子育て支援新制度!平成27年度からの新制度について解説!今までとどう変わる?

子育て支援が新制度に!平成27年度から国の行う子ども・子育て支援制度が新しくなります。といっても今までの制度とがらりと変わる訳ではありません。その新制度について詳しく解説します。その柱としては大きく2つあるようです。1つは認定こども園の普及ともう1つは地域での小規模保育についてです。参考にしてみてください!

子育て支援新制度!今までとどう変わる?

国が制定する子ども・子育て支援制度について27年4月から一部変更となります。といっても今までの制度が全く変わってしまうのではなく、今までの制度も残しつつ新たな方針の元に制度が変更となるようです。

それって今までとどう違うの?利用する私たちは何をしなきゃいけない?など新制度について詳しく解説していきますね。まず大きな変更点は下記の2点でしょう。

内閣府

1.認定こども園の普及

新制度の大きな柱の1つは「認定こども園の普及」です。この認定こども園というのは平成18年度に導入された制度で保育所と幼稚園の良いところを併せ持つというのが特徴の施設です。施設は0歳~5歳の子供が利用できます。

こちらの施設の普及を更に広げるため、認定の基準を下げたり保育園や幼稚園からの移行をスムーズにできるようにします。

2.地域での小規模保育を制度化

保育ママによる保育や20人未満の小規模保育について市町村が認可を行います。これまでも独自に行っている市町村はありましたが新制度ではこちらに対し国が補助を行います。

子供が減っている地方などでもその地域の実情に合わせた保育の方法がとれるよう、市町村が整備計画について策定することとなっています。

新制度のいろいろ

その他私たちに関係のありそうなものとして、次のような事があります。

  • 働いてないママでも利用できる一時預かり
  • 気軽に相談ができる「地域子育て支援拠点」の整備
  • 放課後児童クラブが小学6年生まで利用できる
  • 職員1人あたりの子供の数を減らし、より目が行き届くように

上記にあげた制度でも市町村によって施設がなかったり、既に独自に制度化している自治体もあります。詳しくは市役所などに問い合わせてみましょう。

新たな子育て支援制度がスタートするけど…

いかがでしたか?結局利用する私たちにはあまりピンと来ない話ばかりかも知れませんね。こちらで紹介したどの制度についても「今後拡充していく予定」であったり「充実を目指す」であったり、長期的な計画が多いように感じます。既に市町村独自で制度として行っている事業もあり、国の対応が遅かった部分もないとは言えませんよね。

またいくら施設を運営する認可の要件などが緩和されても始めてくれる事業者がいないことには子供を預ける場所は増えません。それから制度を「気軽に簡単に」利用できる事も重要ポイントだと思います。

働きたいママやリフレッシュしたいママがそれぞれの実情に合わせて利用できるように、制度の整備を目指してほしいものですね。

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!