海外で帝王切開がブーム?!なぜブームに?WHOからの警鐘に賛否両論の声も…!

ブームという言葉に多少違和感を感じますが…2015年4月現在、世界的にみて「帝王切開」での出産をする女性が急増しているそうです。麻酔をせずに、お腹を痛めて出産することが大半という認識の日本では、なかなかピンときませんがこの「帝王切開」の急増には「ブーム」と呼ぶべき理由があるというのです。

帝王切開「ブーム」にWHOも警鐘?!その理由とは…?

2015年の世界保健機関(WHO)によると、医学的には必要がないにも関わらず出産時に帝王切開に頼る女性があまりに多すぎると警鐘を鳴らした。

この状況は発展途上国でも先進国でも同様に「まん延」している一方、帝王切開手術が必要なのに手術を受けることができない妊婦も多いということ。
出典: www.afpbb.com

日本では医学的に必要な場合に適応されるというのが一般的である「帝王切開」。

しかし今回、WHOが発表したこの「帝王切開のまん延」に関しては、そういった理由でない女性が帝王切開を選択するケースが増えているというものでした。

どのくらい増えている??

WHOの統計によると、中国で帝王切開を選ぶ女性の割合は、2001年には20%ほどだったものが、10年を経たずして2倍以上に。2008年には46%を超えたそう。中国の都市部では出産する女性の3分の2が帝王切開で出産している計算になります。

また、出産の約53%が帝王切開で行われているブラジルをはじめとする南米の国々では、あまりに安易にこの手法がとられているとのこと。

なんで増えているの…!??

なぜ医学的に必要が内にも関わらず帝王切開を選ぶのでしょう?

アメリカ、中国、フランスなど…近年帝王切開比率が飛躍的に伸びているこれらの国々では

「スタイルを維持したい」「出産の痛みに耐えられない」「吉日に出産したい」

という産婦側の希望による帝王切開が多いとか。「ブーム」と呼ぶのはこのあたりが原因のようですね…!

海外の「帝王切開ブーム」、、日本でもさまざまな声が…!

このニュースを受けて、日本でも様々な声が寄せられています…!

海外の帝王切開「ブーム」は一種のステータス?

国によっては巨額な費用がかかるとされている「帝王切開」は一種のセレブ・ステータスとして考えられている国もあるそうです…!

産む人の希望ならとやかくいう事じゃないんじゃない?

本人の希望であればそれを優先することが大事という声も。

スタイル維持に関しては、帝王切開の場合産後に広がる骨盤を矯正する負担が減るためと言われています。

帝王切開も出産は出産!

確かに命がけの出産には変わりなく、帝王切開だから、と分けて考えないでほしいという声もあります。

帝王切開=ラクなんて思われたら、たまらない!

帝王切開はいわば「手術」。術後の大変さなどを知れば口が裂けても「ラクだ」なんて言葉が出ないはずです…!

自然分娩したくてもできなかった人もいます。

中には希望ではなく、帝王切開で出産したママも多くいます。

出産に関して合否として考えること自体考える必要がある気がします。

帝王切開であっても痛みを伴う出産に変わりはありません

自然分娩であっても帝王切開であっても出産は大仕事。

帝王切開以外にも、近年では無痛分娩や水中出産といったさまざまな分娩方法が選べるようになってきています。

どんな出産方法であったとしても、がんばったママを褒めて労わることが必要なのかもしれませんね^^

無痛分娩で出産!クワバタオハラ・小原が無痛分娩の体験を語るっ!!

関連記事:

無痛分娩で出産!クワバタオハラ・小原が無痛分娩の体験を語るっ!!

2015年3月19日(木)待望の第1子である誠希千(セイキチ)君を出産された、…

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!