保険を見直すポイントとタイミング!あなたは今のままで大丈夫?

生命保険、入ったらそのまま…と言う方はいらっしゃいませんか?保険は一度入っても生活や環境の変化によって保障内容が足りなくなったり、不必要になったり…とその都度変わってきます。そんな時は保険の見直しをしていきましょう!ここではそんな見直し時期のタイミング、見直すときのポイントについて調べまとめてみました!

保険の見直しって大切?

個人で入っている生命保険、きちんと見直しなどしていますか?入りっぱなし…なんてことはないですよね?

保険の見直しってどんな時にしたらいいか、どのようにしたらいいのかなどは知っていますか?今回はそういったタイミングやポイントについて調べてまとめてみました。

保険は自分でも勉強して、やりくり上手になりましょう!

見直すタイミングって?

保険の見直しと言っても、ほいほいとすぐに出来るものではありません。どういったときに見直したらいいか、きっかけやタイミングってどんな時でしょうか?

①家族の状況

  • 結婚や離婚など家庭の状況変化
  • 妊娠や出産、子供の独立など子供の状況変化
  • 就職や離職、親の扶養など社会的状況変化

結婚や離婚をすると保険受取人を変えたり、保険の内容の変更をしなくてはいけなかったりします。あと、妊娠や出産など扶養が増えたりすると、保障内容も今まで入っていた保険内容では不十分だったりもします。

こういった家族の状況変化による見直しは、満期更新に続いて多い見直し時期ではないでしょうか?保険の内容も状況の変化によって変化させていかなくてはいけないので、良いタイミングではないかと思います。

②環境の変化

  • 家の購入
  • 起業・独立
  • 年収の変化

家を住宅ローンで購入する場合や起業・独立、年収が高額になると、そういった状況に対応した割の良い保険などが存在します。

今までの保険のままだと、損をしてしまったりしますので保険の見直しが必要になってきます。

③その他の見直しタイミング

  • 保険料が負担
  • 保険の満期更新

見直し時期として一番良いのは、やはり満期更新時期でしょう。

あと、環境の変化によって保険料が生活の負担に感じるようになったりした場合はすぐに相談してみるといいと思います。

見直すポイント!

では見直す場合のポイントは?どんな所を気をつけて、見直していけばいいでしょうか。

①どんな目的で保険に入っているのか

保険に入っている目的って何でしょうか?死亡時の受け取り金?入院や手術などの医療費の補填?

目的によって保険の内容も変わってきます、死亡時受取金を手厚くしたり、入院・手術などの医療費関係を手厚くすることもできます。一番ぴったりの保障内容を組み合わせて行く事ができますので、しっかりと自分達の保険に入る目的を持って見直してください。

②不必要な保険に入っていないだろうか

保険ってよくわからない…だから適当に組んでもらってそれに入っていますと言う方、1社だけではなく2・3社で保険入っていますと言う方、それって不必要な保険や保障が組み込まれていませんか?

保障内容の重複や特約の重複などが見られることもあり、保険料が大幅に減少する場合がありますので特約についても一つ一つどのような内容なのか確認しながら見直しをしてください。

③保険内容をきちんと把握しているのか

見直しをするのでしたら良い機会です、自分の入っている保険の保障内容をもう一度しっかりと把握しましょう。保険は安い買物ではありません、高い金額を出して購入する安心ですので自分で納得して理解する必要があります。

ご自分の保険の内容…入院すると何日目から入院見舞金が出るか、手術一時金が出る手術はどんなものがあるのか、意外とわからないで保険金の申請をしない方もいるようです。今一度見直しと共に、保険内容の把握を心がけて下さい。

妊娠前の保険の見直しは大事?もしもの時に妊娠中でも加入できる保険と一緒に説明します!

関連記事:

妊娠前の保険の見直しは大事?もしもの時に妊娠中でも加入できる保険と一緒に…

最近は保険が私たちにとってぐっと身近なものになりました。保険業の自由化…

保険を勉強して、賢く見直しましょう!

いっけん難しく感じてしまう生命保険ですが、仕組みなどを知るとそんなに難しくはありません。一度外交員の仕事をしていたときに、教えてもらったことですが…定食に一品料理をつけていく…そんな感じで考えていくといいですよ…と、そう考えるとそんなに難しいものではないんだと理解できました。

見直しをするときは、少しでも勉強して理解しておくと外交員さんが何を言っているのかがわかって自分にぴったりの生命保険が組み立てていけます。賢く、やりくりしていきましょう。

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!