80年代生まれのママ必見!懐かしいアニメ特集~☆

子供もが、時には大人も、大好きなアニメ。本とはまた違った感動や楽しさを教えてくれますね。子供の頃好きだったアニメ覚えていますか?今回は80年代に放送されていたアニメをご紹介しますね!「毎週かかさず観てた!」」という80年代ママだけでなく「再放送で観てました♡」というママも、ぜひチェックしてくださいね!

80年代ママが食いついた!アニメを紹介☆

1980年代に放送されたアニメ、まっ先に思い出すのは何ですか?80年代は特に少年アニメやスポーツアニメが流行った時期です。でも今回は80年代ママ向けに女の子向けアニメを選んでみました。

内容をはっきり覚えてなくても「こんなアニメあったなぁ~」と懐かしくなること間違い無し。みんなで懐かしいアニメで盛り上がりましょう☆

懐かしい!日曜の朝の歴代アニメを大特集!

関連記事:

懐かしい!日曜の朝の歴代アニメを大特集!

テレビ朝日系列で毎週日曜日に放映されているアニメ。子どもの頃に見ていた…

Dr.スランプ アラレちゃん(1981~1986)

自称天才博士の則巻センベエが作ったアンドロイドの女の子、アラレちゃん。「んちゃ!」という元気な挨拶と大きなメガネがおなじみですね。歴史に残る高視聴率を記録した大人気アニメでした。

この後番組として放映された「ドラゴンボール」の方を観ていた人の方が多いかも。

魔法の天使クリィミーマミ(1983~1984)

普通の小学生の優があるきっかけで魔法のステッキを手に入れ、変身して歌手になるというストーリー。魔法のステッキで変身、アイドルになるという女の子が夢中になる要素がいっぱい詰まったアニメ。

クリィミーマミのステッキやチャームなどのオモチャをクリスマスプレゼントに買ってもらったりしませんでしたか!?

キャプテン翼(1983~1986)

言わずとしれたサッカーの王道漫画。お兄ちゃんや弟がいた方は一緒に観ていたかもしれませんね。日本のみならず海外でも人気が高いこのアニメ。何人もの有名なサッカー選手がこのアニメに影響を受けているんだそうですよ!

ちなみに海外では主人公の名前は大空翼ではなく「オリベル」や「オリーブ」など、その国独自のものに変わっています…。

小公女セーラ(1985)

裕福な生活から一転して使用人になってしまうセーラの境遇とけな気さが胸をうつストーリー。ミンチン女史やラビニアの冷酷さは幼心に怖かったです。

アニメの原作は本なので、アニメを通して名作に触れることも出来ました。世界名作劇場シリーズは家族でみられるアニメでしたね!

あんみつ姫(1986~1987)

お転婆なお姫様、あんみつ姫が毎回お城を抜け出して大騒動を起こします。登場人物のほとんどが食べ物!しかも甘味が多いので美味しそう!!プリンセスといえば西洋のイメージですが、日本のプリンセスもとってもキュート☆

実写版でドラマ化もされたので、アニメを観たことがないママにもなじみがあるかもしれませんね。

キテレツ大百科(1988~1996)

天才奇天烈斎の残した大百科を元に子孫のキテレツがいろいろな発明をしていくストーリー相棒のちょんまげロボット、コロ助の可愛さはたまりませんね!同じロボットものの「ドラえもん」とはまた違って、主人公が知的でしっかり者でした。

主題歌だった「はじめてのチュウ」や「スイミン不足」など、今でも聞きますよね♪

おぼっちゃまくん(1989~1992)

超大金持ちのセレブ御曹司御坊茶魔が主人公の学園ギャグ漫画。悪い子ではないんだけれど、セレブゆえにちょっと我儘な男の子。茶魔語と言われる「おはヨーグルト」や「すいま千円」が子供たちの間で流行りました。

子供の教育に相応しくないという声もあるアニメなので、観せてもらえなかった人もいるかも。。

それいけ!アンパンマン(1984~)

みんな大好きアンパンマン。実は80年代からの放送という長寿アニメ。当初は半年で終わる予定が、人気故に今まで続いているそう。アンパンマンはずっと愛と勇気を届けてくれていたんですね♪

子供を惹きつける魅力を持つアンパンマン。悪役のバイキンマンもドキンちゃんも何だか憎めないですよね。

アンパンマンと脳を鍛える!知育玩具のすすめ

関連記事:

アンパンマンと脳を鍛える!知育玩具のすすめ

アンパンマングッズの中でも、最近注目されているのが知育玩具です。専門家…

まだまだ80年代アニメはいろいろありますよ♪

いかがでしたか?皆様が観ていたアニメがありましたか?ここで紹介したのはほんの一部。ほかにも80年代には有名なアニメがたくさんありますよ!

マイナーかもしれませんが私は「おねがい!サミアどん」がお気に入りでした。皆様の80年代マイベストアニメで周りのママたちと盛り上がってみるのも楽しそう。

「懐かしい」「アニメ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!