初めてのファミリーキャンプを成功させる6つのコツ!

子供たちを自然の中で思いっきり遊ばせたい!よし、今年こそキャンプデビューしよう!そんなファミリーのために、初めてのキャンプを成功させるためのコツを6つ紹介します!小さい子供との初めてのキャンプに不安を感じる人もいると思いますが、一緒に楽しくキャンプできますよ!参考にしてみてくださいね。

キャンプ初心者でも、小さい子供とでも、キャンプに行ける!

春から秋はキャンプシーズン!今年こそキャンプデビューしたいと思っている家族も多いはず。でも小さい子供がいるからテントに泊まるのは不安…なんて思っていませんか?初めてのキャンプでもコツさえ抑えれば楽しめちゃいますよ~!こちらでは小さい子供とのキャンプデビューを成功させるコツを紹介します!

休みの日はファミリーでキャンプ場へ行こう!子連れでも楽しめる、口コミで人気のおすすめスポット5選

関連記事:

休みの日はファミリーでキャンプ場へ行こう!子連れでも楽しめる、口コミで人…

アウトドア好きのパパ&ママだけではなく、一度はやってみたい家族でのキャ…

コツ①自宅から2~3時間以内で行けるキャンプ場へ!

小さい子供との長時間ドライブ。チャイルドシートにずっと座らせているのは心配だし、子供はすぐに退屈してしまうもの。それに移動ばかりに時間がかかってキャンプ場で過ごす時間が短くなるなんて本末転倒。

キャンプデビューをスムーズに成功させるのには、家から近場のキャンプ場を選ぶことです。車での移動時間の目安は2~3時間ほど。赤ちゃんや幼児とのドライブは1、2時間ごとに休憩した方がいいと言われています。近場のキャンプ場なら安心ですね。

コツ②時期を考えましょう!

夏がキャンプの絶好シーズンと思いがちですが、夏場は気温がかなり高くなるので一日中外で過ごすキャンプはかなり辛いものがあります。

過ごしやすい気候の秋がまさにベストシーズン!春も過ごしやすいですが、まだまだ肌寒い日が多いの防寒対策はしっかりと。

夏に行くなら少し標高が高くて涼しく過ごせるキャンプ場を選ぶなど工夫するといいでしょう。冬キャンプはかなりの寒さになります。キャンプデビューで行くには控えたほうがいいでしょう。

コツ③高規格なキャンプ場を選びましょう!

高規格なキャンプ場というのは、施設やサービスなどがかなり充実しているキャンプ場のこと。とくに小さい子供とのキャンプには施設面は要チェック。下記の点を事前に調べておきましょう。

  • 洋式トイレがある!
  • 親子で入れるシャワー・風呂がある!
  • レンタル用品が充実している!

キャンプ場のトイレは和式のところも多いです。和式トイレの経験がない子供は戸惑ってしまいます。同じくシャワー室は1人分のスペースしかない場合もあるので要チェックですね。

忘れ物をしてもレンタル用品が充実していれば安心ですよ!

コツ④いつでも防寒対策はしっかりと!

キャンプデビューでテントに泊まった人からよく聞くのは「寒くて眠れなかった」という声。標高にもよりますがキャンプ場の夜はかなり冷え込みます。日中は暑いくらいだったのに、夜はガタガタ震えるくらいに冷え込む…なんてことも。

寒さから身を守るためにも防寒対策はしっかりすることが大切です。防寒用のアウターはもちろんのこと、シュラフやブランケットなどを多めに持っていきましょう。

コツ⑤恥ずかしがらずに助けを求める!

キャンプデビューではテントやタープの設営に戸惑う事が多々。道具の組み立て方や使い方が分からなくなったら、思い切って近くのキャンパーさん、またはキャンプ場の管理人さんにアドバイスをもらいましょう。

だれもが初めはキャンプ初心者。そんな気持ちを分かってくれるキャンパーさんや管理人さんはきっと親切にアドバイスをくれるはずです。

コツ⑥キャンプ場のコテージに泊まるのも手です!

テント泊に不安を感じている方は、まずはキャンプ場のコテージやキャビンなどの宿泊施設を利用してキャンプを楽しんでみることをおすすめします!宿泊施設を利用したって立派なキャンプですよ!

宿泊施設を利用すれば設営時間が省略できるので時間に余裕が生まれます。子供と一緒に自然に触れ合ったり遊んだり、楽しい時間が増えますよ!

無理は禁物!楽しいキャンプを♪

最初は誰もがキャンプ初心者。とくに赤ちゃんや幼児と一緒の初めてキャンプは不安に思う方も多いはず。最初はいろいろ戸惑う面もあるかもしれませんが何回かキャンプに行くうちに慣れてきて、さらなるキャンプの楽しみを見出すことができるはずです。

今回紹介したコツを参考に、楽しく安全なキャンプに挑戦してみて下さいね♪

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!