キャロットのシューズ8選☆男女別にオススメします!!

「こどもの足はすぐ大きくなるし汚れるし、なんといっても靴を選ぶのが難しい…。」とお思いの方はいらっしゃいませんか??今回はこどもの足とママのお悩みにとことん向き合って作られた子ども靴ブランド、キャロットをご紹介します!可愛いだけではない機能性も抜群のキャロットの靴。1度試してみませんか^^?

こどもの足をとことん考えて作られたキャロットのシューズ☆

子どもが歩くようになって、外でも手を繋いで歩けるようになってくると嬉しさ倍増…♡しかしその反面、子どもの靴って選ぶのが難しいですよね(>_<)

ここでオススメするのがキャロットの靴☆子どもの足のことはもちろん、ママのことも考えて作られているんです!!

キャロットの魅力♡

キャロット商品に搭載されている基本の4つのおもいやり☆

  • かかとガッチリ:箱型構造のおかげで、歪みやすい子供の足をしっかり支えてくれます。
  • 洗えて清潔:いつでも清潔!
  • 指がのびのび:つま先にゆとりのある設計になっているので足の指を圧迫させず、のびのび動かすことができます。
  • 正しく曲がる:足の曲がり方と同じ位置で靴も曲がるように設計しているので、足に余計な負担をかけません。

キャロットのシリーズの中には、【インソールを入れ替えて長く履ける靴】や【あしゆbeゲンキシューズ】といって土踏まずの形成をサポートしてくれる靴、【サイズめやすゾーン】といってインソールにかかとの位置に足を乗せるだけで、足のサイズの目安がわかる靴などがあります。

そしてなんといっても【WagaMama(わがまま)シリーズ】!!「オシャレも機能もゆずれない!」というママと子どものわがままを叶えたという靴♡ぜひ試してみたいですね^^☆

詳細はこちら☆

おすすめキャロットシューズ☆

ここからは4種類のシューズを男の子、女の子の順にオススメしていきます^^☆

①[男の子]ベビーシューズ

白地にゴールドというカラーがカッコいいシューズ☆抗菌・防臭効果のある天然緑茶を原料とした“カテキン”がインソールに使われているのも魅力のひとつ!

商品価格:4,900円(税抜)

商品詳細・購入はこちらから☆

②[男の子]キッズシューズ

なんとこちらの靴、自転車や公園遊びに対応したキッズシューズです!!インソールも取り出して洗うことができるので、やんちゃな男の子にもピッタリの靴です♡

商品価格:2,900円(税抜)

商品詳細・購入はこちらから☆

③[男の子]キッズシューズ

こちらは【WagaMama(わがまま)シリーズ】の1足☆洋服にも合わせやすいカラーリングなので、オシャレさんにぴったりの靴ですね♪

商品価格:2,900円(税抜)

商品詳細・購入はこちらから☆

④[男の子]フォーマルシューズ

普段履きにもフォーマルにも使えるこちらの一足☆
この靴も、こどもの足のことを考えて作られているので安心です^^

商品価格:2,500円(税抜)

商品詳細・購入はこちらから☆

①女の子ベビーシューズ

立体的なお花のモチーフがとっても可愛いシューズ♡こちらはママと子どものわがままを叶えた【WagaMama(わがまま)シリーズ】です☆

商品価格:2,900円(税抜)

商品詳細・購入はこちらから☆

②[女の子]キッズシューズ

この靴なんと、【インソールを入れ替えて長く履ける靴】なんです!!1サイズ大きいシューズを買っても、付属の立体中敷に入れ替えることで甲周りが小さくなり足にフィットするという優れものです♡

商品価格:2,900円(税抜)

商品詳細・購入はこちらから☆

③[女の子]キッズシューズ

【WagaMama(わがまま)シリーズ】の1足♡POPでCUTEなハイカットモデルで、ヒール部にはぷっくりリボンもついています☆

商品価格:2,900円(税抜)

商品詳細・購入はこちらから☆

④[女の子]フォーマルシューズ

キャロットのこどもの足に優しい4つの思いやりはもちろん、片足約105gの軽量設計!!ハートも可愛いですが、中敷きのチェック柄も可愛いですね♡

商品価格:2,900円(税抜)

商品詳細・購入はこちらから☆

様々なジャンルの靴があるキャロットシリーズ♪

子どもの靴といえば、ついつい運動靴のようなものをイメージしてしまいますがキャロットには様々なテイストの靴があるんです☆他にもいろいろな靴があるので、1度チェックしてみてはいかがですか??

お出かけ先や洋服に合わせて、子どもの靴を選ぶのも楽しそうですね^^♪

「シューズ」「子供」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!