私立幼稚園入園!自由学園幼児生活団幼稚園

幼稚園選びは、園の特色が自分の子どもや生活スタイルに合っているかが気になり、様々な情報が欲しいと思います。情報集めは、費用や制服、環境の他に、どのような教育に力を入れているのかなど沢山あって大変ですよね。今回は特色のある教育方針をもった私立学園の幼稚園、自由学園幼児生活団幼稚園をご紹介いたします。

自由学園幼児生活団幼稚園について

婦人之友という雑誌を創った、羽仁もと子さんによって創立された私立学園の幼稚園です。平成18年度まで週に1日の集合日に登園する通信グループの幼児生活団でしたが、いまは週5日通う幼稚園になりました。「生活即教育」を基本理念にして、自分のことは自分できるようになる事や、お友達と幼いなりに協力し頑張る事を特色にした教育を目指しています。

基本情報

自由学園幼児生活団幼稚園の基本情報をご紹介します。

所在

  • 住所:東京都東久留米市学園町 1-11-17
  • 電話:042-422-3118
  • アクセス:西武池袋線「ひばりが丘」徒歩10分

入園募集について

一次募集についてご紹介します。

  • 願書配布:10中旬
  • 願書受付:11月
  • 入園選考:11月
  • 考査料:6,000円
  • 募集人数:年少(4才組)35名 年中(5才組)10名 年長(6才組)若干名

※上記の情報は変動することがありますので、詳しい情報はお問い合わせください。

入園費用

入園料:100,000円
保育料などの月謝は下記の料金です

  • 年少(4才組) 39,230円
  • 年中(5才組) 41,730円
  • 年長(6才組) 41,930円

保育時間外に預かり保育をしています。
8:00~9:00/保育時間終了後~18:00
費用:30分につき130円 月極10,000円

学園発展のために協力する後援団体の会費があります。
会費:1口3,000円(年額) 申し込み口数は任意。

制服

制服はなく私服になります。

自由学園幼児生活団幼稚園HP

自由学園幼児生活団幼稚園おすすめポイント☆3選

自由学園幼児生活団幼稚園の特色は?おすすめポイントを3つご紹介いたします。

幼児期から生活する事をしっかり身に着ける

自分のことは自分ですることを目標にしており、生活の基本を幼児期からできるようにする生活講習があります。年少組の子は年中組の子から、うがいや服のボタンをかけ等をしっかり教えてもらいます。年少組で教わったことは、上のクラスになっても繰り返し頑張って行います。

ふんぱつこどもの日

「ふんぱつこどもの日」は、新しい気持ちで一生懸命がんばる日です。一週間に一回、学年ごとにあり、午前9時までに集合します。自分で出来ることは自分でするよう習慣を身に着けたり、美術や合奏など、友達と一緒に協力し合って精一杯がんばります!

給食は、お母さん達が当番で手作り

給食はお母さん達が交代制で当番になって、子ども達が育てた野菜などを使い、職員と一緒に作ります。これは他園と比べると珍しい給食の習慣ですね。パンの日は自由学園のパン工房で作った焼きたてのパン食べています。食器は子どもたちに安全で、本物の食器を使ってほしいと、オリジナルの陶製の食器を使っていますよ。

恵まれた自然のなかで生きる力を育む

恵まれた自然環境のなかで、基本的な生活習慣や自立すること学び、生きていく力を持つ人間になる、ということを重んじている幼稚園です。勉強をさせることを重視する幼稚園ではありませんが、基本的な生活習慣がついている子供の力は大きくなってから、きっと発揮されていくと思います。

自立心を持った豊かな子を育てる自由学園幼児生活団幼稚園の説明会や園庭開放に、ぜひ参加してみてください!

「私立」「幼稚園」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!