います。

低血糖症とは糖尿病とは関係なく膵臓のインスリン分泌に異常をきたし、けいれんや無呼吸、低体温などの症状が見られることです。

新生児が低血糖症を起こす原因

糖分補給

生まれて間もない赤ちゃんは、元々血糖値が低いということもあって、泣いたりすることですぐに体内のブドウ糖を消費して低血糖を起こしやすくなります。

ほとんどがミルクなどを摂取することによってすぐに戻るのですが、原因によっては治療をしなくてはいけないというものもあります。

低血糖症の原因

  • 高インシュリン血症
  • 血中ブドウ糖の大量消費
  • 肝グリコーゲン分解の阻害
  • 初期嘔吐、完全母乳による低栄養
  • 低体温

完全母乳だとなぜ低栄養に?

母乳育児低血糖症

低血糖症の原因にあげられている完全母乳ですが、なぜ?と思われる方が多いかと思います。

出産後すぐだと十分な母乳が出ないことが多いため、気がつかずに低栄養にさせてしまう恐れがあるからです。その後も十分な母乳分泌があるのなら完全母乳は利点が多いのですが、不十分な母乳分泌に気がつかずそのままにしてしまうことにより栄養不足による低血糖症を引き起こす恐れがあると考えられます。

正常成熟新生児に低血糖症が多いって本当?

基本的に新生児の血糖検査は、集中治療室などに入るような場合でない限りされません。痙攣などの症状が出ればよいのですが、低血糖症でも症状が全くでない場合もあります。なので、正常成熟新生児だと低血糖症が見逃されてしまっている場合が多くあるためにそういわれています。

新生児低血糖症の体験談

新生児低血糖症

完全母乳で育てる方は、母乳が十分に出ているのか、赤ちゃんがきちんと飲んでいるかの判断が難しいと思います。ですが、きちんと確認しないと赤ちゃんが低血糖症を起こしかねないので、十分気をつけなくてはならないのです。

出産後の病院で

4000g越えていても

赤ちゃんにもある低血糖症

息子は助産院にて奇跡にも安産で生まれましたが、4500gありました。

生後3日目に低血糖によるチアノーゼに陥り、病院へ緊急搬送され、BWSと診断をされました。NICUを経てGCUへ移り、生後1ヶ月の現在も低血糖への対症療法としてブドウ糖点滴をメインに行っており、血糖濃度モニタリングのため入院中です。 出典: 8310.teacup.com

新生児の低血糖症は出産すぐに起こることが多いようです、4500gもあったら安心かと思うと低血糖になってしまったりもあるので、やはり気をつけながら母乳やミルクを上げることが大切だと感じました。

低血糖症から…

完全母乳にこだわったことに後悔しています。子供は自閉症です。

低血糖の知識と、赤ちゃんはお弁当を持って生まれてい来るから3日間は大丈夫、という非科学的な迷信を広めることを医師や助産師にやめていただきたいです。 出典: akihaha.blog17.fc2.com

低血糖症が原因で自閉症を引き起こすというお話もあるようですが、因果関係はまだ認められていません。ただ「デパゲン」という薬の投薬によって低血糖症や自閉症が引き起こされるという副作用が報告されているので、それが低血糖症が原因で自閉症を引き起こす…という話になっているのでは…と思います。

正常成熟新生児、完全母乳…その言葉に信頼しきってはいけないです

ママと赤ちゃん

どちらの言葉も言われると安心し、いいものだと感じるでしょう。

ですがその言葉を過信して、正常成熟新生児だから大丈夫、完全母乳…病院も推進してるし助産婦さんも「赤ちゃんは3日分のお弁当を持って生まれるから最初は母乳が出づらくても大丈夫」って言われたから大丈夫でしょ…なんて思っていたら低血糖症を起こしていた、そういった事例も少なくないです。

言われたから大丈夫ではなく、赤ちゃんの観察をしっかりしてその都度対応していくことが大切です。

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!