6月4日は虫歯予防デー!子供に人気の歯磨き粉紹介!虫歯ゼロを目指して歯を磨こう☆

子供に歯が生えてくると気になるのが虫歯ですよね。自分自身、虫歯で苦労した経験があるだけに、子供にだけはそんなつらい思いをしてほしくないと考えるお母さんも多いのではないでしょうか?今回は今、子供たちの間で人気の歯磨き粉をご紹介します。ここで改めて普段の子供の歯磨きを見直して、より楽しく快適な時間にしましょう!

子供に大人気の歯磨き粉☆5選

歯磨きは子供に歯が生え始める生後11か月頃から始まります。やっぱり子供には虫歯で痛い思いをしてほしくないですよね。今子供の間で人気の歯磨き粉にはどんなものがあるのか調べてみました。ぜひ参考にしてみてください♪

1.ライオン こども ハミガキ

いちご味とメロン味があります。フッ素(フッ化ナトリウム)が配合されており、これで磨けば磨くほど、酸に強い歯をつくって虫歯を予防してくれます。

やっぱり子供はアンパンマンが大好きですよね!まずは大好きなキャラクターで歯磨きに興味を持ってもらうのも一つの方法ですよ。

価格:税込120円前後(※オープン価格)

ライオンこどもハミガキの商品ページはこちら☆

2.クリニカKid'sハミガキ

グレープ味、ピーチ味、オレンジ味があります。フッ素が虫歯を予防し、デキストラナーゼという酵素が歯垢(プラーク)を除去してくれます。スクラブ入りでより歯についた汚れを落ちやすくします。

ディズニーも子供が大好きなキャラクターの一つですね。スクラブのつぶつぶ感は、子供が楽しみながら歯磨きをする手助けとなってくれそうです。

価格:税込230円前後(※オープン価格)

クリニカKid's ハミガキの商品ページはこちら☆

3.ピジョン ジェル状歯みがき ぷちキッズ

いちご味、ミント味、グレープ味があります。離乳食を卒業する1歳6ヶ月以降の子供用につくられたジェル状の歯磨き粉です。フッ素で虫歯を予防し、キシリトールで酸の発生を抑制します。発泡剤が配合されていないので、歯磨き中に泡立ってしまって歯が見えなくなってしまう事がありません。

キシリトールはガムでも使われている成分なので親しみやすいですね。さらに食品原料を使っているので子供が間違って飲み込んでしまっても大丈夫そうです。

価格:税込594円

ピジョンジェル状歯みがきぷちキッズの商品ページはこちら☆

4.パックス こどもジェルはみがき

フルーツ味(オレンジ、グレープフルーツ)です。研磨剤や発泡剤、フッ素も配合されていないので、天然材料にこだわりを持つお母さんにおすすめです。ただし、研磨剤などが入っていない分、しっかり磨く必要があるので気を付けてくださいね。

歯磨き粉によっては身体に悪影響を与えてしまう成分が含まれている場合があり、天然素材にこだわっている歯磨き粉は意外と少ないんです。これなら安心して使えそうですね。

価格:税込324円

パックスこどもジェルはみがきの商品ページはこちら☆

5.ピジョン 歯みがきナップ

歯が生え始めたばかりの赤ちゃんは、歯磨きができないうえにうがいすらできません。そんなときに歯の汚れをささっと拭き取ってくれるのがこのシート。メッシュ生地なので汚れを拭き取りやすく、一枚一枚滅菌包装されているのでとても衛生的です。赤ちゃんが寝てしまった後でも使えます。

赤ちゃんは口に何か持っていくと必ず食べようとしますよね。このシートであればノンアルコールで無着色、無香料、そして防腐剤不使用なうえに食品量原料をしようしているので、安心して赤ちゃんの口に入れられます。

価格:税込864円

ピジョン歯みがきナップの商品ページはこちら☆

歯磨きをしたあとのおすすめケア用品はコレ!

歯磨きをした後は、最後の仕上げとして簡単にケアできたら嬉しいですよね。歯磨き粉ではないけれど人気があった歯のケア商品があったのでこちらもおすすめしておきます!

レノビーゴ

これは歯磨き粉ではなく、歯を磨いた後に使うケアスプレー。フッ素(フッ化ナトリウム)やグリチルリチン酸ジカリウムが入っていて、繰り返し使うと虫歯や歯周炎を予防し、歯を白くしてくれます。歯磨きの後の仕上げにおすすめです。

子供の歯磨きの後、お母さんが仕上げ磨きをしますが、それでも不安を感じるのならこれでシュッとひと吹きしてみてはどうでしょうか?手軽に使えて携帯できるのもいいですよね。

価格:税込1,517円

レノビーゴの商品ページはこちら☆

子供にはしっかりと歯磨きを習慣づけていきましょう

子供に歯磨きの習慣をつけるには、親も一緒に歯磨きをするのが一番です!一日の終わりに一緒に歯磨きをする時間をつくれば、それだけで親子の大事なスキンシップの時間になりますよね。家族みんなで楽しみながら歯のケアをしていきましょう!

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!