宇都宮動物園へ行こう!動物の飼育体験ができちゃうよ☆

栃木県の宇都宮動物園は独特の魅力を持つ動物園です。一番の魅力は動物に近いこと!キリンやゾウなどの大型草食動物にエサをあげること&触れることができる動物園はそんなにありません!また併設されている遊園地もレトロな雰囲気たっぷり!遊具は小さい子供でも乗れるものが多いので家族で楽しめますよ!今度の休日にいかがですか?

動物が至近距離に迫ってくる!楽しい動物園!

東北自動車道・宇都宮ICから車で5分、アクセス良好な宇都宮動物園。この動物園は1967年にオープンした歴史ある動物園で、県外からもお客さんがたくさん訪れています。

宇都宮動物園の魅力は、何といっても動物に近いということ。なんと草食動物のほとんどに、いつでも自由にエサをあげることができるのです!もちろんキリンやゾウなどの大型動物もOKなんですよ!

また併設されている遊園地が昭和の香り漂うレトロ感満載で、好きな人にはたまらない雰囲気になっています!

そんな魅力たっぷりの宇都宮動物園を、訪れた人の口コミともに紹介します!

宇都宮動物園公式サイト

宇都宮動物園の口コミ情報!

宇都宮動物園で楽しい体験をした方たちの口コミ情報を紹介します!

口コミ① 大型動物にエサをあげたり、触ったりできる!

この動物園の良さは、キリンやゾウ、シカやトナカイなどの大型草食動物に、100円で購入した餌(白菜やニンジン、リンゴ)を自由にいつでもあげられる事です。

小学生の娘達は、キリンに手をなめられて、ビックリすると同時に喜んでました。カバの餌やりも、飼育員さんが付き添いのもとで、できました。餌やりだけでなく、カバをなでることも出来ました。

ここまで自由に大型の草食動物に餌をあげられ、動物とふれあえる動物園は、少なくとも関東地方では他に無いと思います。ふれあい広場では、自由に好きなだけ、モルモットやウサギ、ヤギやヒツジにふれあえます。 出典: hesokurisuki.blog101.fc2.com

なんとキリンやゾウ、カバなど大型の動物にもエサをあげることができます!エサをあげながら触れることもできるそうですよ。小動物から大型動物まで、とにかく距離感が近くて触れ合うことができるのはすごいですね!なかなかできない貴重な体験です!

口コミ② 小さい子供と一緒に行くのにちょうどいい!

ポニーに乗ることができます。一周200円でした。三周で500円でした。一人で乗れるのか心配でしたが、おとなしい馬で3歳でも何事もなく乗ることができました。

子供連れで家族でもう一度来ても良いかなって思う程度によかったです。大きな動物園だと歩くのも疲れてしまうし、動物も距離感があって、テレビで見るのとそれほど変わらない。宇都宮動物園規模がよいと感じました。
出典: yaplog.jp

小さい子供と一緒の場合、大きすぎる動物園は園内の移動だけでも大変。子供もヘトヘトに疲れてしまいます。宇都宮動物園はちょうどいいサイズで、3歳くらいの子供も充分に楽しめそうですね♪

口コミ③ 小さい子供が楽しめる遊園地もある!

園の半分は遊園地になっています。これまたノスタルジックな古き良き遊園地でした。連れの希望で、このモノレールに乗ることに。1人200円。入口もいい感じに昭和の雰囲気です。

そして、さらにジェットコースターにも乗ることに。ライオンコースターだ!カメラは持って乗っても大丈夫だったので、走行中の動画を撮ってみました。1分強でループなどはなく、お子様も安心な感じでした。 出典: www.com-p.com

遊園地ゾーンにはジェットコースターのほか、高さ30mの観覧車、室内アスレチック、ゴーカート、ボート、メリーゴーランドなどの遊具があり、だいたい200~300円の料金で乗ることができます。大きい子供は物足りなさを感じるかもしれませんが、小さい子供なら十分楽しめますよ!

独特の雰囲気が魅力の宇都宮動物園へ行ってみよう!

動物への近さ、自由な雰囲気でエサやりができる、レトロな雰囲気の遊園地など宇都宮動物園はほかにはない独特な魅力を持っています。

園内の移動に苦労しない広さや、小さい子供も楽しめる試みや遊具は家族でのお出かけにぴったりですね♪

またサマーシーズンにはプールもオープン、毎月20日の「アニマルの日」にはイベント、週末には「わんわんショー」も開催されています。朝から夕方まで飼育員と一緒に動物のお世話ができる「チビッコ動物飼育体験」もオススメです!

今度の休日、家族皆さんでお出かけしてみてはいかがでしょうか?

ふれあい動物園(関東編)

関連記事:

ふれあい動物園(関東編)

赤ちゃんと動物の触れ合いって、実はとっても大事なんです。小さいうちから…

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!