保育所と保育園の違いって?どこが違うの?

保育園や幼稚園で、子どもは親や家庭から離れて初めての集団生活を体験します。子ども達が長い時間を過ごす場所ですから、設備や待遇、子どもの過ごし方などにどんな違いがあるのか、親としては気になりますよね。さまざまな施設の中から、今回は「保育所」と「保育園」について、違いがあるのかどうかをご説明します。

保育所と保育園の違いって?

幼稚園と保育園の違いなら、監督官庁や法律などの差をよく耳にします。いっぽう、よく似た響きの「保育所」と「保育園」って、違いはどこにあるのでしょうか?

保育所とは?

保育所とは、児童福祉法という法律の中で定義されている、児童福祉施設のことです。

保護者が共働きだったり、病気だったり、病人の看護があったりして、乳幼児を日々保育することが難しい場合に、保護者の委託を受けて子どもを保育してくれます。

職員の配置基準や配置数、施設や面積の基準などが国によって定められており、対象児童は、0歳~小学校入学前までの乳幼児となっています。

保育園とは?

児童福祉法上「保育所」と定義されている児童福祉施設について、実際の施設の名称に関しては、特に制限がありません。

そこで、保育所のなかでも「○○保育園」や「●●保育所」など、施設が自由に選んだり、または地域ごとの区分に従ったりして、施設の名前が決められます。

要は、呼び名が異なるだけで、保育所と保育園は同じものなのです。

単なる“呼び名の違い”

保育所 保育園

実質的に、保育所と保育園の違いはないことがお分かりいただけたでしょうか。

名称が「保育所」でも「保育園」でも、変わらない基準に従って運営されていますので、一定のレベルをクリアしているという意味では安心して預けることが出来そうです。

地域によっては、認可保育所(園)になかなか入園できないという問題もありますが、認可外の施設もさまざまな工夫を凝らして運営しています。子どもの預け方や親の働き方によって、保育先をじっくりと検討されてはいかがでしょうか。

「保育所と保育園の違い」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!