学童保育の料金ってどのくらいかかるの?

保育園を卒園し小学校に入学するお子さんの保護者の皆様、おめでとうごいます☆小学校の入学準備とともに学童保育の入所準備です。小学校の入学準備にもかなりの費用がかかると思いますが、保護者が働いていて、学童保育を利用する場合にはそれにプラスして保育料がかかります。学童保育料金とその内訳について調べてみました☆

学童保育の料金について

学童保育で必要最低限かかる料金(基本料金)とオプションサービスを受けることによってかかるオプション料金があります。その内訳と、料金について調べてみました。

基本料金について

基本料金とは、学童保育の既定の時間内での保育にかかる料金です。既定の時間内にも、差異があります。平日 放課後~おおよそ18~19時が多いようです。

土曜日も既定の時間内としている施設もありますが、日曜・祝祭日は時間外オプションサービスとなるところが多いです。

料金設定については、民間学童か公営学童かによっても異なります。民間でも運営側がNPOか株式会社か地域の保護者かなどによってかなりの違いがあります。また、公営の場合も地域によって差異が大きいです。

全国学童保育連絡協議会の全国調査報告(2012年5月1日時点)によると基本料金の平均はおおよそ以下の通りです。

  • 公立学童 : 月額 6000円程度  (3,000円から7,000円程度)
  • 民間学童 : 月額 9000円程度  

全国学童保育連絡協議会HPはこちら☆

※ 公立学童保育では、地域によっては保護者の収入などの条件を満たせば、保育料の免除や減額が受けられる場合もあるようです。

※ 民間学童保育では、公立とほぼ同じところもあれば、基本料金の中に入会金(10000円~20000円)が加算されていたり、学習サービスなどサービスが基本に組み込まれていて月額基本料金が高額な施設(10000円~50000円程度)もあり、費用にはかなりの開きがあります。

オプション料金について

勉強

オプション料金とは、既定の時間内の保育以外のサービスを受ける場合に発生する料金です。

オプションサービスの代表的なものは、以下のようなものがあります。

  • おやつ代(月額 1000円~2000円程度)
  • 延長保育(規定時間以降や日曜・祝祭日の保育)
  • 学習指導
  • 食事
  • 送迎

おやつ代については、基本料金に含まれている施設もあるようです。

公立では延長保育を実施していない施設も多いようですが、実施している場合でも1時間程度のみのところが多いです。

料金については、施設ごとにかなりの差が大きくあります。このため、平均値としてだしてもあまり参考にならないと思うので例をあげてみます☆

学童保育Aのオプション料金

  • 延長保育  : 600円/30分
  • 昼食/夕食  : 600円/1食
  • 送迎      : 基本30分900円~ 送迎場所・時間に応じて見積もり

学童保育Bのオプション料金

  • 夜間保育料金 : 900円~/1時間 (18:30~21:00)
  • 食事        : 500円~600円/1食
  • 送迎       : 500円~/1回  片道2kmm以上:800円~1,000円
  • 入浴       : 300円~/1回

学童保育の料金

学童保育 料金

学童保育料金には、全国的に統一基準がないため地域差が大きいことがわかりました。

保護者の収入や勤務時間、ニーズによってサービスを選ぶ必要がありそうですね♪

地域によっては、一定の条件を満たせば保育料免除もしくは減額の制度があるようなので、各地域の窓口に確認いただくことをお勧めします☆

「学童保育」「料金」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!