年収103万・130万・141万の壁!知らないと損するその壁って?

保険や年金が夫の扶養に入っている方は、年間に稼げる金額が103万以下じゃないといけないっていうルールがありますよね。しかしよくよく調べてみると103万のほかに130万、141万といったキーワードが出てくるのをご存知でしょうか?それぞれ何が違うのか、一番得するためにはどうすればいいのかを調べてみました。

扶養に入ったまま賢く稼ぐための、103万円、130万円、141万円のルール

主婦の方で夫の扶養に入りながら稼ぎたいと考えている人は意外と多くいらっしゃるのではないでしょうか?今は在宅ワークの仕事も充実しているので、子供が成長してくると手持ち無沙汰に感じる機会も多くなってきて何かしたいと考えるようになるのは自然な事でしょう。

ですが働き過ぎてしまうと税金がかかってしまったり、夫の扶養から外れてしまったりして返って損をしてしまう場合もあります。それを防ぐためにはいったいどの程度働けばいいのか、稼ぐ金額のラインについて調べてみました。

収入がいくらあったら確定申告が必要なの?主婦やパートママのための税金基礎知識

関連記事:

収入がいくらあったら確定申告が必要なの?主婦やパートママのための税金基礎…

毎年2月~3月は確定申告の時期。そもそも確定申告ってなに?主婦はしなくて…

扶養の種類、扶養控除内に収まる金額とは?

扶養の対象となるものに所得税と社会保険料があり、それぞれによって税金がかかる・かからないの限度額に違いがあります。

103万円は、所得税の扶養控除限度額

所得税の扶養控除内に収まって所得税がかからない年収ラインは「103万円」です。103万円未満であれば、その年に源泉徴収などで税金を支払っていたとしても、確定申告をすれば全額返ってきます。

130万円は、社会保険料の扶養控除限度額

年金

社会保険とは、健康保険と国民年金の事です。社会保険の扶養控除内に収まっている主婦の方は「第3号被保険者」となり、社会保険料を支払う必要がありません。その限度額が「130万円」なんです。また、社会保険の場合は、年収が130万円未満であっても、

  • 1日または1週間の勤務時間が正社員と比べて1/4未満
  • 1カ月の勤務日数が正社員と比べて1/4未満
  • 被保険者(保険加入者)によって生計を立てている
  • 扶養者は被保険者と3親等以内の親族である
  • 被扶養者が被保険者と同居している場合は、被保険者の年収の1/2である
  • 被扶養者が被保険者と別居している場合は、被保険者の援助(仕送り)よりも少ない

これらの条件のうち1つでも外れてしまうと強制的に扶養から外され、社会保険への加入が必要とされて支払い義務が発生してしまうのです。

もし扶養から外されるのを覚悟で働くのであれば、150万円以上を稼ぐようにしましょう。そうしないと結局130万円未満で働いた場合よりも損をしてしまう可能性があります。中途半端に働いてしまうのが一番の損になってしまうんですね。

141万円は、配偶者特別控除の限度額

所得税の扶養控除限度額である103万を超えてしまうと、通常であれば一気に税金の支払い義務が生じてしまいます。しかしそれだと支払うべき額が大きすぎてしまうので、その負担を軽減するためにあるのが配偶者特別控除です。税金がかかってしまうのは確かなんですが、その負担額が軽減されるんです。しかしその軽減にも条件があります。

  1. 配偶者が内縁関係などではなく、法律上ちゃんとした夫または妻であること
  2. 配偶者が納税者と一緒に生活をしていること
  3. 配偶者が青色申告者もしくは白色申告者でないこと
  4. 配偶者がほかの扶養親族でないこと
  5. 配偶者の合計所得金額が38万円以上76万円未満であること
  6. 控除を受ける人の合計所得金額が1千万円以下であること

上記をすべて満たした場合にのみ配偶者特別控除が適用されます。具体的には「年収が103万円以上141万円未満」もしくは、「所得が38万円以上76万円未満」である人が対象の可能性が高いでしょう。

医療費控除の確定申告を解説!確定申告書ってどうやって出したら良いの?

関連記事:

医療費控除の確定申告を解説!確定申告書ってどうやって出したら良いの?

医療費も確定申告をすれば、お金が返ってくるという話は聞いたことがある方…

103万円、130万円、141万円…結局いくら稼げば得なの?

働く女性

主婦の方で夫の扶養に入りながら働くなら、103万円を超えてしまうと損という話をよく聞くと思います。実際に損になってしまうのか調べてみました。

103万を超えて稼いでも、損をしない場合

たとえば夫の所得が500万円程度の場合、奥さんの収入が103万円を超えてしまうと夫が支払うべき税金は増加しますが、世帯で見たときの収入は増えている場合が多いので103万円以上働いても損をしない可能性が高いです。

103万を超えて稼ぐと、損をする場合

損をした女性

夫の所得が1300万円程度だった場合、奥さんが103万円を超えて稼いでしまうと、夫への課税所得が一気に増加し、税率も高くなってしまうので、世帯で見るとマイナスになります。

これは夫の所得が2000万円になっても同じで、さらにマイナスとなる額が増えていきます。夫の所得が1000万円を超えるようであれば、奥さんの収入は103万円に抑えるべきでしょう。つまり、奥さんが103万円以上稼ぐと損なのかどうかは、夫の年収に左右されるんですね。

130万円を超えるなら、150万円以上は稼ごう!

扶養に入っている方の収入が130万円を超えた時点で、配偶者特別控除が適応されるものの、扶養からは外されてしまいます。そうなると社会保険料の支払いが発生するので、年収が130~150万円程度だと収入が増えたとしても支払うべきお金が増えてしまうでしょう。

結局、103万円未満に抑えていたときの方が手元に残るお金が多いという状況になってしまうので、103万円を超えて働くのであれば150万円以上稼げるように働くのが一番の得ってことです。

103万円、130万円を気にして働くより、もっと上を目指しましょう!

給与明細

配偶者特別控除は、2014年3月19日に行われた経済財政諮問会議と産業競争力会議によって、2016年に廃止される予定となっています。そうなってくると扶養に入っていて年収が103~150万円あたりの人は、ますます支払うべきお金が増えて損をする状況になるでしょう。

せっかく頑張って働いたのに損をしてしまうなんてことにならないよう、今のうちから対策をとった行動を意識すべきですね。パート・アルバイトで稼いでいた方は思い切って正社員を目指してみてはいかがですか?もしくは、在宅ワークをうまく活用するのも一つの方法です。将来のことも考え、損をしない働き方を見つけましょう!

ワーキングママ必見!育児も仕事もどっちも両立させるコツを伝授します♡♡

関連記事:

ワーキングママ必見!育児も仕事もどっちも両立させるコツを伝授します♡♡

妊娠、出産を経験した後も、仕事をあきらめずに働き続けるママが増えていま…

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!