へそくり貯金におすすめ!ママの上手なへそくり体験談

上手にへそくりを貯められる方法を知りたいと思いませんか?小さな金額でも楽しく貯金できる方法を体験談をもとにまとめてみました。上手なへそくりに大事なことはがんばりすぎない!ということです。無理せず楽しくコツコツとがうまく貯金ができる条件ですよ。色んな方法の中から自分に合ったへそくり術を見つけてみてください。

おススメへそくり術!体験談☆

なかなかうまくできないへそくり。ママ達はどのようにひそかなへそくりを作っているのでしょうか。オススメできるへそくり術を体験談とともにご紹介します。

食費の節約術大公開!今日からできるコツまとめ!

関連記事:

食費の節約術大公開!今日からできるコツまとめ!

ちまたでは増税するだのしないだの、値上げだのなんだの景気も回復しないの…

差額がへそくり!?

パソコンで家計簿をしっかりつけています。ただし、細かな端数は切り上げて記帳します。例えば、スーパーで食品を1,168円買ったとします。家計簿には1,200円と記帳し1週間まとめて家計簿の残高と現金残高を比べ差額を空き瓶貯金箱に!いっぱいになったら郵便局に入れます。 出典: wa.chobirich.com

セール品など定価よりも安く物を購入したときは定価との差額をへそくりに!定価で買ったと思えばへそくりにまわしても良いですね。

ゲーム感覚でへそくり

小銭が出来たらすべて貯金しています。瓶にいっぱいになったら金融機関に行って貯金します。一日1,000円で生活するように心がけています。一日に一円も使わなかった日は自分を褒めてあげます。毎月の生活費から余ったお金は私のものになるのでゲーム感覚でなるべく沢山のお金を残すように楽しんでいます。 出典: www.happy-note.com

小銭が出たらすべてを貯金は一見、地味なようですがこれが意外とちりも積もれば!と言った感じで結構たまるものです。入れ物は何でも良しなので、1日ごとに余った小銭を入れてみましょう!

気づかないうちに結構な金額がたまっているかもしれませんよ!

へそくり率高い500円玉

500円玉があったら貯金箱に入れていただけ。3年でへそくり額は60万円を超えました 出典: www.news-postseven.com

主婦のへそくりで一番多い500円玉貯金です。おつりを500円が出るように買い物したり、カンヌキなどでしか開けられない入れ物を利用したりと工夫をしているようです。

ネット利用で!

ネットアンケートに答えてポイントを貯め、図書券や商品券にする。それを換金したり、又は何か買わなくてはいけない時は商品券を使い、使った商品券分の現金をヘソクリにする。買い物に行った後に残った一円玉,五円玉,十円玉をヘソクリにする。等です。 出典: oshiete.goo.ne.jp

今はインターネットで商品券や図書券がもらえたりします。コツコツとアンケートに答えていかなくてはなりませんが、手の空いた時間の暇つぶしがてらやってみても無駄にはなりません。むしろ得!

自分ルール

私は、月に1度お札をへそくりに入れる週間があります。

入れるお札は毎月決まった額ではありませんが、自分的なルールはあります。
それは、たった1つだけ。
一万円札に振られている数字の番号の末尾がある一定の数字であるもの。
たとえば、末尾7のお札を集めるとすると、下2桁が07から97まで全て集めたら単純に10万円になります。
もちろん、運もありますので一気に増える月もあれば、増えない月もあります。 出典: greatsaltlakeeventphotography.com

おもしろいルールですね。末尾の数字をそろえるってなかなか難しいですよね。でもこれならば苦にならず貯められそうですね。自分なりのルールを作ってみると楽しくへそくりできそうですね。

へそくり術マスターしよう

上記以外にもつもり貯金やごほうび貯金などもへそくり術としておすすめです。どんな方法でもへそくりに統一して言えることはコツコツと!

貯め方はそれぞれなので自分に合った方法を見つけ出せると、苦にならず楽しくコツコツ貯めていけるのかもしれませんね。いろんなへそくり術を試してみて自分に合ったへそくり術をマスターしてください。

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!