産婦人科口コミ!国立成育医療センター(東京都世田谷区)の体験談

多くの人がまずは自分で妊娠検査薬を使って検査をし、それから産婦人科を探し始めるかと思います。妊娠がわかって幸せな反面、不安な面もあるかも知れませんが、自分に合う素敵な産院を見つけたいですよね♡今回は東京都世田谷区の国立成育医療センターついてご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

国立成育医療センターについて

とにかく大きな病院です。小さい産院にて問題が見つかり、紹介して頂きました。妊婦さんは最低限の予約しか取らないシステムとなっており、大きい病院にありがちなないがしろ感は全くないです。皆さん親切にしてくださいました。

国立成育医療センター HP

国立成育医療センターの基本情報

  • 住所:東京都世田谷区大蔵2-10-1
  • アクセス:小田急線 成城学園前駅より 小田急バス、東急バスで約10分
  • 費用:自然分娩で約60万円
  • 予約の有無:完全予約制
  • 個室の有無:個室有

国立成育医療センターのいいところ

妊娠期はどうしてもナーバスになりますが、そのナーバスはこの病院で大体解決されると思います。出産時のLDR体制(陣痛(Labor)、分娩(Delivery)、回復(Recovery)を全てひとつの個室で見守ってくれます)は、本当にありがたかったです。

その個室で出産後、祖父母含めて家族団らんもできちゃいます。

国立成育医療センターのここが直ると嬉しいところ

あえて言えば、とにかく大きいのでシステムに慣れるまでが大変かなと思います。

みなさんしっかり予約をとっているので、少し遅れて到着すると結構な待ち時間が発生します。

ココが決め手!

小さな産院でエコーに所見があり、大きな病院に行くことになりました。幾つかある中でも産院の方が「予約が取れるなら成育がいい」とオススメしてくださり決めました。

あとで分かったのですが、紹介状なしだとこちらにかかるのは三ヶ月待ちだそうです。

国立成育医療センターの雰囲気

国立成育医療センターはどんな病院なのでしょうか?スタッフの対応についてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

みなさん親切でいい方ばかりでした。退院する際には、スタッフ等の満足度アンケートも全員に実施されているのでサービスレベルは非常に高いと思います。

出産直後、今思えばちょっとした産後うつの様な状態になってしまいベッドで泣いてしまったときがあったのですが、お忙しい中看護士さんが落ち着くまで傍にいてくれたのも嬉しかったです。

入院特典

これ以上の充実は某高級産院だけだと思います。院内のコンビニは22時まで開いてますし、ちょっとした日用品やかわいいベビー用品も購入できます。

別料金で個室アリですが、4人部屋も部屋ごとにトイレ、洗面台は付いています。シャワールームもきれいです。

入院時のお食事

食事は普通だと思います。お祝いご膳は和洋選ぶことができます。洋食のステーキにしたのですが、とてもおいしかったです!

食事に関してのアンケートも実施されているので一定のレベルは保たれているのだと思います。

出産時の体験談

本当に何の準備もせずに陣痛を迎えました。陣痛じゃないかも、と10時間家にいました。夫が絶対おかしいと病院に連絡して連携をとってくれていたことが功を奏しました。

今思えば夫が激務の時期で一ヶ月ぶりの休日に陣痛が来たのは、出産の奇跡ですね。リラックスしてただけなのかもしれませんが。^^;そして、暇つぶしに登録していた陣痛タクシーに本当に助けられました。

ものすごい嵐の夜だったのですが、びしょぬれで玄関先まで運転手さんが迎えにきてくださいました。荷物を持ってくださったり、受付まで全速力で車を降りて担当者の方を呼びに行ってくれたり感動しました!

夫不在で陣痛タクシー未登録だったらと思うと恐怖でしかありません。笑

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!